Banggoodの評判や口コミは?Banggoodの製品が届かないって本当?ちゃんと届くのか買ってみたのでレビュー♪

イヤホン・ヘッドホン等
スポンサーリンク

『Banggood』というECサイトをご存じでしょうか?

私は以前から知っているサイトだったので何となく使っていましたが、知らない方からすると「ちゃんと商品は届くのか?」、「注文しても届かないんじゃないか」とか色々疑問に思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そのため、面白くて欲しい製品があっても買えずにいた、なんて方もいらっしゃるかもですね。

そこで、今回、『Banggood』で下記『BlitzWolf BW-FPE1』というイヤホンを買ってみたので、『Banggood』でお買い物をしてちゃんと届くのかどうか。

また、注文してからどのくらいの期間で届くのか(海外のECサイトなので少し時間がかかります^^;)。

梱包状態や、実際に買ってみた『BlitzWolf BW-FPE1』のレビューなどをお届けいたします♪
Banggoodトップページはコチラ♪

Banggoodの製品がちゃんと届くのか買ってみた♪


まずは『Banggood』で会員登録をしなければならないのですが、この点は今回の記事では割愛させて頂きますのでご了承下さい。

海外ECサイトの場合、住所の登録が小さい方から、つまりアパート名から市区町村、都道府県、国名という書き方になる点だけ抑えれば会員登録できますので挑戦してみて下さいね^^

困ったらGoogle先生に『Banggood 登録方法』などで検索をかけてみて下さい。

この記事では、今回はちゃんと届くのか?

日本人からの評判はどうなのかに焦点をあてて書いていきます♪

今回買った製品がこちら♪


今回はブランド名のカッコ良い『BlitzWolf(ブリッツウルフ)』の『BW-FPE1TWS』というBluetoothイヤホンを買いました。


Banggood『BlitzWolf BW-FPE1』

ワイヤレスイヤホン『BW-FPE1TWS』のレビューは後ほど書きますね^^

まずは、『Banggood』の梱包状態や輸送にかかった日数などを見ていきましょう。

『Banggood』の梱包状態

『Banggood』の梱包状態は可もなく不可もなくでした。

日本国内の輸送は佐川急便の国際便かな?こちらが持ってきてくれました^^

パッケージを開けると、茶色い小さなダンボールの中にさらに梱包がされていたので、相当手荒に扱われない限り製品自体がダメージを負うことはないでしょう。

ただ、やはり中国から船か航空便かは分かりませんが、長距離を移動してくるのでパッケージが多少なりともダメージを受けていたのも事実です。

パッケージの左上の方が少し凹んでいます。

私的にはこの程度で済んで良かったくらいにしか思っていないのですが、几帳面な方や神経質な方は覚悟して買われた方が良いでしょう。

ちなみに、イヤホン自体は下図の通り、本体の周りにショックアブソーバーになるクッション材が入っているので、手荒に扱われても大丈夫な梱包になっていた点は良かったです。

その他の『Banggood』製品では、例えば掃除機が届いたこともありましたが、こちらは大型なためしっかり梱包されているイメージでした。

もっとも、長旅の疲れを感じさせてくれる趣をしていましたが(笑

こちらも上部のダンボール部分が少し歪んでいますね。

こればかりは海外発送の製品である以上仕方がないと思います。

純粋に製品が欲しいとか、取寄せてでも使いたいという方に使っていただきたいECサイトです。

ま、国内のAmazonで頼んでも、ヨドバシに頼んでも、凹んでる時は凹んでいるので諦めましょう^^;

製品の品質

製品の品質は直接『Banggood』とは関係ありませんが、取り扱っている主要メーカーの製品の品質がどういったものかは興味があるかと思います。

この点、今回含め、3つ製品を送ってもらっています。

一つが今回買った、後ほどレビューする『BlitzWolf(ブリッツウルフ)』の『BW-FPE1TWS』というワイヤレスイヤホンです。

次に先ほど登場した掃除機ですね^^

実機レビューはこちらの『JIMMY JV63スティック掃除機レビュー』よりご覧ください♪

今、うちのメイン掃除機になっているパワフルな掃除機です^^

【実機】JIMMY JV63スティック掃除機レビュー♪ 汚れをごっそり持って行く吸引力に注目♪
Banggood様から『JIMMY JV63スティック掃除機』を頂いたので、今回は『JIMMY JV63スティック掃除機』をレビューします♪ 正直ね、「中国メーカーの掃除機ってどうなんだろう。価格は日本で販売されている安価モデル(2万円前後)と変わらないけど販売ページで謳われている吸引力は本物なのだろうか?」 ...


Banggood『JIMMY-JV63』はコチラ

さらに、当時は日本未発売だったミニPC、『BMAX B3 Plus』というパソコンも届けてもらいました。

詳しいレビューはこちらの『BMAX B3 Plus』ミニPCレビューという記事をご覧ください♪

【実機】『BMAX B3 Plus』ミニPCレビュー♪力強いCeleron爆誕!メインも張れるCeleronミニPC♪
ずっと気になっていたミニPCですが、今回、大手ECサイト『Banggood』様より人気ミニPCの『BMAX B3 Plus』をご提供いただきましたので、使い勝手などをレビューしていきます。 特に、『BMAX B3 Plus』は日本市場ではゲットできない激レアなミニPCです。 私が特に注目しているのが、搭載されているCPU『Celeron N5095』です。 WindowsパソコンでCeleronシリーズはやめとけと当サイトでは書いてきましたが、『Celeron N5095』がどこまでCeleronの壁を越えてくれるのか? どこまでの用途に堪えられる名機なのか徹底検証していきたいと思います♪


Banggood『BMAX-B3-Plus』はコチラ♪

イヤホンだけ3000円程度の製品だったため品質というか製品レベルは中の下という感じで、いわゆる安いイヤホンという印象の製品でした。

これは、『BlitzWolf(ブリッツウルフ)』の『BW-FPE1TWS』というワイヤレスイヤホンがそもそも安い価格帯の製品であることに起因するもので、『Banggood』のせいではありません。

その他ミニPCや掃除機については高コスパといっても良い性能を秘めているアイテムで、選んで良かったと思っています。

で、どれもちゃんと届けてくれましたよ^^

Bangoodでの買い方と注文から到着までの期間


今回、『BlitzWolf(ブリッツウルフ)』の『BW-FPE1TWS』が注文からどの位で届くのか試してみました。

まず、簡単にBanggoodでの買い方をトレースしてみると、まずショッピングカートに入れて注文をします。

この辺はAmazonなどの普通のECサイトと同じです^^

この後のキャプチャの順序を忘れてしまったのですが、おおよそこのような流れで注文ができると思ってください。

まずお届け先住所を記載。

中段に運送方法の指定があるのでこちらでどの運送手段を選ぶかを選べます。

それがこちら。

下に行くほど輸送費が嵩むため、私は最安の『日本ダイレクトメール』を選択しました。

それから決済画面についてはペイパルアカウントを持っていたのでペイパル経由での決済としました。

このペイパルはクレジットと紐づいているので、結局はクレジット払いですね^^;

ペイパルの決済画面へ移動して決済を完了させます。

はい、ペイパルにて支払い完了です♪

あとは商品の到着を待つだけですね^^

『Banggood』のマイページには過去に注文した製品の一覧や、今注文して手配している商品の一覧があります。

これは『BlitzWolf(ブリッツウルフ)』の『BW-FPE1TWS』を注文したばかりの段階のキャプチャなので、まだ商品は倉庫にあることになっています。

それから発送通知もちゃんとありました。

注文日が6月23日の14時過ぎでした。

で、予定到着日は7月18日となっていたので、予定ベースだとザックリと書いて約1ヶ月待ってね~という感じです。

恐らく、色々な遅延などを考慮して余裕を持ったスケジューリングにされたんだと思いますが、結局7月1日に届いてしまいました^^;

つまり8日で中国から日本へ到着。

これ、かなり早いです。

輸送過程を調べると羽田を経由していたので恐らく航空便に載せられてきたのだと思います。

また、もしかしたら『日本ダイレクトメール』という一番安いコースを選んだことにより、丁寧さより早さを重視したコースだったのかもしれません。

小包コースとか選んでいたら梱包に時間もかかってもっと遅くなっていたかも。

というか、ミニPCと掃除機の時はもっと遅かったので、今回の8日は最短で届けてくれました^^

このように、注文から決済、商品の到着まで滞りなくできましたし、問題も発生しなかったこと。

そして、輸送保険のようなものも任意につけられることから、私は『Banggood』という企業を信頼しています^^

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンレビュー


Banggood『BlitzWolf BW-FPE1』

それでは、せっかく買った『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンをレビューしておきましょうか!

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホン開封

まずは、『BlitzWolf BW-FPE1』の実機開封から。

こちらが梱包初期の状態。

そして開封して小箱のダンボールを開けたのがこちらの状態。

白基調に緑があしらわれた爽やかな印象のパッケージです^^

こちらはパッケージ裏面です。

こちらが同梱物一式。

もう一枚。本体に取り付けるストラップ付きでした♪

こちらがイヤホンと本体ケースです。

仮充電みたいにされていて、到着後少しだけ使うことができました。

というわけで、届いたら念のため充電してくださいね^^

充電器のコネクタはType-Cコネクタでした♪

こちらが本体裏面です。

見た目、カッコ良いんですよね♪

この『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンにはANCなどのミドルクラス以上がよく積んでいるメジャーな機能はほぼなく、基本的に音楽を聴く、音声通話をするという使い方しかできません。

お値段相応といった印象です。

1点、メリットがあるのですが、それは次の項をご覧ください♪

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの重さ

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの重さがこちら。まずは本体とイヤホン全体の重さです。

35.4gと軽量です。

またサイズ感も悪くはなく、持ち運びに最適なサイズとなっています。

こちらが片方のイヤホンだけの重さです。

2.8g!!

こちらが最軽量と謳われている寝ホンというジャンルのイヤホン、『ComfobusZ』ですら両耳で6g、片耳だと単純に半分の重さなので3gと、超軽量の寝ホンを超える軽さという点は大きなメリットです。

【実機】ComfoBudsZレビュー♪ 寝ホンとして『マツコの知らない世界』でも紹介された評判の癒しの一台をレビュー♪
今回はメーカー様から『ComfoBudsZ』をご提供頂いたので実機レビューをしていきますね。 ただ、今回の『ComfoBudsZ』は通常のイヤホンと違って『寝ホン』、つまり、寝ているときに装着することを前提に作られたイヤホンなんですね。 ・・・実は私、早朝覚醒型の不眠症で安眠を妨げられていたので、今回の寝ホン『ComfoBudsZ』のレビューをとっても楽しみにしていました。 まずは、寝ホンのデザイン、重さといった客観的なレビューから装着感・フィット感、音質といった主観的なレビューに移っていきたいと思います。 イヤホンという性質上、主観的な側面が強くなる点はご了承くださいね^^; ちなみに、この『ComfoBudsZ』は『マツコの知らない世界』でも取り上げられ、あのマツコさんも評価した寝ホンなんですよ♪

通常のイヤホンが大体両耳で12g前後、片耳で6g前後なので、『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンがいかに軽いかが分かります。

【実機】1MORE EVO ワイヤレスイヤホンレビュー♪ノイキャンの没入感がヤバいイヤホン登場!
メーカー様からハイレゾ音源対応の高級イヤホン、『1MORE EVO』をご提供頂きました! そこで、今回はハイレゾ音源対応高級イヤホンの『1MORE EVO』をレビューしていきます♪ といっても、音質はかなり良いのですが、それを表現するボキャブラリーを持ち合わせていないので、どちらかというと装着感やノイキャン機能の強さなどを厚めにレビューしていきます^^;

全体の質感はプラスチッキーなので安っぽさは否めませんが、とにかく1gでも軽いイヤホンを!!

という方にはアリかもしれません^^

両耳では何故か倍にならず5.5gとなっていました。

片側にBluetoothの接続基盤か何かが入っているのでしょうか^^?

理由は不明です^^;

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの質感・装着感

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの質感は前述の通りプラスチッキーなので、チープさはありますがとにかく軽い。

こちらがイヤホンの内側。表面にくぼみがあるのですが・・・ここのくぼみに何か機能があるのかは分かりませんでした。

というか、説明書を読んでも特に記載がなかったので単なるデザインの可能性があります。

こちらがイヤホンの外側です。

銀色の四角い部分がタッチパネルになっていて簡単に操作が可能です。

タッチの反応も悪くなく、むしろ敏感過ぎるかなという感じ。

スティック状になっている下部にマイクが埋め込まれています。

こちらがイヤホンのスピーカー部分。

一定方向しか向いていないので装着時の付け感はそこまで高くなく、一方向にしか装着ができません。

こちらが実際に装着したときの写真です。

まぁ、良く見かけるタイプの形ですね。

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの形状はインナーイヤー型で、現在主流のカナル型(イヤーピースを付けるタイプ)ではない点に注意が必要です。

耳のサイズが合わないという可能性はそんなにないと思いますが、サイズ感が合わないとフィット感にもかかわってきます。

私はそこまで違和感を感じない装着感でしたが、カナル型に比べると違和感を感じてしまいますね^^;

むしろ昔懐かしのインナーイヤー型といった所でしょうか。

この点も価格相応といったところでしょう。

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの音質

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの音質はそこまで期待しない方が良いですね^^;

実際に聞いてみました。

まず、YouTubeなどの音声系、語学教材系のように、そこまで音質を求めないジャンルであれば普通に使えます。

では、音楽ではどうかというと、低音が強く前面に出てくる印象。

それでいて、ボーカルは後ろに後退している位置関係に聞こえてきます。

なので、ベースなど楽器の奏でる音の発音はとても良く聞こえます。

また、何とも言いにくいのですが、ドーム状の幕が覆われている中で音楽を聞いているような感覚に陥ります。

これは良い意味でではなく、ようは音がこもって聞こえるんです。

なので、透明感やクリアに澄み渡った音楽とは一味も二味も違った印象を受けました。

普段使いに使えなくもありませんが、1000円前後のパナソニックの有線と大して変わらない音質という印象でした。

今回はBanggoodの発送期間やちゃんと製品が届くのか、梱包状態はどうなのかをテストするために購入したので、『BlitzWolf』さんには申し訳ないですけど、この約3000円の『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンに関してはハズレです。

買わない方が良いです。

これならAmazonで『ワイヤレスイヤホン』と入力して出てくる適当な2・3000円のワイヤレスイヤホンでも同じか、これ以上の音質をきくことができるでしょう。

もっとも、『BlitzWolf』さんは幅広く製品を展開しているので上位モデルを買ったらどうなのかという点については分かりません。

ブランド名が好きなのでまた何か一つ買ってみようかと思っていますが、結構手広く製品を展開していて、
・スマートウォッチ
・イヤホン
・ヘッドホン
・ディスプレイ用ライト
・プロジェクター
・ノートPC用冷却台
・ワイヤレス充電器
・USBハブ
etc

全部上げきれないくらいの取扱い製品があります。

私はなんだかんだスマートウォッチがすきなので、『BlitzWolf』のスマートウォッチが魅力的に見えるため、私の欲しい物リスト(単なるメモ帳”笑)に入れておきます♪

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの評価

『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンの評価としては買わない方が良いイヤホンでした。

単純にお値段相応の価格ですし、海外ECサイトということもあるので日本国内で買える『BlitzWolf』以外の格安イヤホンで事足りてしまうという点も、『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンを買いづらくしてしまう理由の一つです。

もっとも、その前に手配しているミニPCや掃除機については問題なく使えますし、掃除機については、何ならエレクトロラクスよりも吸塵力は高く扱いやすいので、Banggoodで掘り出し物を探すというのは全然アリです。

むしろ、こういうサイトを見て回るのが好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もその一人ですが(笑

あと、中国のメーカーということで、スマホのシャオミー『POCO』シリーズが早めに入荷されていたりと、ガジェットマニアにはたまらない穴場ECサイトとなっています。

いわゆる中華スマホや中華パソコン、また日本ではあまり見かけないブランド、だけれども中国では中堅どころのメーカー製品(例:TECLAST)なんかも扱っているので気になる方は一度お宝探しをしてみて下さい♪

Banggoodのスマートウォッチは買いか!?

Banggoodではノートパソコンや液晶ディスプレイ、スマートウォッチといった日本でも人気の製品を多く取り扱っています。

スマートウォッチに関しては1台、現在取寄せているところですので、追って簡単なレビューをさせて頂ければと思います(その時は別途レビュー記事も書きますね^^)。

BlitzWolfのスマートウォッチシリーズ

Banggoodでよく見かけるスマートウォッチブランドにもBlitzWolfがあるのですが、デザインがアウトドアデザインでカッコ良いんですよ^^

なので、今後、どこかのタイミングでBlitzWolfシリーズのスマートウォッチも取寄せてレビューしたいと思います。

以下は要追記、といった所ですね♪

Banggoodの魅力-セールの開催やクーポンの発行-


ECサイト、Banggoodの魅力としてセールや割引クーポンの発行をしていることが多くあります。

セール時に買えればお得にお買い物ができますよね^^

この頻度がAmazonなんかより多く、定期開催(春のクーポンとか)のものと、不定期で突発的に行われるもの(Amazonの特選タイムセールみたいなもの)があります。

ノートパソコンやスマートウォッチ、スマホでもタイムセールの対象になることがあるので、気になる方はBanggoodを要チェックです。

今確認しただけでも、スマホ、パソコン本体、イヤホン、その他etcという感じで沢山の製品がセール対象になっていました♪

セールはBanggoodトップページにある『フラッシュセール』、『クリアランスセール』というリンクから飛べますので一度眺めてみてはいかがでしょうか♪
Banggoodトップページはコチラ♪

Banggoodの評判をレビュー♪

他の人から見たBanggoodの評判はどうなのでしょうね^^?

気になったので調べてみました♪

3日で到着したのは早いですね!

便のタイミングがとても良かったのでしょう。

日本でもapple watchもどきは沢山出回っているので、そこは別に良いとして、特段不満点はなさそうですね^^

誤訳あるあるですね(笑

『おコピー』の真下に『出荷済』とあることから、こちらの方は何かを買われたようです。

このように、結構日本人ユーザーも利用していることが分かります♪

こちらの方は既に何度かBanggoodでお買い物をされていることが伺えます。

こういったマニアックな製品は、Banggoodは意外と強いかもしれません^^

このキーボードは私もBanggoodを見ていて少し気になっていたブランドです^^

ゲーミングキーボードというか光物が好きなのでしょうか^^?

ゲーミングキーボードのLEDの発色は綺麗でとても良いですよね♪

会社では使えないけど、自分のデスク周りだけ秘密基地化したいという方にオススメです♪

こうやって見てみると、好意的にBanggoodを利用されている方が多く、商品が届かなかったといった発言は見つかりませんでした。

実際、私も『BlitzWolf BW-FPE1』ワイヤレスイヤホンを注文していて、しっかり届いてますし、その他にも2・3万円するミニPCや掃除機も届いています♪

なので、Banggoodに関しては海外ECサイトだからと怖がる必要はなく、欲しいものが有れば買ってみると良いですよ♪

ただ、海外倉庫からの発送が多く、空路か海路を使って届けてくれるため長いと2週間くらい、早ければ上記の方で3日(かなりのレアケースだと思います^^;)で届きます。

私の場合は比較的時間のかかる方だったかな。

イヤホンに関しては8日で届いたので、こちらは早かったと言えます。

普段、Amazonや楽天、ヨドバシなどの速達的な配送に慣れてしまっていると待ちくたびれてしまうかもしれない点には注意が必要です。

輸送に時間がかかる点だけ覚悟すれば、気楽にお買い物ができますよ^^

Banggoodの評判は?Banggoodの製品がちゃんと届くのか買ってみたのでレビュー♪まとめ

今回は、中国発、多国間で手広くECサイトを運営しているBanggoodの評判をチェックしてみました♪

評判は悪くなくツイッター内でも多くのBanggoodユーザーがいました♪

Banggoodの特徴はセールを多く開催していること。

こまめにBanggoodのサイトを確認して、欲しいものが安くなっていないか確認してみて下さいね♪

私は今回、イヤホンを注文しましたが、海外拠点からの配送にもかかわらず8日という短い期間で届きました。

注文したのに届かない・・・なんてことはありませんでしたよ^^

他の海外系ECサイトのように日本に拠点はなさそうですが、地理的にそこまで遠くないので1週間ちょっとで届いたのでしょう。

興味のある方は日々チェックしてみて下さいね♪

掘り出し物が見つかるかもしれません^^♪

Banggoodトップページはコチラ♪

私が取り寄せた商品レビュー一覧がこちら♪

【実機】『BMAX B3 Plus』ミニPCレビュー♪力強いCeleron爆誕!メインも張れるCeleronミニPC♪
ずっと気になっていたミニPCですが、今回、大手ECサイト『Banggood』様より人気ミニPCの『BMAX B3 Plus』をご提供いただきましたので、使い勝手などをレビューしていきます。 特に、『BMAX B3 Plus』は日本市場ではゲットできない激レアなミニPCです。 私が特に注目しているのが、搭載されているCPU『Celeron N5095』です。 WindowsパソコンでCeleronシリーズはやめとけと当サイトでは書いてきましたが、『Celeron N5095』がどこまでCeleronの壁を越えてくれるのか? どこまでの用途に堪えられる名機なのか徹底検証していきたいと思います♪
【実機】JIMMY JV63スティック掃除機レビュー♪ 汚れをごっそり持って行く吸引力に注目♪
Banggood様から『JIMMY JV63スティック掃除機』を頂いたので、今回は『JIMMY JV63スティック掃除機』をレビューします♪ 正直ね、「中国メーカーの掃除機ってどうなんだろう。価格は日本で販売されている安価モデル(2万円前後)と変わらないけど販売ページで謳われている吸引力は本物なのだろうか?」 ...
タイトルとURLをコピーしました