1MORE Aeroのレビューと評判♪クリアな音質は健在!1MORE Aeroの空間オーディオ機能は音場が広がった♪

イヤホン・ヘッドホン等
スポンサーリンク

1MOREの最新イヤホン『1MORE Aero』が発売されました。

価格帯はミドルクラスですが、1MOREからするとハイエンドに迫る価格帯のイヤホンです。

とても澄みきったクリアな音質が特徴で、ずっと聞いていたくなるイヤホンでした。

そんな『1MORE Aero』をメーカー様からご提供いただいたので率直な感想をレビューしていきます♪

今回、『1MORE Aero』には空間オーディオという面白い機能がついたので、その点にも触れていきたいと思います♪

1MORE Aeroの開封とレビュー(感想)

まずは『1MORE Aero』の開封から見ていきましょう♪

こちらが、『1MORE Aero』の化粧箱です♪

相変わらずデザインセンスの良い化粧箱ですね^^

こちらが『1MORE Aero』の化粧箱裏面です。

こちらが、『1MORE Aero』の化粧箱を開けたところ。

『1MORE Aero』の同梱物一式がこちらです♪

主な同梱物としては、イヤーピースと充電器といったところです。

こちらが、『1MORE Aero』の本体ケースで、手鏡のような形をした可愛らしいデザインが特徴です。

『1MORE Aero』ケースの裏面はこんな感じで、初回ペアリングに必要なスイッチもついてます。

充電端子はもうUSBタイプC一択ですね(笑

こちらが、『1MORE Aero』ケースを開封したばかりの状態。

まだ絶縁シートが付いたままです。

『1MORE Aero』から絶縁シートを外したのがこちら。

こちらが『1MORE Aero』のイヤホン本体です。

『1MORE Aero』は一見すると特に特徴のない普通のワイヤレスイヤホンです。

ちなみに、『1MORE Aero』のイヤーピースは柔らかめでした^^

こちらが、『1MORE Aero』を外側から見た写真ですが、先端に向かって細長くなっているのが特徴です。

『1MORE Aero』の開封自体はこの辺にして、次からは各機能を使ってみた感想をレビューしていきたいと思います♪

1MORE Aeroの簡単な紹介動画

『1MORE Aero』の簡単な紹介動画を作成しました♪

1MORE Aeroの音質はどう?

さて、まずは『1MORE Aero』の音質がどうなのか、各種端末、シーンで聞き比べてみました。

基本的に透明感が際立った音質で、イコライザーをかけずにデフォルトでも使っていける音質です♪

1MORE Aeroで音楽を聞いた印象

まずは、純粋に楽しんでみたくて1MORE Aeroで音楽を聞いてみました♪

まず、今回の『1MORE Aero』はハイレゾ対応ではありません。

ですが、サンプリング周波数だけ見るとCD音源と同等まで出力が可能です。

ハイレゾ対応モデルなら1MOREの最上位モデル『1MORE EVO』を検討した方が良いでしょう。
⇒【実機】1MORE EVO ワイヤレスイヤホンレビュー♪ノイキャンの没入感がヤバいイヤホン登場!

ただ、ハイレゾ環境を整えるのに結構なお金がかかるんですよね^^;

その点、従来の音楽環境、特にiPhoneから聞くにあたって最上級の音質で聞きたいという方は、『1MORE Aero』が視野に入ってきます。

ここからは主観的なレビューとなりますが、デフォルトの音質はイコライザーで中央横一線と音に特徴がなく感じられます。

このデフォルトの状態たど音が均一過ぎて軽く聞こえるものの、『1MORE Aero』の透き通った透明感を得られます。

でも、これではやはり低音が物足りない・・・。

『1MORE Aero』の1MOREアプリには専用のイコライザーがあります。

元々プリセットされた簡易的なイコライザーで低音重視にしてみました。

そうしたら低音がしっかり響いて全体のバランスが取れた印象でした。

また、一つ一つの周波数を上下に動かせる専門的なイコライザーも完備されています。

それを下図の通りに、いわゆるドンシャリ系にしてみました。

正直なところ、私自身チューニングセンスまではありません。

これは見よう見真似です(笑

ただ、プリセットイコライザーの低音重視と比べて、こちらの方がより低音とボーカルの音のコントラストが明瞭になりました。

そりゃそうだよね、って感じではあるのですが、チューニングに迷ったら、上記のようなドンシャリ系にしてみると良いですよ^^

次に、Amazon musicに入っていることから360度REALITY AUDIOというモードに変更。

上図の通り、楽曲の音質・イヤホンの性能はAmazon側が提供してくれている360度REALITY AUDIO対応となっていました。

ただ、この360度REALITY AUDIOの音質は正直好きではありません^^;

通常のHD音質以上で聞ければOKです。
⇒Amazon musicはこちら

『1MORE Aero』は、個人的には1MOREシリーズの中でも『1MORE EVO』と並んで好きなイヤホンですし、他社と比較しても全然スタメンを張れるメンバーです^^

1MORE Aeroでゲーム(低遅延モード)をしてみた♪

『1MORE Aero』でゲーム(低遅延モード)を試してみました。

今回もWOTという戦車戦のシューティングゲームで遅延が起こらないか、さらには音質面ではどうかという点をチェックしてみました。

まず、遅延に関しては気になりません。

というか、遅延してないんじゃないかレベルで普通に使えました。

次に音質面では、元の作りがしっかりしているので、音の安定感、砲撃時の重低音感、どれも素晴らしい完成度で、ゲームをするには必要十分なクオリティです。

これならYouTubeのゲーム実況もずっと見ていられますね♪

1MORE Aeroで動画を見てみた

というわけで、『1MORE Aero』でYouTubeの動画を見てみました。

チェックすべき点は出揃ったので、特段ないのですがYouTubeをとりあえず視聴。

音質面というよりは普通に聞いていて疲れないかという点に着目して聞いてみました。

『1MORE Aero』は形状が独特なので、同じカナル型でも『1MORE EVO』とは若干装着感が変わってきます。

『1MORE EVO』の方がより一般的なカナル型に近い形状をしていて、装着感も一般的なカナル型に近い印象でした(耳に埋め込むイメージ)。

対して、『1MORE Aero』はApple AirPodsシリーズのようにステム(軸)がついているタイプのため、耳にひっかけるイメージです。

また、上図の『1MORE EVO』と『1MORE Aero』の形状を比較してもらうと分かるのですが、『1MORE EVO』の方がイヤーピースが飛び出しているような形状をしています。

反対に、『1MORE Aero』はイヤホン本体部分からイヤーピースが少し出ているだけに留まるため、カナル型でありながらインナーイヤーっぽい着け心地になりました。

長時間使っていても問題はありませんでした。

1MORE Aeroの空間オーディオを試してみた

『1MORE Aero』には空間オーディオ機能がついていて、まるで映画館にいるかのような没入感を得られるというのが売りの一つです。

1MOREアプリの真ん中にある『空間オーディオ』バーをオンにすれば空間オーディオが聞けるようになります。

この点は、私の主観ですが、音場はたしかに広がったように感じました。

ですが、どこか圧倒的スケールを期待してしまったので、どこか「こんなものか」と思ってしまった自分もいて、今後に期待したい機能だと感じました。

音場を無理に広げると音が歪むと思うのですが、『1MORE Aero』の『空間オーディオ』機能は自然な感覚で音場が少し広がる点は凄いと思います。

もし、より立体音響に近い形でサウンドを鳴らすことができたら、『1MORE』の市場価値は飛躍的に上がるでしょうね^^

その点の期待値も込めて今後に期待したい機能です。

一点フォローを入れておくと、音質については価格以上のしっかりした音、どちらかというと透明度の高いクリアな音を出してくれる点を改めて補足しておきます^^

1MORE Aeroでオンライン会議アプリでマイク性能テスト

続いて『1MORE Aero』でオンライン会議をしてみました。

使ったのはスカイプ。

まず、マイクの入力は弱い音でもしっかり拾ってくれる集音力がありました。

これならオンラインミーティングでも全然使っていけます。

さらに、相手方の音声を聞いてみたところ、こちらもクリアに聞こえました。

『1MORE Aero』は、マイクの集音声、それからオーディオの出力面ともに合格レベルを通りこして、どんどん使っていきたいと思わせてくれるイヤホンです。

1MORE Aeroのデザインと装着感

『1MORE Aero』のデザインはちょっと独特ですよね。

他の通常のつぼみ型ではなく、Apple系統のステム型を採用しています。

さらに特徴的なのが、ステム型の中でも、おそらくイヤーピース部分が浅い点です。

そのため、耳の形状次第ではフィット感を得られない可能性があります。

実は、Amazonで2000円くらいで販売していたインナーイヤータイプのイヤホンを試しに買ってみました。

純粋に2000円~3000円クラスのイヤホンの音質が気になったからなんですが、まぁ酷いですね(笑

その後に『1MORE Aero』を聞くと、ここまで透明感が変わるのかと驚きました。

とはいえ、2000円台と1万円台中ごろのイヤホンの音質を比べるのは酷です。

で、インナーイヤータイプのイヤホンで気になったのが形状です。

カナル型と違い、インナーイヤータイプは耳にそのままはめ込みます。

そのため、耳の形状が合わないと、そもそも入らないんですよ^^;

で、上記のインナーイヤータイプのイヤホンを着けてみたのですが、左耳だけ入りませんでした。

これは他社のインナーイヤータイプのイヤホンもそうだったので、私の左耳が若干小さくできているようです。

ちなみに、小柄な妻は『1MORE Aero』を普通に装着でき、装着感も悪くないと断言してましたので^^;

『1MORE Aero』の着け心地という点においては耳に入るのですが、私にとっては本体部分が少々大きいようでジャストフィットはしませんでした。

この問題はカナル型でも起きることで、以前、同じく2000円台で買ったこちらのカナル型イヤホン(音質は同じく酷かったです^^;)は私にとってはジャストフィットだったんですね。

ですが、レビューを見ていると装着感が悪い、というレビューがあって、やっぱり人それぞれ違うんだと強く認識させられました。

『1MORE Aero』は私には少し大きく感じられましたが、妻に着けてもらったところ装着感は全然悪くはないとのことなので個人差が少しあるようですね^^

私のようにインナーイヤータイプが入らない方にはあまりおすすめできない形状ですが、そうでない方にはおすすめできる形状です。

デザイン性については、私は好きなデザインなのですが、人によってはそもそもステムがついていること自体嫌!という方もいらっしゃると思うので、その方の主観にお任せしたほうが良いでしょう。

1MORE Aeroの重さ・軽さ

『1MORE Aero』の重さ・軽さについてですが、『1MORE Aero』ケースとイヤホンを合わせた総重量は下記の通り・・・って画面見えないですね^^;

実測54gでした。

このスケール、本当に使いにくくて買い替えたいくらいです・・・。

さて、次にケースのみの実測値が44gでした。

次に『1MORE Aero』イヤホンの片耳のみの重さが実測4.9gと見た目に反してかなり軽く出来ています。

『1MORE Aero』イヤホンの両耳分の重さはちょうど10gと軽量そのものでした。

実際に装着してみても、重さというのは感じられず、重さという観点から見て耳に馴染みます。

なので、軽い装着感のイヤホンを探している方には『1MORE Aero』はちょうど良いですね^^

ちなみに、他社のだと、こちらはインナーイヤータイプのモデルで全体がプラスチックでできた小柄なモデルで8.5g。

1.5gしか差がないので体感できるレベルではありません。

つまり、違いが分からないということですね^^;

ちなみに、イヤーフックタイプ(スポーツモデル)のイヤホンは両耳で20.9gあります。

これと比べると『1MORE Aero』は大分軽いことが分かりますね^^

『Jabra Elite Active 75t』ですら12.2gあったので、『1MORE Aero』は軽い部類に入ります。

特に長時間着ける場合には、軽い方が耳への負担も少なくなりますよ♪

1MORE Aeroの最大再生時間

『1MORE Aero』はイヤホンとケースの充電を合わせると28時間もちます。

『1MORE Aero』のイヤホン単体では約7時間とされていて、日常使用をする分には十分、というか大容量といって良いバッテリーを備えています。

イヤホンはものによっては3・4時間でバッテリー切れを起こすタイプもあるので、この点は『1MORE Aero』に関しては安心です。

恐らく、『1MORE Aero』が少し大きめに作られているのもバッテリーの大きさが関係しているのではと推測しています。

1MORE Aeroの外音取込機能の精度が高い

『1MORE Aero』には人気の機能である外音取込の機能が備わっています。

単に外音を取り込むだけではないようで、集音マイクで周囲の音を拾って少し増幅して届けてくれる印象でした。

そのため、外でお買い物をしているときでも店員さんの声を聞き取りやすいですね^^

私は室内で試したのですが、空調の音、さらには妻がキッチンで作業をしている音、そして私がキーボードを叩いている音、どれもがハッキリ、くっきりと聞こえたのが特徴でした。

また、取り込まれた音もノイジーなものではなくクリアだったのが印象的でした。

1MORE AeroのANCは強い

1MOREはANC(ノイキャン)の機能・効果が強いメーカーです。

Apple系を使ったことがないので、そっちとの比較は出来ないのですが、外で『1MORE Aero』を装着してノイキャンをMax状態でONにすると、周囲の音がフッと消えます。

1MOREアプリではANCのことをノイズリダクションと表記されていて、Maxにするとかなり音を遮断できます。

さすがに地下鉄の音までは無理ですが、通常の鉄道の音は結構遮断されるので、電車の中で『1MORE Aero』を使った際の没入感はかなり高いです。

私は没入感の高い方が好きなので1MOREシリーズのANCは好きなのですが、中には安全性を考慮してANCをつけない方などもいらっしゃると思います。

1MOREアプリの方で「マイルド」などANCのレベルを変えらえるので、『1MORE Aero』のANCが強すぎるなと感じられたら、アプリと音量で調整してみてください。

ちなみに、『1MORE Aero』はANCをオンにしても音質の変化は感じられませんでした。

1MORE AeroはIPX5防水に対応

『1MORE Aero』は安心のIPX5等級の防水仕様です。

雨には負けませんね(笑

また、汗にも負けないのでスポーツシーンで使うことも想定できます。

なにより、急な風雨に悩まされている方も多いと思います。

『1MORE Aero』は雨が降っていても気にせず使えるという点が何よりも便利なイヤホンです。

1MORE Aeroはイコライザーで調整可能

『1MORE Aero』は1MOREアプリからイコライザーで音質調整が可能です。

デフォルトではクリアな音質な分、平坦に聞こえてしまって軽いと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は低音重視にしてあげると立体感のある音像を結べます。

こちらが1MOREアプリの画面です。

上があらかじめプリセットされたイコライザーで、自分で調整するのが難しいと感じられる方は上のプリセットイコライザーを使いましょう。

『1MORE Aero』のプリセットイコライザーの種類は下図の通りです。

そしてこちらが手動で変えることのできるイコライザーで、ドンシャリ系にしてみました^^

このように、『1MORE Aero』のアプリは自由に音質を変えられるので自由度の高いイヤホンといえます♪

1MORE Aeroの評判・口コミをレビュー♪

ここで、『1MORE Aero』の評判・口コミを見ておきましょう♪

設定項目が豊富なANC TWS
総評:機能・性能面で、(初代)Air Pods Proには及びませんが、
価格を考慮すると高コストパフォーマンスな製品だと思います。
音質:価格相応で聞き疲れのしない音。
機能:ノイズキャンセル・外部音取り込みもしっかりと機能します。
ノイキャンは4モードの設定が可能。
外部音取り込みモードはAir Pods Proと比較すると若干の
違和感有。
空間オーディオはイヤホン独自機能で、音源は選びませんが
Dolby Atmos とは違い効果は弱め。ヘッドトラッキングは
機能します。
引用元:楽天『1MORE Aero』レビューより

私は価格以上の聞き心地で良いイヤホンだと感じました。

それだけに私個人の問題なのですがフィット感の点だけ残念でした。

ただ、オンライン会議用やYouTubeを見たり、自宅で音楽を聴くのにはとても使いやすいイヤホンなので、今後も使用していきます♪

『1MORE Aero』と『Jabra Elite Active 75t』の音質の違い

『1MORE Aero』と『Jabra Elite Active 75t』の音質の違いとしては、『Jabra Elite Active 75t』の方が若干低音が強めという印象です。

透明感・クリアさという点では『1MORE Aero』の方が上をいっていました。

ただ、音質はある程度イコライザーで修正が可能なので、透明感のあるイヤホンであれば、つまりイヤホン自体の性能が高ければある程度の修正をかけてもしっかり聞けるという点に強みがあります。

『1MORE Aero』は低音重視派からドンシャリ系など幅広く使えます。

ちなみに、『1MORE Aero』を使ってブラスバンドの『宝島』を聞いたのですが、音が透き通っていて楽器の音色がとても綺麗に聞こえました♪

『1MORE Aero』と『JLAB Epic Air ANC』の音質の違い

もしかしたら、『1MORE Aero』に一番近い音質は『JLAB Epic Air ANC』だったかもしれません。

『JLAB Epic Air ANC』はアメリカで爆発的に売れているメーカーなんですが、『JLAB Epic Air ANC』というのが最上位モデルなんですね。

で、ここの特徴は価格以上の音質が売りです。

『JLAB Epic Air ANC』自体は13,000円前後ですが、音質は1.5倍マシくらいのイメージのイヤホンです。

こちらはイヤーフックタイプの『JLAB Epic Air Sport ANC』ですが、音質はステム型(『JLAB Epic Air ANC』)と変わりません。

ここも透明感が特徴の音質で、デフォルトで低音も強めに設定されています。

透明感の高さが売りの一つなのですが、この点において『1MORE Aero』と似ているなと感じました。

『1MORE Aero』の透明感の質と似ていたんですね。

どっちが上かは判断に迷いますが、『1MORE Aero』の方が細かい調整が利くので使い勝手は良いでしょう。

1MORE Aeroのレビューと評判♪クリアな音質は健在!1MORE Aeroの空間オーディオ機能は音場が広がった♪まとめ

今回は『1MORE Aero』を実機レビューしました。

とてもクリアな音質で聞き心地が良くて、ブラバンからJPOPまで聞ける
マイクの集音声も問題なく、オンラインミーティング用としても活躍する一台です。

ANCに関してはMaxモードだとかなり強いANCの部類に入ると思います。

それが好きで私は1MORE製品を使っています。

クリアな音質に興味のある方は『1MORE Aero』をお試しください♪

タイトルとURLをコピーしました