【実機】エレコム『TK-ARMA50BK』を使った感想|口コミや評判、評価からレビュー

キーボード

今現在、自宅のメインキーボードとして活躍してくれているエレコムの『TK-ARMA50BK』。

なんどか2000円前後の静音キーボードと繰り返し使ってたんですが、結局打鍵感に惹かれて『TK-ARMA50BK』を愛用しています。

そこで、『TK-ARMA50BK』を使い倒した私が、『TK-ARMA50BK』の使用感をレビュー♪

特徴や静音性、そして、口コミや評判、評価もレビューしていきます♪

エレコム『TK-ARMA50BK』の使用感・レビュー

開封時のデータが残ってなかったので、いきなり使用感からレビューしますね(笑

キーストローク2.6mmなので平均値以内ではありますが、かなり軽いタッチで入力が可能です。

キーストロークはかなり浅いといっても良いですね。

アクティブポイントが1.5mmなので、これが浅いという印象を与えているのでしょう。

私は上図のようにLEDなしで使ってます(笑

ゲームよりも記事の執筆作業に主に使っているのですが、アクチュエ―ションポイントが浅いため、素早い打鍵が可能です。

ただ、『TK-ARMA50BK』は軸がオレンジなんですが、どちらかというと青軸に近いメカニカルキーボードで、打鍵した瞬間にカチッとタイプライターに似た音が出るようになっています。

そのため、うるさい(笑

扉を隔てて寝ている家族にも『朝からキーボードがうるさい』と苦情を言われるします。

多少は私の打鍵音が強いことも影響していますが、カチカチ音が嫌な方は絶対に使ってはいけません。

反対に、打鍵感をもとめてカチッという音を欲している方にはおススメできるキーボードといえます。

専用ソフトウェアをインストールすることで、キーのカスタマイズができるのでゲーマー向きに作られています。

また、LEDも専用ソフトウェアでON/OFFが可能だったかと思います。

長らくOFFにしたままだったので忘れてしまいました^^;

たしか、LEDをオンにしたままだと、PCをスリープモードにしていても発光しちゃうんです。

そうすると、仮眠取る時なんかまぶしくて・・・私はゲームといってもたまにWOTという戦車のゲームをするくらいですし、LEDは特に興味ない派なので消してしまいました^^;

私が『TK-ARMA50BK』を購入したときは、ドスパラで13000円くらいだったんですが、今はアマゾンで黒が8000円程度、白なら4000円台で買えます。

正直なところ、1万円以上出して『TK-ARMA50BK』を買うか?
と聞かれると、答えはノーですね。

ですが、4000~8000円ならどう?
と聞かれれば、そのくらいなら買っても良いかもと思います。

また、個体によって当たりハズレが多少なりあるようで、私の個体は、やたらキーへの反応が強い(ちょっと触れただけで入力される)キーと、普通のキーの差が激しい箇所がありました。

普通に使っている分には特段気にはなりませんが、たまに打ち間違えるとイラっとします^^;

また、キーピッチは19.0mmと平均なのですが、隣接しているキーとのスキマは3mmしかありません。

そのためタイピングしていると、良く誤って隣のキーも打ち込んでいたりするので、その点はちょっと不満ですね^^;

エレコム『TK-ARMA50BK』の口コミや評判・評価

アマゾンでのエレコム『TK-ARMA50BK』の評価数は54件と少なめでした。

総評価は3.8とまあまあといったところ。

評価の内訳は以下の通りでした。
★★★★★・・・42%
★★★★・・・・26%
★★★・・・・・13%
★★・・・・・・13%
★・・・・・・・6%

こちらは、高評価をつけた方のレビューです♪

PCゲーマーです。YAM〇DA電気に足を運んだ時に展示してあったこれを触って一目惚れ。
持ち合わせがなかったので、家路につきAmazonで購入。商品が届いていざ開封&使用。
赤色バックライトが22パターンあって綺麗ですが、青や白も選べたら最高でした。
打鍵感と音は心地いいですが大きめです。
キーピッチはほとんど繋がっており、キーストロークもすぐ認識してしまうので、慣れてない人が使うと打ち間違いが多発するかと思います。
チルトスタンドを立てかけるとキーボードがグラつく…別途キーボードスタンドを購入しました。
この手の物はこういう商品が届くこともあると思っておくべきです。
引用元:アマゾン『TK-ARMA50BK』レビューより

バックライトの色は残念ながら選べませんね^^;

その代わり配色パターンが多いので、気分に応じてパターンを変えることが出来ます♪

キーピッチというか、隣接するキーとの間隔がなさすぎて未だにミスタイプを連発します。

今まで、安いキーボード(オーソドックスなタイプ)に慣れていたということもあって、最初は特に打ち間違いが多かったです。

反面、ゲームをやる時は決まったキーしか操作しないので、キー同士の狭さが有利に働くかなという印象ではありました。

ただ、記事執筆のために、あえてこのキーボードを選ぶのはどうかなという印象。

キーストロークが浅めに感じるのと、打鍵感も悪くなく、カチカチという音が好きな方ははまるキーボードです。

こちらのレビュアーさんはチルトスタンドに不具合があったようですが、私の『TK-ARMA50BK』には一切不具合はありませんでした。

エレコム『TK-ARMA50BK』の性能(スペック)

こちらが、『TK-ARMA50BK』の主なスペックです。

■インターフェイス:USB
■コネクタ形状:USB(A)オス
■対応機種:USBポートを装備したWindows OS搭載機
■対応OS:Windows 10、Windows 8.1、Windows 7 ※各OSの最新バージョンへのアップデートや、サービスパックのインストールが必要になる場合があります。
■カラー:ブラック
■キータイプ:薄型メカニカル
■キー配列:日本語107キー
■キーピッチ:19.0mm
■キーストローク:2.6mm
■電源方式:USBバスパワー
■ケーブル長:約2.0m
■外形寸法:幅448.0mm×奥行138.5mm×高さ24.6mm(スタンド含まず)/幅448.0mm×奥行138.5mm×高さ34.8mm(スタンド時)
■サイズ分類:フル
■質量:約668g ※ケーブル含まず
■付属品:ユーザーズマニュアル×1
■保証期間:2年
参照元:アマゾン『TK-ARMA50BK』レビューより

地味に重いのも気になるところです^^;

気分でキーボードを使い分けたくても、少々重めなので動かすのが面倒になってそのまま使い続けてしまいます。

ただ、個人的には無線接続ではなくUSB接続な点に惹かれました♪

エレコム『TK-ARMA50BK』は静か?

エレコム『TK-ARMA50BK』の音ははっきり言ってうるさいです。

使っている本人は好きで使っているのでカチカチという音も気にならないと思います。

ですが、周囲にいる方からすると「なんでタイプライターみたいな音がするの?」というレベルで気になってしまいます。

ですので、静音性を求めている方はエレコム『TK-ARMA50BK』はやめておいた方が無難です。

エレコム『TK-ARMA50BK』は会社で使って迷惑にならない?

エレコム『TK-ARMA50BK』はどんなに静かにタイピングしてもカチカチなってしまう性質上、会社のような共有スペースでの使用は控えましょう。

とてもうるさく感じられ迷惑がられるのがオチです。

それよりも、より静音性のあるモデルを選ぶのが吉です。

エレコム『TK-ARMA50BK』を使った感想|口コミや評判、評価からレビューまとめ

カチカチというタイプライターのような音にこだわりたい方には向いている一台でした。

反面、静音性に気を使っている方には向かないキーボードです。

ただ、打鍵感やキーストロークの浅さから打ち心地は良いと感じました。

タイトルとURLをコピーしました