『HUAWEI Watch FIT Elegant』の評判・口コミをレビュー♪『HUAWEI Watch FIT Elegant』は映えるスマートウォッチ♪

スマートウォッチ

スマートウォッチは沢山の種類が出ていて、どれを購入するのが良いか迷ってしまいますよね。

まずはデザインに重点を置くか、欲しい機能に重点を置くかが重要です。

今回は、沢山のスマートウォッチを持っている私が、『HUAWEI Watch FIT Elegant』の評判・口コミをレビューします♪

また、『HUAWEI Watch FIT Elegant』の主な性能や特徴・魅力をご紹介します♪

【実機】Amazfit『GTR3 Pro』レビュー♪『GTR3 Pro』の使用感や口コミ・評判も一緒にレビュー♪
私の気に入っている『Amazfit』というスマートウォッチブランドがあります。 昨年末、『Zepp Health Corporation』が出している『Amazfit』から新作の『GTR3 Pro』が発売されたのですが、この度、実機レビューをさせていただく機会に恵まれました♪ そこで、開封から使用感、各種機能の性能を実際に使って試してみました♪

『HUAWEI Watch FIT Elegant』の口コミ・評判をレビュー♪

『HUAWEI Watch FIT Elegant』はアマゾンでも売れ筋のスマートウォッチなんです♪

本記事執筆時点におけるアマゾンでの評価数は690件とまあまあな数が集まっていました。

総評価は4.3と流石、ファーウェイというだけのことはあります。

評価の内訳は以下の通りでした。

★★★★★・・・54%
★★★★・・・・30%
★★★・・・・・9%
★★・・・・・・3%
★・・・・・・・4%

『HUAWEI Watch FIT Elegant』の残念な口コミ

こちらは『HUAWEI Watch FIT Elegant』に低評価を付けられた方のレビューです。

iPhoneユーザーです。ディフォルトのウォッチフェイスがとにかく美しく気に入っています。ただ3点ほど残念な点があります。
①バイブレーションが弱い。ウォッチ側で「なし」「弱」「強」を選択できますが、「強」にしても意識をしないと分からないレベルです。
②通知機能が曖昧。LINEなどの通知が来たり来なかったり、基準が全く分かりません。
③ベルトが外れ易い。本体のプラスチック製の留め具の強度が弱く外れ易く落ちることがあります。
上記3点だけで評価するならば、Amazonさんで4,000円前後で売られている商品の方が間違いないと思います。
引用元:アマゾン『HUAWEI Watch FIT Elegant』レビューより

こちらのレビュアーさんは星3を付けた方でした。

レビューにあるバイブレーション機能の弱さは、本機の特徴なのかもしれません。

この点は、かなり個人差がありますが、あまり強すぎても驚いてしまって嫌だという方もいます。

また、バイブ機能が強いと机に置いてるだけでも『ブーブー』と結構な音がして不快です。

他方で、バイブ機能が弱すぎても『気づけない』こととなり、スマホと『HUAWEI Watch FIT Elegant』を連動させているメリットがないということになります。

私個人としては、電話の着信のみスマートウォッチに転送してもらえれば良いという考えなので、バイブは弱くても大丈夫なんですね。

だって、弱い振動でも数秒間なってれば違和感に気づけますから。

反対に、メールなどの通知も欲しいという方には、ちょっと物足りないのかもしれません。

二点目の通知機能の曖昧さは初期不良なのか、iPhoneやLineとの相性の問題なのか分かりませんね。

相性の問題であれば、lineと連携させたい方にとってはやめておいた方が良いスマートウォッチということになります。

ですが、lineと連携させるのはおまけ程度にしか考えていないのであれば、この点を過度に気にする必要はありません。

最後のベルトが外れやすい点についても、初期不良なのかどうなのか判定しづらいところではありますが、おそらく留め具部分の弱い個体に当たってしまったのでしょう。

その意味では初期不良的なものだった可能性もあります。

ベルトについては、『HUAWEI Watch FIT Elegant』のベルト込みで好きなのであれば交換の手配などをすべきですが、反対に『HUAWEI Watch FIT Elegant』に対応している交換用ベルトが販売されていれば、そちらを購入して交換してしまうのも手です。

最後に、こちらのレビュアーさんが指摘されている『Amazonさんで4,000円前後で売られている商品~』という部分についてですが、この価格帯のスマートウォッチはメーカーの規模の小さいところが販売していたりします。

そのため、個体の当たりハズレの差が結構出てしまいます。

その点、ファーウェイなど大手メーカーが作っている場合には、社内での審査基準が高いと思われるので、小規模メーカーよりもしっかりしたものが届く可能性が高いんですね。

ようはハズレを引く確率が下がるということです。

なので、ファーウェイやシャオミ、Amazfitといった大手のスマートウォッチを選ぶ方が良いですよ♪

『HUAWEI Watch FIT Elegant』の良い口コミ

こちらは『HUAWEI Watch FIT Elegant』に高評価をつけた方のレビューです。

Apple watch6との比較で購入しました。HUAWEI製品の質感は評価できると思っていますが、このElegantもしっかりしていてセンスの良さを感じます。装着感と軽さも良いです。機能については観察中ですが、血中酸素濃度の連続測定は注目しているところです。これからしばらくソフトの機能を見たいと思います。Apple Watch6が結構重いということを改めて感じました。バッテリーの持ち期間も興味のあるところです。いまのところ、かなりやるねという印象です。値段の安さも良です。1万円以下の製品を4つほど購入しましたが、本体の品質とソフトとの連携、メーカーの対応との総合的評価ではApple Watchと比較できるレベルにあると思います。
引用元:アマゾン『HUAWEI Watch FIT Elegant』レビューより

こちらのレビュアーさんは星4でした。

血中酸素濃度はコロナになってから注目されるポイントになりましたが、これはあくまでもスマートウォッチの機能です。

医療用ではないという点には注意が必要です。

本機には、一般的なスマートウォッチの機能が組み込まれているので、この価格帯にしてこの機能性ならば十分すぎます。

あとは、普段身につけるものなので軽量なのは注目すべき点ですね^^

androidスマホとペアリングしています。
Line、メール(outlookアプリを使用)、各アプリの通知の本文確認ができ、先頭200文字くらいまで表示されます。通知が来ると短く振動するのでスマホを開かず手元で確認し、大事な通知のみスマホで見るようになりました。このスタイルは本当に快適です。電話着信時も画面に名前が出ます。電話が鳴っている限りスマートウォッチも振動し続けてくれます。

また、自分の活動量がわかるのも便利です。自分が毎日どれだけ歩いていないか気付かされました。睡眠時間もとても参考になります。

負担にならない重さと大きさです。充電時と入浴時に手首とスマートウォッチを洗う時以外常に装着していますが苦になることはありません。睡眠時も全く問題ありません。ただ、どの時計もそうですが、夏場汗をかくとどうしても気になりますのでその時は外してハンカチで拭いています。

満足度が高く、買ってよかったと思っています。バンドが肌に合うようなら、大変おすすめです。
引用元:アマゾン『HUAWEI Watch FIT Elegant』レビューより

こちらのレビュアーさんは星5を付けた方です。

スマートウォッチを身につける一番の利点は、スマホと連動させることでメールや電話の着信を教えてくれる点にあると思っています。

先ほどのiPhoneの方とは違い、こちらのレビュアーさんはandroidと連携させていますが、通知はしっかり来ているようですね。

通常、メールが着信したらスマホを取り出して内容を確認します。

ですが、スマートウォッチとメールを連動させると、スマートウォッチにもメールの着信が届くんですね。

そして、液晶画面の大きめなモデルであれば、冒頭の100~200文字程度を確認することが出来るんです。

ということは、一々スマホを取り出す手間が省けるということです。

メールの中には直ぐに返信しなければならないものと、そうでないものがありますよね。

直ぐに返事する必要性のないメールでも、着信した段階では分からないわけですからスマホを取り出して確認しなければなりません。

スマートウォッチとメールを連動させた方は、これが実はかなりの手間だったことに気づかされますよ^^;

最後の、汗をかいてしまうという点は、私も課題の一つだなと感じています。

ただ、これは腕時計全般に言えることなので、半分しょうがないと思っています。

この点については、より通気性の良いタイプのベルトと交換するという方法が考えられます。

『HUAWEI Watch FIT Elegant』の主な性能

こちらが『HUAWEI Watch FIT Elegant』の主な性能です。


材質:ステンレススチール
サイズ:約30x46x10.7mm
重さ:約21g(本体部分のみ)
ディスプレイ:1.64インチAMOLED(有機EL)
血中酸素レベル測定:可
防水:5ATM
トレーニングモード数:96

引用元:アマゾン『HUAWEI Watch FIT Elegant』より

『HUAWEI Watch FIT Elegant』の特徴・魅力

ここからは、『HUAWEI Watch FIT Elegant』の特徴・魅力をご紹介していきます♪

見やすい1.64インチのスクエア型の画面

HUAWEI Watch FIT Elegantの本体自体はコンパクトサイズですが、ディスプレイ占有率が70%で1.64インチの大画面を有しています。形状は縦長のスクエア型を採用しています。

縦長であることにより、運動をしたり、作業をしたりする際の手首の動きの妨げになりにくい点が特徴です♪

スマートウォッチには正方形のディスプレイのものや、とても細長いタイプのものなどがありますが、スクエア型はこれらの良いとこどりと考えられますね♪

運動などで激しく動く機会が多く、日常やお仕事でも使いたいという、色んな場面での使用を考えている方に向いているスマートウォッチといえます。

最長10日間もつバッテリー

スマートウォッチの弱点のとして充電の面倒くささが挙げられます。

例えばApple watch series7だと一晩の充電でのバッテリー持続時間は約18時間です。

HUAWEI Watch FIT Elegantはフル充電で約10日間バッテリーが持続します。

なお、10日間の使用は心拍数モニタリングを有効にして1日24時間着用、睡眠時にHUAWEI TruSleepを有効にして、毎週60分のワークアウト(GPSを有効にして)、メッセージ通知を有効にして(SMSメッセージ50通、通話6回、アラーム3回/日)、画面は1日500回オンという条件の中でテストが行われていますので、おおよそ普通に使用してバッテリーが10日間持続するということですね^^

また急速充電技術により、5分間の充電で1日の使用ができます。

なお検証テストはファーウェイラボのテストの結果によるものですので、使用状況により多少バッテリーの持続時間は異なりますが、とにかくすぐに充電ができるということには変わりなく便利です。

うっかり充電するのを忘れていて使えないという状況から解放されますよ。

カスタマイズ可能なウォッチフェイス

6種類のウォッチフェイスから、その日の気分や用途に合わせてウォッチフェイスを選ぶことができます♪

色んな情報が一目で確認できる機能的なものから、スタイリッシュなものやカジュアルなデザインのものまで一通りありますので、お仕事やプライベート等様々な場所で利用することができます。

と、いっても一々ウォッチフェイスを変えるのが面倒という方は、一つお気に入りを見つけたらそのまま使い続ければ良いですし、気が変わったらウォッチフェイスを検索してみる、ということもできます。

気分転換に良いですね^^

便利なメッセージ通知機能もあり♪

メッセージ通知機能がついているのでLINEやSMSやメールアプリなど各種アプリからの通知を受け取ることができます♪

スマホをカバンの中に入れていたり、作業中においてもメッセージの通知を見逃しにくくなります。

また運転中やお仕事中でスマホを見ることができない場面でもすぐにメッセージを確認することができます。

中には会議に忙殺されている方もいらっしゃると思います。

その中で、一々スマホを取り出して確認するようでは怪訝な目で見られかねません。

サボっているのかと思われてしまうかもしれないということです。

ですが、スマートウォッチであれば腕時計をチェックするだけでメールの内容を簡単に確認できるので、急ぎかどうか判別がついて便利です。

こういった用途からスマートウォッチを着けている方もいらっしゃるんですよ。

カラーはオシャレな2種類

カラーはミッドナイトブラックとフロスティホワイトの2種類です。

フロスティホワイトは少しグレー味がかかった白色でエレガントさがあり、普段着にはもちろんスタイリッシュな服にも似合うカラーです。

個人的にはとてもかわいいカラーだと思いました。

ミッドナイトブラックは黒色が基調となっており、シルバーの金具が映えていてとてもカッコいいカラーです。

こちらも普段着はもちろんスーツなどにもよく似合うカラーリングです。

老若男女問わずどんな服装にも似合うスマートウォッチですね♪

本体は21gと軽量♪

21gという重量はスマートウォッチの中でもかなり軽い方です。

腕時計は一日中、あるいはスマートウォッチなので睡眠中もつけるという人が多いでしょう。

なので軽いに越したことはありません。

AppleWatchですと軽いものでも約30gほどです。

また、中にはアクティブなスポーツタイプのモデルで50g近くあるモデルもあるんですね。

その中で約21gという軽量さを実現している点は凄いと思います。

軽量ですので運動や作業の妨げになることがありませんし、時計が苦手な人にも優しいですね。

血中酸素濃度も測定できる

血中酸素濃度を計測できる「パルスオキシメーター」という医療機器とは異なりますが、簡易的な血中酸素濃度を測定することができます。

新型コロナウイルスの感染が拡大していて、健康により一層気を使っている人が多いですよね。

また新型コロナウイルス感染拡大においてだけでなく、忙しい中で、自分の健康状態を気に掛ける機会があまりないという人にもおすすめです。

ちょっとした変化に気づくことが大切ですので、手軽に健康管理ができるのはいいですね。

ただし、前述した通り医療機器とは異なり測定できるのは簡易的な値なので、病気などの診断、治療、予防の目的に使おうとは思わないでくださいね。

スマートウォッチで測れるのはあくまで参考値です。

日常生活にありがたい5ATM防水

5ATM防水とは水深50メートルで10分間の浸水に耐えることができるということを表しています。

なので、手を洗ったり、家事をしたりなどの日常使用において一々スマートウォッチを外す必要がなく、また故障の心配もなく利用できます。

また、運動時は汗をかくので防水機能のないスマートウォッチだと汗で故障してしまうことがあります。

その点HUAWEI Watch FIT Elegantは防水機能が付いているので運動時にも安心して利用できますよ。

96のトレーニングモードに対応

トレーニングモードが搭載されていて、ヨガや水泳など96種類のアクティビティごとに心拍数・カロリー・ワークアウトの持続時間が記録できます。

また96種類のうちランニングや水泳やサイクリングなどの11種類のアクティビティでは上記に加え、さらに専門的なデータを記録することができます。

さらに11種類のうち6種類はトレーニングを始めた際に自動で認識し、記録してくれます。

96種類の中には球技を始め、釣りなど幅広い様々なスポーツがありますので、色んな場面で記録を残すことができます。

そして筋力トレーニングやストレッチの動画44種類がスマートウォッチ内に内臓されているので、トレーニングのやり方がよくわからない人でも動画を探す手間なく、気軽にトレーニングをすることができるので健康維持に役立ちます♪

『HUAWEI Watch FIT Elegant』の評判・口コミをレビュー♪『HUAWEI Watch FIT Elegant』は映えるスマートウォッチ♪まとめ

今回は、映えるスマートウォッチということで、ファーウェイの『HUAWEI Watch FIT Elegant』をご紹介しました♪

口コミや評判も上々ですし、デザインもエレガントさが際立っていたので普段使いに向いています。

価格帯も低価格と買いやすいモデルなので、スマートウォッチの入門モデルという位置付けのスマートウォッチでした。

ちなみに、同じエレガントなスマートウォッチに『GTR3 Pro』というものがあります。

こちらで実機レビューを書いているので、デザインが良いなと思われた方は読んでみて下さい♪

【実機】Amazfit『GTR3 Pro』レビュー♪『GTR3 Pro』の使用感や口コミ・評判も一緒にレビュー♪
私の気に入っている『Amazfit』というスマートウォッチブランドがあります。 昨年末、『Zepp Health Corporation』が出している『Amazfit』から新作の『GTR3 Pro』が発売されたのですが、この度、実機レビューをさせていただく機会に恵まれました♪ そこで、開封から使用感、各種機能の性能を実際に使って試してみました♪
タイトルとURLをコピーしました