『RANVOO』はどこの国の会社?iPhone12用『RANVOO』保護フィルムを実際に買って貼ってみた♪

ガジェット

今まで使っていたiPhone7の挙動がかなりおかしくなってきたことから、先日、ようやくiPhone12Proに買い替えることとしました♪

嬉しい(笑

でも、スマホを買い替えると必ずでる問題が画面の保護フィルムの貼り替え作業です。

今回は、『RANVOO』という会社の保護フィルムを選んでみました♪

でも、『RANVOO』ってどこの国の会社なのか気になりますよね^^;

そこで、まずは『RANVOO』がどこの国の会社なのか調べ、その次に使用感等を書きました♪

iPhone12Pro用の保護フィルに迷っている方の参考になれば幸いです♪

『RANVOO』はどこの国の会社?

調べてみたところ、『RANVOO』は中国の上海の会社でした。

アマゾンで『RANVOO』の保護フィルムを取り扱っているのが、『BeanC_RANVOO Authorized』というストアなんですが、製品の保証自体も行っているので、『RANVOO』=『BeanC_RANVOO Authorized』と考えて良さそうです。

『BeanC_RANVOO Authorized』の所在地が上海なので、『RANVOO』は上海の会社といって間違いなさそうです。

『RANVOO』iPhone12保護フィルムを実際に買って貼ってみた♪

というわけで、『RANVOO』のiPhone12pro用の保護フィルムを買ってみました♪

万が一落としても大丈夫なように、いつもハード系、強化ガラス系のものを買っているんですが、『RANVOO』の保護フィルムにも『強化ガラス』との表記があったので信頼してみました。

こちらが、パッケージ。黒基調でカッコイイパッケージでした♪

表面に既にスレのようなものがついているのは、まぁしょうがないかな。おそらく輸送過程でついた傷でしょう。

中身には問題はなく、保護フィルムが3枚入っていました。

当然、貼る前に画面の指紋やホコリを取り除くツール類も3つ分入っている親切さ。

1回で貼れたから2枚余ったんですけどね^^;

保護フィルムの入っていた封筒のような用紙が説明書になっていました。

透明度はこんな感じです。

悪くないですね♪

付属のアルコールペーパー様のもので、まずは画面を拭きます。

画面が乾いたのを確認してから念のためホコリ取りシールをペタペタやってホコリを除去。

えいや!
っと、『RANVOO』iPhone12保護フィルムを貼り付けてみました^^

かなり適当に貼った、というより置いちゃったので真ん中に大きな気泡が(汗

若干面喰いつつ、あわあわしながら、ゆっくりと親指で空気を外側へ逃がすようにさすりました。
するとこんな感じ。

完全に気泡が外側に抜けて、ビックリするくらい綺麗に貼れました♪

ですが、実は最初に貼ったとき、手が滑って少しズレてしまったんですね。

そこで、慌てて貼り直そうと隅っこの方を掴んで剥がしたので、画面上部の保護フィルムに小さな傷がつきました^^;

これは私のミスですし、全く気にしてないんですが、吸着力が強いので貼り直しの際は気を付けてください。

『RANVOO』iPhone12保護フィルムは貼りやすい?

『RANVOO』のiPhone12Pro用保護フィルムには『気泡ゼロ』との表記が。

商品紹介にも、保護フィルムをつければ、勝手に画面に吸い付いてくれて失敗しないとか。

そこまで言ってくれるなら、当然楽に貼れるんだよね?
ということで、適当にポンとおいてみました。

すると大きな気泡が!
というのはさっきも書いたんですが(笑

若干焦りながらも、気泡を外側に逃がすように親指で押し出していくと・・・

うそでしょ!?
と思うくらい、しっかり空気を抜くことが出来ました♪

保護フィルムの貼りやすさに偽りはありませんでした♪

『RANVOO』iPhone12保護フィルムの強度は?

『RANVOO』iPhone12保護フィルムの強度はカタログスペックだと刃物でも傷がつかないそうです。

じゃ、試しに・・・というわけにはいかないのでやっていません^^;

どのくらいの硬度なのか、両端をもって反らせてみたのですが、よく見かけるゴリラガラスほどの硬度はなく、それなりに弓なりへと曲がりました。

ですが、ある程度の硬さがあるので硬度としては問題なさそうです。

『RANVOO』iPhone12保護フィルムの滑り・操作性は?

ガラスフィルムで画面が安全になっても、スワイプの滑りや操作性が悪くなっては意味がありません。

『RANVOO』iPhone12保護フィルムを貼ってから、しばらく操作をしていましたが、「あれ、保護フィルムなしより指の滑りが良くない?」という感じで、前より操作性がアップしたように感じました。

不思議ですね^^;

なので、『RANVOO』iPhone12保護フィルムの滑り・操作性は良し!です♪

『RANVOO』iPhone12保護フィルムの感想まとめ

お値段が安めの保護フィルムなので少し心配でしたが、問題なく簡単に貼れました。

強度に関しては落としてないので何とも言えないところですが、反らせたところそれなりの強度はありそう、という感じでした。

総じて、コスパの良い保護フィルムだと思います♪

『RANVOO』iPhone12保護フィルムのレビュー・口コミから評価・評判を検証!

アマゾンでの『RANVOO』iPhone12保護フィルムの評価件数は749件と結構な数の評価が入っていました。

総評価は星4.5とかなり高いです♪

評価の内訳は以下の通りです。

★★★★★・・・71%
★★★★・・・・16%
★★★・・・・・8%
★★・・・・・・2%
★・・・・・・・3%

『RANVOO』iPhone12保護フィルムの残念な口コミ

こちらは、『RANVOO』iPhone12保護フィルムに低評価を付けた方のレビューです。

3枚入りで価格も手頃だったので、普段保護フィルムは貼らないですが購入してみました。

1枚目:久し振りに貼ったので失敗・・・。でも後2枚あるので安心。
2枚目:割と綺麗に貼れた!と思ったら2日程で角に浮きが・・・。何か引っ掛かったかな?
3枚目:これも綺麗に貼れた!と思ったら2日程で角に浮きが・・・。

と言うことで、製品に歪みがあるのか、右上の角と縁辺りにあっという間に浮きが出ました。全く同じような場所に出たので、製品の歪みか何かかも知れません。透明度も高く良さそうだっただけに残念です。
引用元:アマゾン『RANVOO iPhone12保護フィルム』より

どんな製品にも製造上の当たりハズレがあるように、『RANVOO』iPhone12保護フィルムにも当たりハズレがあるようです。

多くのレビュアーさんや、私自身もなんですが、こういった現象が起きていないので、運悪く、といっても3枚とも全部というのはかなり運が悪いと思うのですが、ハズレを引き当てたようです。

私も貼り直したので隅に浮きが出るか心配していましたが、問題ありませんでした。

仮に、浮きが出てきても、残り2枚残っているので順次貼り直していけば良いやくらいにしか思っていません。

また、状況次第にはなりますが、『RANVOO』さんの方で交換等も受けてくれるので、3枚とも不具合が生じた場合には相談してみましょう。

『RANVOO』iPhone12保護フィルムの良い口コミ

こちらは『RANVOO』iPhone12保護フィルムに高評価を付けた方のレビューです。

何度も気泡が入って書い直している中で出会いました。
気泡ゼロと謳ってるフィルム一枚分の値段で、3枚入ってるので気軽にやり直せる安心感が良かった。

それで結局は一回ゴミを挟んでしまいましたが、付属のごみ取りシールで除去して同じフィルムでやり直したら綺麗に貼れました!まだ2枚残ってます♪

フィルムって白っぽくなる事もありますが、この製品は透明度高いのでノンストレスで使えます。

余った分は予備にするし、友達でiPhone12を買おうとしてる人がいたら譲ってあげようと思います♪

耐久性はまだ数日なので不明ですが、少なくとも明日一瞬で割れたりはしてないですね。
引用元:アマゾン『RANVOO iPhone12保護フィルム』より

保護フィルムを貼る際はゴミやホコリ、指紋を挟み込まないように気を付けましょう。

また、『RANVOO』iPhone12保護フィルムは本当にびっくりするくらい気泡を抜きやすい保護フィルムになっています。

私はずっと自分で保護フィルムを貼ってきたのですが、一度たりとも満足に成功したことがなく、常に気泡がどこかしらに入っているのをストレスに感じていました(じゃ、頼めばって話なんですが^^;)。

ですが、そんな保護フィルムを貼るのがへたっぴな私でも簡単に貼れたので、保護フィルムを貼るのが苦手に使っていただきたいメーカーさんです♪

問題は、1回目で成功する方が多いと思うので、残り2枚をどうするか(笑

万が一破損した場合に備えて取っておくのも一案ですし、友達と一緒に買って分けるというのもありですね。

さて、残りの二枚どうしようか。

過去、10枚以上の保護フィルムを使ってきましたが
これまでで一番簡単、かつ、きれいに装着することができました。
特に気にったのが画面に合わせて上端から軽く載せるだけで
全く気泡が入ることなく気持ちよくきれいに貼れました。
透明感、使用感も満足いくもので
この価格で3枚入っていることも加わり
素晴らしい製品です!
引用元:アマゾン『RANVOO iPhone12保護フィルム』より

やっぱり、保護フィルムの貼りやすさ、吸着性の良さが人気のようです。

お世辞ではなく、本当に勝手に吸い付いていくんですよ。

私の場合は真ん中に気泡がたまりましたが簡単に追い出すことに成功。

スマホの保護フィルムってこんなに貼りやすかったっけ?
と思ってしまうほどの簡単さでした♪

『RANVOO』iPhone12保護フィルムの特徴と魅力

ここからは『RANVOO』iPhone12保護フィルムの特徴と魅力を見ていきましょう♪

滑らかさ抜群の保護フィルム

『RANVOO』iPhone12保護フィルムは日本旭硝子製を使っている保護フィルムなんですが、ガラス製の保護フィルムと聞くと、とても操作性が悪そう、タッチの反応が悪そうというイメージがありますよね。

でも、最近の技術って凄いんですね・・・。

ガラス製保護フィルムを貼ったら、むしろ指の滑りが良くなって使いやすくなりました♪

また、液晶特有の硬さのようなものもなく、スッと指を動かせるような気さえします。

20kgの圧力に耐えられるそうですヨ

こればかりはテストしてみないと分かりませんが、『RANVOO』iPhone12保護フィルムは20kgの加圧にも耐えられるそうです。

一点に20kgなのか、面で20kgなのか分かりません。

ですが、スマホの画面って保護ケースに入れていると基本圧迫されないじゃないですか。

なので、万が一圧迫されるような事態になっても20kgまでは安心できるので、心強いです♪

ナノコーティング加工で汚れにくい

スマホをiPhone12Proに変えてから2・3日いじり倒してましたが、思ったより指紋がつかないです。

とはいえ、多少は指紋の痕跡がつくので、気になる方は眼鏡ふきのようなもので拭き取れば・・・あら不思議。
とてもきれいになります(笑

なので、アマゾンの販売ページ書かれてある、指紋がつきにくいというのはウソではないですね♪

汚れは付けたくないので付けていませんが、コーティングがしっかりしているので簡単に拭き取れそうですよ^^

らくちん自動吸着機能

『RANVOO』iPhone12保護フィルムに、上記のような名前の機能は存在しないのですが、あたかもそんな機能があるかのような自然な吸いつき感、そして気泡レスな感覚は病みつきになってしまいそうです。

ただし、一点気を付けて欲しいのは、本当に吸いつくようにくっついてしまうので、初手でミスると貼り直しが面倒です^^;

なので、最初に貼り付ける位置をしっかり決めて、ゆっくりと確実に狙ったところへ貼り付けるようにしましょう。

『RANVOO』はどこの国の会社?『RANVOO』iPhone12保護フィルムを実際に買って使ってみた♪まとめ

『RANVOO』iPhone12保護フィルムは、吸着感、気泡レス、操作性、どれをとっても完璧といっても過言ではない保護フィルムでした♪

耐久性については1・2年使ってみないと分かりませんし、実際に落としてみないことには分かりませんが、ごめんなさい。
わざわざそこまではしたくないです(笑

残ったフィルムがあれば、それを使って衝撃実験などをしてみても良いかもしれませんね^^

タイトルとURLをコピーしました