当該記事はプロモーションを含みます

【実機】1MORE SleepBuds Z30をレビュー♪寝ホンとしての完成度がヤバい!

寝ホンで一世を風靡したあの1MOREから、最新の寝ホン、1MORE SleepBuds Z30が登場しました♪

今回も小型で耳の中に収まるサイズ感が堪らなく良い感じです♪

この記事では、1MORE SleepBuds Z30の音質面を音楽とヒーリング音源という角度からレビューしています。

今回、メーカー様から実機をご提供いただきましたので、率直な感想をレビューしていきますね♪

騒音対策に寝ホンを探している方にはおススメしたくなる一機でした♪

メーカー様より専用クーポンコードを発行頂きました。
下記クーポンコードを注文画面にてご入力ください。
Amazonクーポンコード:1MOREZ3002A

目次

1MORE SleepBuds Z30を開封

まずは1MORE SleepBuds Z30を開封していきます♪

こちらが1MORE SleepBuds Z30のパッケージ表面です。

こちらが1MORE SleepBuds Z30パッケージ裏面です。

こちらが1MORE SleepBuds Z30の同梱物一式です。

巾着袋が入っているのが何気にありがたいですね^^

こちらが1MORE SleepBuds Z30の本体ケースです。

1MORE SleepBuds Z30はグレア調(光沢あり)ではなく、サラッとした手触りが特徴的なノングレア調でした。

この点は、初代の1MORE SleepBuds Zを踏襲しています。

こちらが1MORE SleepBuds Z30ケース本体の背面です。

こちらが1MORE SleepBuds Z30イヤホンです。

こちらが1MORE SleepBuds Z30イヤホンなんですが、比較対象がないと小ささが分かりづらいですよね^^;

1MORE SleepBuds Z30イヤホンはかなり小さいんですよ。

後ほど比較写真を掲載します。

1MORE SleepBuds Z30は指で持つというより摘まむというイメージにピッタリのサイズ感。

1MORE SleepBuds Z30イヤホンの表側には1MOREのロゴが確認できます。

1MORE SleepBuds Z30を手のひらに乗せると少しはサイズ感が伝わりますでしょうか。

1MORE SleepBuds Z30イヤホンが小さいため、スピーカー部分が大きく見えるのも面白いポイントです。

1MORE SleepBuds Z30イヤホンと他のイヤーバッヅタイプのイヤホンを比較した写真がこちら。

右上:final ZE3000
右下:1MORE SleepBuds Z30
左:SOUNDPEATS Opera05

この3機種と比較しても小さいのが分かります。

また、こちらが実際に1MORE SleepBuds Z30を装着した写真です。

耳の中にスッポリ収まってしまう小ささが伝わると思います。

ピンボケはご容赦ください…(笑)

メーカー様より専用クーポンコードを発行頂きました。
下記クーポンコードを注文画面にてご入力ください。
Amazonクーポンコード:1MOREZ3002A

1MORE SleepBuds Z30をレビュー♪

それでは、1MORE SleepBuds Z30イヤホンを見ていきましょう♪

1MORE SleepBuds Z30の音質はどう?

それでは、1MORE SleepBuds Z30の音質面を見ていきましょう。

まず、1MORE SleepBuds Z30イヤホンの対応コーデックはSBCとAACコーデックの2種類になります。

そのため、android端末でもiPhoneでもどちらでも使える点はメリットとなります。

今回はiPhoneで聴いたのでその感想をレビューしますね。

まず、大前提として1MORE SleepBuds Z30は寝ホンであるということを踏まえた上で、通常の音楽を聴いてみました。

やはり寝ホン仕様のためか上位モデルのイヤホン、中堅モデルのイヤホンと比べると見劣りしてしまう点はありました。

例えば、低音が重くないとか高音が抜けきらないとか、どっちつかずな印象です。

ただ、逆に言えばフラットな印象の音質でもあるので、音質にそこまでこだわりがないということであれば、寝ホンとしてだけでなく普段使いとしても全然使えると思ったのも事実です。

また、音楽用途だけでなく寝ホンとしても使えるようにアプリに一工夫が施されていました。


上図が1MORE SleepBuds Z30専用アプリなんですが、モードの一つにリスニングモードというのがあります。

このリスニングモードは音質傾向が少し変わる一種のプリセットイコライザーです。

音楽を聴きながら切り替えてみたところ、「音楽」モードで聴いている時は少しとげとげしい音質になります。

表現が悪くて申し訳ないのですが、イヤな意味ではなくダイナミックな音質傾向というニュアンスです。

対して「落ち着く」にすると全体がマイルドになった感じがします。

同じく、プリインストールされている雨音を「音楽」モードで聴くと、やはりトゲトゲしさが出てしまい個人的にはやはり「落ちつく」モードで使った方がヒーリング音源としての価値が高まると感じました。

ヒーリング音源はプリインストールだけだと6音源だけですが、YouTubeにも自然音系の音源がアップされていますし、Amazonで「ヒーリングミュージック」と検索をかけると様々なヒーリングミュージックが引っ掛かるので、気になる方は色々な音源を聴いてみることをお勧めします。

ヒーリングの環境音はデフォルトではこちらの音源が再生されるようになっていますが、左右にスワイプすることで簡単に音源切り替えが出来ます♪

1MORE SleepBuds Z30のフィット感はどう?

1MORE SleepBuds Z30のフィット感は個人的にはかなり高いと感じています。

通常のイヤホンだと耳から出っ張ってしまって寝心地が悪くなりますよね。

なので、1MORE SleepBuds Z30のように耳の内側に入り込むタイプはそれだけで重宝しますし、自然とフィット感が高くなります。

まず、寝ホンになりえないワイヤレスイヤホンとして下図のようなステムタイプのワイヤレスイヤホンはナンセンスですよね(笑)

かといってバッヅ形状なら良いかというと、下図のように耳から大きくはみ出しているタイプは寝返り時に簡単に外れてしまいます。

こちらはソニーのハイエンドモデルであるWF-1000XM5の装着写真です。

やはり寝ホンとしては寝返りをうったり、横に向いたりする際に耳から取れないよう小型化されている必要があるんですよ。

ちなみに、こちらは1MOREが出した初代寝ホンのComfoBudsZの後継機であるComfoBudsMiniを装着した写真。

ComfoBudsMiniは面白い寝ホンで、ANC(アクティブノイズキャンセリング)が搭載されている寝ホンなんです。

なので、屋外の音楽用途にも向いていながら小型化を実現している一台となります。

過去に実機レビューを書いているので興味のある方はご覧ください。
⇒【実機】1MORE『ComfoBudsMini』レビュー♪超小型で装着感・フィット感に感激!『ComfoBudsMini』の評判や『ComfoBudsZ』との違いも比較♪

ComfoBudsMiniはほんのわずかですが、SleepBuds Z30より大きく感じました。

恐らくノイキャンを搭載したりと多用途さを求めてしまってサイズ感が中途半端になってしまったからだと推測しています。

この点、最新作の1MORE SleepBuds Z30は無駄をとにかく省いたスリム・コンパクト筐体が魅力で、フィット感だけでなく軽さ、サイズ感ともに優れています。

例えば、軽さは公称値で片耳2.7g。

薄さは7.5mmと一般的な音楽観賞用イヤホンとは一線を画すレベルです。

1MORE SleepBuds Z30は、寝ホンとしては完成度の高いイヤホンです♪

1MORE SleepBuds Z30にはノイキャンはある?

1MORE SleepBuds Z30にはノイキャン、つまりANC(アクティブノイズキャンセリング)は搭載されていません。

販売ページにはパッシブノイズキャンセリングという言葉が登場しますが、これはいわゆる耳栓効果と言われるものです。

つまり、耳へのフィット感が高いことからくる外音のシャットアウト効果です。

従って、例えば隣で寝ている人のいびきがうるさい…という場合には恐らく完全にはシャットアウト出来ないと思います。

とはいえ、1MORE SleepBuds Z30がないよりはあった方が楽に寝られますよ^^;

一応、パッシブノイズキャンセリング時で28dB相当の減殺効果がありますし、さらに音量を低くしてヒーリング音源をかけておけば、その音も相まって周囲の環境音をある程度はかき消してくれます。

ただ、それ以上の期待は禁物です。

メーカー様より専用クーポンコードを発行頂きました。
下記クーポンコードを注文画面にてご入力ください。
Amazonクーポンコード:1MOREZ3002A

1MORE SleepBuds Z30は寝ホンに特化!

1MORE SleepBuds Z30は寝ホンに特化しています。

過去作には寝ホンの進化系としてANC搭載モデルを出したりしていましたが、あえてANC機能を外してきたところに何か意図があるのではないかと思ってしまいますよね^^;

私の勝手な推測ですが、ANC機能の搭載には筐体内部にスペースが必要で小型化が難しかったから、あえてANC機能を外して最小限サイズのイヤホンにしたというもの。

個人的には寝ているときにイヤホンが外れてしまう方がイヤですし、朝になって外れたイヤホンを探し回るのも面倒なので、極力小型化してくれるのは大歓迎です。

ただ、個人的にはフィット感は強めだと思っていて、この場合、普段のイヤホンのようにパッと取り外すと鼓膜を痛めてしまいかねないので、1MORE SleepBuds Z30を外す際はゆっくり外圧を内部に取り込むように取り外してあげてください。

1MORE SleepBuds Z30の再生時間

1MORE SleepBuds Z30の再生時間は思ったよりも長めでした。

イヤホンの筐体が小さいのでバッテリーもちは悪いのかなと思ったら、最大32時間再生に対応しています。

内訳としては、「音楽モード」時でイヤホン本体が6時間再生、ケース側のバッテリーが18時間ありました。

「落ち着く」モード時のイヤホン側のバッテリーもちも同上となります。

「音楽モード」はサードパーティーアプリによるコンテンツの再生のことを指しています。

そして、「ヒーリングモード」は1MORE MUSIC アプリ内のヒーリングサウンドの再生を指します。

この「音楽モード」と「ヒーリングモード」とで再生時間が変わってきます。

1MORE SleepBuds Z30の口コミ・評判をレビュー♪

1MORE SleepBuds Z30の他の方の口コミや評判を見ておきましょう。

今回、発売して直ぐの実機レビューだったため、外国の方のレビューを参考にさせて頂きました。

【原文(フランス語)】
Très petit et confortable. Le son est de très bonne qualité étant donné la grosseur. On ne peut pas recevoir d’appels avec ces écouteurs car il n’y a pas de micro et c’est parfait comme ça.

【翻訳文】
とても小さくて快適。音質はサイズを考えるととても良い。マイクがないので、このヘッドフォンで通話を受けることはできないが、それは問題ない。
引用元:Amazon1MORE SleepBuds Z30レビューより

最近のワイヤレスイヤホンはノイキャン、外音取込、通話マイクetc.

と多機能なのが売りになっています。

ですが、上記のレビュアーさんが仰る通り、1MORE SleepBuds Z30には通話マイクすらありません。

純粋に音を再生する小さいスピーカーという位置づけのワイヤレスイヤホンということですね。

だからこそ、音質にこだわりがある人が、1MORE SleepBuds Z3で音楽を聴くと「んー」と微妙な顔をされると思いますが、そもそも用途が違うんですよね。

なので、寝る時に入眠しやすくなる、つまりリラックスできる環境音やヒーリングミュージックを聴きたいという方向けのイヤホンになっています。

1MORE SleepBuds Z30はここまで振り切っているからこそ価値があるんです♪

1MORE SleepBuds Z30のレビューと評判♪寝ホンとしての完成度がヤバい!まとめ

今回は1MORE SleepBuds Z30を実機レビューしました。

1MORE SleepBuds Z30は必要最小限の音再生のみをもったイヤホンのため、最小サイズ、さらにはフィット感、軽量さを実現しています。

ここに中途半端に機能を足していくとイヤホンの筐体が大きくなりかねないので、このくらい音の再生特化に振り切った点は評価されるべきポイントです。

プリセットで環境音も収録されていますし、最近では環境音を買ったりもできるのでお好みの、換言すると自分が寝やすいなと思える自然音を探してみてください。

この音を探すのもまた楽しみの一つと言えます♪

メーカー様より専用クーポンコードを発行頂きました。
下記クーポンコードを注文画面にてご入力ください。
Amazonクーポンコード:1MOREZ3002A
シェアしよ♪ガジェット編集部
この記事を書いた人
ガジェットからパソコンまで幅広く扱うガジェットブログ、『シェアしよ♪』編集部。当編集部では、実機を扱ったレビューから企業の調査まで幅広く対応。時には海外のサイトを調査したり、海外エージェントとやり取りをして情報を取得することも。役立つガジェットから面白いガジェットまで何でも取り上げます♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次