JEMTCはぼったくりって本当?官公庁パソコン譲渡会は中国人がやってるのか評判をレビュー♪

自宅に『JEMTC』という一般社団法人からパソコン有償譲渡会のお知らせが来たことはありませんか?

私のところにも先日来ましたし、少し前は実際に行ってみようかとも思っていました。

ですが、パソコンの知識が付いた今、改めて見たところ、結構な金額で販売されているんですよね。

今回は、JEMTCが販売しているノートパソコンはぼったくりレベルなのか?

また、官公庁で使っていたパソコンの譲渡会は中国人がやっているのか?

これらの評判をまとめました。

目次

JEMTCはぼったくりって本当?


JEMTCがぼったくっているかは、言葉のレトリックにすぎませんが、こちらの記事でスペック比較をしたところ、かなり低スペックのモデルを他社比2万円ほど上乗せしている事が分かりました。
JEMTCのパソコンはひどい?JEMTCが良かったという人もいるかもだからJEMTCの評判をレビュー♪

改めて、JEMTCが投函してきたチラシに乗っているパソコンのスペックを見てみましょう。

こちらがチラシに掲載されていた一番の目玉商品らしきノートパソコンのスペックです。

OS:Windows10
CPU:未記載
メモリ:4GB
ストレージ:120GB~(HDD、SSDいずれか不明)
サイズ:15.6インチ
販売価格:28,600円

CPUが書かれていないという、ちょっと意味不明な広告でした。

もし、パソコンに詳しくない方がみたとしても、CPUが書いていないことにすら気が付かないでしょう。

また、メモリも4GBと現状買ってはいけないノートパソコンと呼べるスペックです。

ストレージもHDDなのかSSDなのか書かれていなかったので不明です。

それでいて、販売価格28,600円というのは、そもそも高いかどうか判断するのが難しいのですが、あえてCPUを書かなかったということは性能の低いCPUである可能性があります。

次の目玉商品も確認しておきましょう。

OS:Windows10
CPU:Core i3(世代不明)
メモリ:4GB
ストレージ:SSD120GB~
サイズ:15.6インチ
販売価格:41,800円(税込み)

こちらは、CPUにCore i3と書いてありますが、世代が一切書いてありません。

CPUの世代はとても大切な情報で、例えば、私が10年ちょっと前に買った第二世代のCore i7と、少し前の型落ちモデルである第10世代のCore i7とでは、性能差が3・4倍違ってきます(この性能比はデスクトップモデルですが、ノートパソコンにも妥当します)。

つまり、パソコンを買う時は必ず第何世代のCPUを積んでいるのかが分からないと、怖くて買えないというのがパソコンを知っている人の一般常識なんですね。

もし、パソコンにあまり詳しくないという方は、下記2記事をご覧下さい。

買ってはいけないノートパソコン!初心者が買いがちなハズレノートパソコンまとめ

【最新】初心者向けノートパソコンの選び方-属性・目的別-

この2記事でどういうパソコンを買えば良いのかが大体掴めると思います。

JEMTCのパソコンスペックと相場観


さて、引用したこちらの構成ですが、中古相場としては3万円台で買えてもおかしくないレベルで、もっと安い業者でセール時に買えば2万円台前半でも買える価格です。

OS:Windows10
CPU:Core i3(世代不明)
メモリ:4GB
ストレージ:SSD120GB~
サイズ:15.6インチ
販売価格:41,800円(税込み)

というか、これよりスペックアップした中古ノートパソコンが2万円台前半で買えることを考えると、市場相場の倍の価格で販売している事になります。

JEMTCによれば手厚いサポートや人件費に当てるため、この価格帯にせざるを得ないというような記事を見かけました。

それを含めてもこの価格で買ってはいけません。

そもそも、営利を追求している株式会社などが半額で販売して利益を出しつつサポートまでしていることを考えると、本当にこの価格設定が妥当なのかも疑わしくなってきます。

中古ショップで買うのとJEMTCで買うのどっちがおススメ?

それでは、手厚いサポートがあるとされているJEMTCと中古ショップ、どっちで買うのがおすすめなのでしょうか。

私は、JEMTCのサポートがどのようなものか知りません。

JEMTCのチラシによれば「機器2年間保証付」とあるので、一見すると壊れても2年間は交換してくれるのかと思います。

この点は分からないのですが、こういうのは大抵、有償修理に持ち込まれたりして結局無償交換すらしてもらえない事もあります。

また、中古ノートパソコンの性質上、いつ壊れてもおかしくありません。

これは中古である以上、仕方のないことです。

では、企業がやっている中古PCショップはどうなのかというと、大抵30日間の保証期間があります。

その期間に自然故障してしまった場合は交換や返金に応じてくれるというものです。

30日という短い期間に設定されているのは、中古ノートパソコンだからです。

これが、新品のノートパソコンであれば1年保証などを付けてくれるのですが、中古という性質上30日が限界なのでしょう。

このサポートだけを比べるとJEMTCの方が良さそうに見えますが、そのサポートもどこまで手厚いかが定かではありません。

従って、私なら通常相場の中古PCショップで買います。

そもそも、JEMTCが取り扱っているノートパソコンのスペックが低すぎて、いくらサポートが手厚くても買えません。

JEMTCはぼったくりと言われてもしょうがない

JEMTCの中古ノートパソコンはスペックと中古市場の販売価格とを合わせて考えると、言葉を選ばなければ、ぼったくりといわれても仕方のないお値段で販売されています。

後ほどご紹介する中古PCショップは関西電力グループが運営しているしっかりしているストアですが、こちらならスペックも申し分なく、適正価格で中古ノートパソコンを買えます。

また、本記事末尾にAmazonで販売されている中古ノートパソコンへのリンクも掲載しておきますね。

JEMTCや官公庁パソコン譲渡会の評判をレビュー

JEMTCの開催している官公庁で使われたノートパソコンの譲渡会の評判、というか、実際に参加された方の感想は上々のようです。

ただ、これにはカラクリというか、盲点があって、そこで中古ノートパソコンを買われた方々は、ほぼパソコン知識のない方が多いんです。

つまり、比較対象となる価格設定が分からない状況で買っているから、お買い得に思えてしまっているという状況です。

そりゃ、評判は良くなりますよね。

ただ、現実的に他社の中古ノートパソコンの相場を知ってしまった方は、後々、後悔しているようですよ。

したがって、私個人としてもJEMTCから中古ノートパソコンを買うのはおススメしません。

ちなみに、官公庁が使っていた中古ノートパソコンを販売していることを売りにしていますが、これはデメリットになります。

官公庁が3~5年もの間、ノートパソコンを酷使したということは、それだけ劣化が進んでいるということです。

通常、パソコンの耐用年数は5年程度と言われています。

もちろん、私の使っているメインのゲーミングPCのように3年程度でガタが来てしまうハズレ個体もあれば、実家で親が使っているパソコンのように10年以上壊れずに使えているパソコンもあります。

つまり、これは当たりハズレの問題ではあるのですが、仮に5年経過した中古ノートパソコンを市場価格の倍のお値段で買うこと自体、本来ならおかしな話なんですよね。

経年劣化を考えると半値以下にして頂かないと釣り合いません。

で、官公庁と言えば聞こえは良いですが、データの読み書きを頻繁にしているはずです。

そうするとストレージへの負荷もそれなりのものとなり、いずれ新品へと交換しなければなりません。

そうしないと壊れるからです。

通常の中古PCショップの場合、ストレージを新品に交換してから販売してくれるのですが、JEMTCが新品に交換してくれるかどうかは、チラシからは読み取れませんでした。

私なら、そんなパソコンは怖くて買えません。

JEMTCや官公庁パソコン譲渡会は中国人がやってるって本当?

JEMTC主催のパソコン譲渡会で中国人の人が担当スタッフとして働いていたそうです。

ただ、これは日本語の達者な中国人を雇っていたにすぎず、他の譲渡会では日本人スタッフがやっていたと考えられます。

つまり、たまたま中国人の方が担当されていた譲渡会に足を運んでしまい、そこで不信感が生まれてしまったのでしょう。

JEMTC自体、一般社団法人ということで、行政の認可が下りている組織ですし、代表理事も日本人であることから、その辺は気にされなくて良いと思います。

JEMTCパソコン譲渡会2023はいつ頃開催?

JEMTCパソコン譲渡会2023はいつ頃開催するのでしょうか。

中には気になるから行ってみたいという方もいらっしゃると思います。

この点、東京、神奈川といった都市部では毎月とまではいきませんが、1・2ヶ月に1回以上のペースで開催されているようです。

例えば、2022年の高知県で開催された譲渡会は、
・2月
・11月
この二回の開催だけでした。

神奈川県では、
・4月
・11月
・12月
の3回でした。

やはり東京の開催頻度が多いようですね。

官公庁へのリースノートパソコンを回収、メンテナンスしてから譲渡会で販売することを考えると、ノートパソコンの入れ替えシーズンから少しして、各地域の譲渡会が行われていると考えて良さそうです。

JEMTCで買うのちょっと待って!優良中古ストアもあるよ

さて、JEMTCで中古ノートパソコンを買おうと思っていた方にはちょっと待って!
といいたくなります。

というのも、JEMTCが販売しているノートパソコンがかなり割高であることや、同額でより性能の良い中古ノートパソコン、もしくは、より少額で性能の良い中古ノートパソコンを買える可能性があるからです。

品質面でおススメできる優良中古ストア

私が現状唯一おススメできると思える中古ノートパソコンのオンラインストアは、関西電力グループが運営しているPC-NEXTというオンラインショップです。
⇒中古パソコンの『PC next』公式サイトはこちら

親会社が関西電力ということもあって、下手な商売をして関西電力の信用に傷をつけようものなら、下手をしたらグループ企業から売却されてしまいかねません。

ということは、下手な商売ができないということです。

そのため、PC-NEXTでは、良質で性能の高めな中古ノートパソコンを適正価格で販売しています。

人気機種は若干お高めな傾向があるものの、それ以外は3万円台前半からしっかりした性能の中古ノートパソコンを買えます。

一度、ストアを覗いてみてください。
⇒中古パソコンの『PC next』公式サイトはこちら

JEMTCはぼったくりって本当?官公庁パソコン譲渡会は中国人がやってるのか評判をレビュー♪まとめ

今回は、JEMTCがぼったくりといえる販売をしているのかどうか。

また、パソコン譲渡会は中国人がやっているのかどうか、評判も含めてご紹介しました。

結論、JEMTCの販売している中古ノートPCの価格は割高です。

市場相場の1.5倍から2倍近くします。

それでいて、スペックが高いのかというと、低いスペックです。

さらにサポートがいくら手厚かろうとも、スペックが低ければ何の意味もありません。

したがって、JEMTCからは中古ノートパソコンなどは買わない方が良いです。

Amazonの人気のある中古パソコンショップから買っても良いと思います。

もし、Amazonから買う際は、必ずAmazonプライム会員になっておきましょう。

Amazonプライム会員になっておくメリットが大きいからです。

ただ、デメリットも一応あるので、こちらの記事でデメリット部分も確認してみてください。
アマゾンプライム会員はひどいって本当?アマゾンプライム会員歴10年以上の私がひどいと言われる理由を解説

中古パソコンショップで優良なのは関西電力グループが運営している、PC-NEXTというショップです。

良かったら、こちらからPC-NEXTのラインナップを見てみてください。

⇒中古パソコンの『PC next』公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次