【実機】PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』レビューと評判♪極薄・軽量・堅牢・オシャレと四拍子揃ったiPadケース♪

アップル製品(非純正含む)
スポンサーリンク

PITAKAのカーボン風アラミド繊維ケースはとても魅力的です。

軽くて堅牢でiPadをしっかり守ってくれる。

それでいてオシャレなiPadケースといえばPITAKAがピッタリだと感じています。

今回、メーカー様よりiPad Air『MagEZ Case2』を頂いたので、率直な感想をレビューしていきます。

「iPadのケースなんて、iPadを保護できれば良いでしょ!」

と、軽く考えていましたが、機能性やデザイン性で強く惹かれたのが何を隠そうPITAKAシリーズでした♪
↓iPad Air向け↓

↓iPad Pro向け↓


【実機】PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の開封とレビュー(感想)♪

まずはPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の開封とセッティングを見ていきましょう。

その後、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の機能や感想を綴ります。

まず、こちらがPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の外装表面です♪

化粧箱はシンプルとしか言えない質素なものでした。

これは、PITAKAが環境に配慮しているメーカーであることと関係していると思います。

こちらがPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の外装裏面です。

ケースを開けるとPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』が入っていました♪

やはり、デザイン性ではとても優れていると感じてしまいます。

ちなみに、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』には緩衝材としてiPadの形をしたスポンジが入っていました。

こちらがPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の説明書です。

英語と中国語だけなので分かりにくいかもしれませんが直感でも理解できるイラスト付きです♪

動画でもセッティング方法が解説されているので、イラストだけでは分からない方は動画も見てみましょう。

こちらは私が撮影したPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』のちょっとした紹介動画です。

編集ミスったのか音がありませんね・・・。

ちなみに、裏面中央にPITAKAのロゴの入った正方形のマグネットが装着されています。

これは別記事でご紹介する『PITAKA MagEZ Stand(for iPad Air第五世代)』というスタンド用のマグネットです。

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』のみで利用する場合には下図の通りまっさらな状態なのでご安心ください。

で、このままPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の同梱物一式の紹介に移ります。

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』同梱物一式
・PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』本体
・設置説明書
・PITAKA他製品の紹介ペーパー

こちらがPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の内側部分。

このPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』中央部分にはマグネットが内蔵されており、私のように別途マグネットをつけなくとも、PITAKA純正スタンドにくっつけられます。

そういえば、磁石のお陰でスケールに引っ付いてました(笑

気づこうよ、私(笑

先にテストしてからマグネットを貼り付ければ良かったかな^^;

マグネットは別売りのスタンドの方に付属してきます。

この強力マグネットのお陰でスタンドに設置しても落ちないため、私はつけて良かったと思っています。

こちらがPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の下部にあるロゴです。

さり気なくロゴが入っているところに好感をもちました。

こちらがPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の背面の全体像。

これもアラミド繊維で出来ていますが、見た目はカーボン風という一見してオシャレなデザインが特徴的です。

で、このPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』はめちゃくちゃ軽いんですよ。

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』は実測値で85.8gしかありません。

以前まで私が使っていた『ESR』というメーカーの保護ケースだと、ケースだけで200g超します。

iPad Airの重さと合わせたら700g近くしてしまって、片手でもつのが若干しんどくなるんですね。

その点、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』ならiPad Air(第五世代)に装着しても実測値562.6gと500g台を維持できます。

タブレットは物理的に重いというだけで使いにくくなります。

下手をすると、それだけで使わなくなる可能性があるので、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』のような軽さと堅牢さを兼ね備えたiPadケースは貴重な存在です。

こちらが、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』と今回はめ込むiPad Air第五世代です♪

iPadのデザイン自体もオシャレですけど、やっぱり素のまま持ち歩くのはちょっと怖いですよね(汗

さて、それでは簡単に画像解説ということでセットするところを説明していきますね。

といっても、セットは簡単で・・・

はめる、押し込むの二段階で終了です^^;

画面が汚いのは保護フィルムを一度剥がしてしまったから。なので気にしないでください^^;

こちらが、iPad Air 第五世代にPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』を装着したところです。

右側面が出ているのはApple純正のMagic Keyboardに装着できるようにするためのアイディアです。

このため、Magic Keyboardを装着する際、一々PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』を外す必要がなくなりました。

私は残念ながらMagic Keyboardを持っていないので恩恵には与れませんが、Magic Keyboardを持っている人からしたらかなり利便性が良いですよね♪

そして、反対側の側面にはApple Pencilを装着し、ちゃんと充電までできます。

ただ、非純正品だと充電までできないタイプがあるようなので、その点はご注意下さい。

そもそも非純正品は純正品とは違うという点を理解して使ってくださいね。
↓iPad Air向け↓

↓iPad Pro向け↓

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の各種機能

ここからはPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の各種機能や性質について解説します♪

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』はとにかく軽い

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』はとにかく軽いのが特徴。

PITAKAのプレス向け製品発表会に参加したときのことは今でも忘れられません。

『PITAKA』はどこの国の会社?『PITAKA』の評判は?『PITAKA』のプレス発表会に参加♪という記事で当時のことを書いています。

『PITAKA』はどこの国の会社?『PITAKA』の評判は?『PITAKA』のプレス発表会に参加♪
アップル製品のカバーなど、オシャレなiPhone・iPadケースは多いですよね。 中でも、私が最近注目しているのが『PITAKA』というメーカーです。 『PITAKA』ではiPhoneやiPadの保護ケース、さらには最新モデルiPhone14のケースまで販売されています。 正直、ちょっと価格帯を攻めている高級志向なメーカーさんなんですが、それに見合った満足感、デザインをされているのが特徴です。 今回、『PITAKA』のプレス向け製品発表会に参加させていただいたので簡単にシェアさせていただきます♪ まずは『PITAKA』がどこの国の会社なのか? こちらを冒頭でお伝えし、どこで買えるのか? さらに、『PITAKA iPhone 13 Pro ケース MagEZ Case 2』の製品を例に『PITAKA』の評判をレビューします♪

何に驚いたかというと、iPhone14シリーズのPITAKAケースを手に持ったんです。

そしたら羽根のように軽く驚いてしまいました。

え、こんなに軽く、しかも薄くて堅牢性も確保しているスタイリッシュなスマホケースは見たことない!!

と思ったんですね。

それが、実はiPad向けにもあったと知れば、その期待値はググっと上がりますよね。

iPad airの大きさとの対比でスマホケースほどの軽さは実現できませんでしたが、他社と比べるとその驚異的な軽さに驚きます^^;

実際に、iPad Air第五世代に装着して使っていますが、重さを感じさせない程の軽さです。

しかも、デザインが綺麗なのが一番嬉しいかな。

軽さを追求している方にはPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』をお勧めしたくなります^^

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』は堅牢

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』は堅牢です。

というか、アラミド繊維自体知らなかったのですが、ここまで硬質化できるものなのですね。

こちらの動画でも、少し押し曲げてみたりしましたがびくともせず。

また、装着感もズレ落ちるということもなくしっかりと装着出来ました♪

ただ、magic keyboardを装着する側面が空いているデザインで、私のようにmagic keyboardは使わないよという方にとっては若干不安も残るかと思います。

なので、私は自宅内で使う場合はPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』のみで使っています。

ですが、外出時に持って行く際には別のソフトカバーをPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の上から覆いかぶせて持って行くようにしています。

こんなイメージ。

これは単純に、移動時の圧迫などからiPadを守りたいというだけで、ノートパソコンを持ち歩く際にソフトケースに入れるような感覚で使っています。

そもそも、iPadってそんなにやわじゃないですけどね(笑

ただ、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』は極薄設計なので、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』を装着したまま、他のソフトケースにはめることができたのは意外な誤算でした。

特に、私の使っていたESRというメーカーのは磁石でくっつくタイプなので、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』のマグネットと相性抜群でした(笑

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』は機能性が高い

多くのiPadカバーは装着してしまうとiPad本来の機能性が損なわれてしまいます。

例えば、先ほど私が使っていたと書いたESRというカバーはソフトケースのような感じになっています。

こちらがESRのケース。

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』とはデザインの方向性が全く違うので、どっちが良いという話は出来ません。

ちなみに、このESRの中のiPadにはPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』を装着したままESRのケースをつけています。

これがどういう事かというと・・・それだけPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』が薄いということなんです^^

ESRのケースをつけたままではmagic keyboardはつけられないでしょう。

ESRの場合、幸いにもApple pencilは装着可能です。

もしESRケースでmagic keyboardを使おうとしたら…ESRケースを一度外してからmagic keyboardを装着することになります。

それって面倒。

だからPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』のmagic keyboard接地面は開けられているのです。

ね、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』は機能性が高いでしょ♪
↓iPad Air向け↓

↓iPad Pro向け↓

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』に更に保護カバーをかけるのもあり

今度は逆に、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』を装着したままESRケースのような保護ケースをつけるメリットを考えてみましょう。

上掲の写真がまさにPITAKAをつけた上にESR保護ケースを装着しています。

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』はハードケースなので背面と側面、そしてフロント部分はPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の側面が少し出っ張ることで守られるような形になっています。

そうすると、万が一iPadを地面に落とした際に、石などの突起物がぶつかったら画面が破損する可能性があります。

これはiPhoneなどのスマホでも同じようなことが起こり得ますよね。

また、同じような事がカバンの中で起こらないとも限りません。

例えば、iPadをカバンにしまっていたところ、お財布の留め具部分が画面に強く当たり、画面が壊れてしまった、なんて事態は容易に想定できます(iPadを外側にしまうだけで、この問題は回避可能です)。

そんなときに、外出専用アイテムとしてPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』+ESR保護ケースを使うというのはありなんじゃないかと思っています。

ノートパソコンを持ち歩く際にはフカフカのケースに入れて持ち歩きますよね。

それと発想は一緒です。
ノートパソコン用のケースでは重いのでESRを使っているといった所でしょうか。

そもそも、傷つけないから大丈夫と思っている方は、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』だけで十分です。

ですが、心配性な方はPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』+αの装備をしても良いと思いますよ^^

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』のデザイン性

個人的にPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の一番の推しポイントはアラミド繊維によるデザイン性です。

iPad Airのデザインは現状選択の余地はありませんが、iPhoneバージョンは選択の余地があって良いなと思っています。

こちらはiPhone14 Pro用の『PITAKA MagEZ Case 3 600D』なんですが、向かって左側が織物感のある素敵なデザインになっています。

他には、このようにブルータイプもあります(これがiPhone13だったか14だったか覚えてません”汗)

青も綺麗ですよね♪

こちらはiPhone13 Pro用の『MagEZ Case 2』です。

iPhoneのシリーズによってはデザインを選べないので、この点はAmazon・楽天のPITAKA公式ストアで確認してみてください。
⇒Amazon PITAKA公式ストアはこちら
⇒楽天市場PITAKA公式ストアはこちら♪

私はPITAKAのこのデザインセンスに惚れました。

iPad Airの場合、現状はカーボン風のブラック一色なので、是非、iPad向けにも2・3種類のカラーバリエーションを出してほしいと思います。

ま、このカーボン風ブラックも落ち着いていて出来る大人感があって好きですけどね♪

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』×MagEZ Standで完璧

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』はPITAKAが出しているiPad用スタンドと組み合わせると最強です。

それがMagEZ Standというスタンドで、こちらの写真の物です。

これはMagEZ Standの背面から撮影した写真です。

MagEZ Standの詳細なレビューは別記事に譲ります(完成したらリンクを張りますね)。

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』×MagEZ Standの組み合わせはパソコンのような使い方が出来てしまうんですよ。

特に今はBluetoothで何でも接続できてしまう時代です。

この辺も別記事で詳細を語るのでここでは深く触れませんが、PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』×MagEZ Standがあれば、もうパソコンはいらないかもしれませんね^^;

パソコン好きとして、それはそれでショックではありますが、Apple好き、iPad好きにとっては最強の一手です^^

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』のアラミド繊維って何?

念のためにPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』に使われているアラミド繊維が何なのか確認しておきましょう。

通常、軽くて丈夫な素材といえばカーボンファイバー(炭素繊維)を思い浮かべると思います。

私もPITAKAシリーズを見てカーボンファイバーを想像したのですが、実際はカーボン風でした(笑

デザイン的にはアラミド繊維を全面に出しても良いとも思いますし、カーボン風にして落ち着いたデザインにするのもありだと感じています。

この意外と知られていないアラミド繊維というのは1960年代に登場した合成繊維の一つなんですね。

特徴としては、高強度でありながら軽量さを実現。この点はカーボンファイバーに似ています。

そのため、光ケーブルの補強材として使われたり、まさかの防弾チョッキの一部にも使われているとか。

さらに特徴的なのが鉄などと違って繊維質なので錆びないこと。

耐水性や耐熱性もあることから、実は使われてるところでは結構使われている素材なんです。

それから構造物にも使われいて、山間に出てくる片側が吹き抜けているトンネル(ロックシェッドというらしいです)にも使われているとか。

なぜ、ロックシェッドに使われているのかというと、単に耐久性が高いといった理由だけでなく、衝撃の吸収力にも優れているからなんです。

あと、面白いのがアラミド繊維は電気を通さないのに電波は通します(笑

とても都合の良い合成繊維であることから様々な場所で使われている物の、今までスマートフォンやタブレットのケースとして使おうと考えたメーカーがあったでしょうか。

この着眼点がPITAKAの優れている点です。
↓iPad Air向け↓

↓iPad Pro向け↓

PITAKAのApple関連製品の魅力

さらに、PITAKAのApple関連製品の魅力は単にアラミド繊維を使ったオシャレなiPhone、iPadケースを開発したわけではない、というところにあります。

PITAKAからは、Apple製品を通して生活の質を向上させようという意思を強く感じます。

何故かというと、PITAKA製品でApple関連製品をかためると、ものすごく利便性が向上するからです。

ここからは想像力を豊かにしてお読みください^^

さて、まずは小さいものから見ていきましょう。

まず、PITAKAのiPhoneケース。

PITAKAではiPhoneケースの裏側に装着できるマグネット式のカードケース(MagEZ Card Sleeve 3)も販売されています。

それをMagEZ Case 3 600Dの背面に装着します。

このカードケースにはクレジットカードを一枚入れておきます。

そしてiPhoneにはSuicaかPASMOを落としておきましょう。

もうこれだけ持って家を出れば基本的な交通・飲食・お買い物の決済が出来てしまいます。

たまに交通系ICカード非対応の店舗があるので、保険としてクレジットカードをもって行くというイメージですね^^

でも、これだけでは仕事になりません。

さすがにiPhoneで書類作成をするわけにはいきませんし・・・

そこで登場するのがiPadです。

iPad Air第五世代もiPad Proもここ数年で性能が大幅に強化されて、もはやタブレット型パソコンといって良い性能になってしまいました。

なんなら動画編集までできるので外でクリエイティブな活動まで出来ます。

さて、そこで、私の場合で恐縮ですが、私はiPad Air第五世代を持っています。

このiPad Air第五世代を裸のまま持つなんて怖くて出来ません。

そこで、iPad Air第五世代にMagEZ Case2を装着します。

こちらが装着した後ですね^^

これだけなら他のiPadケースと何ら代わりありませんが、外で仕事をするとなるとキーボードが必要です。

Apple信者を自負する方ならmagic keyboardは持っているでしょう。

ですが、magic keyboardのデメリットはiPadケースから外さないと基本接続が出来ないという点。

実は私はmagic keyboardを持っていないのでこの点は体感できなかったのですが、毎回iPadケースから外してmagic keyboardに接続するのは面倒ですよね。

喫茶店で作業するたびに、iPadケースをつけては取り外して・・・

面倒すぎます!!

ところが、PITAKAのケースMagEZ Case2なら一々取り外すことなくmagic keyboardと接続することができます。

MagEZ Case2を装着したままでも、magic keyboardからの充電もできるので、PITAKAにくるまれたiPhoneとiPadを持って行くだけで仕事が出来てしまうという手軽さ。

ミニマリストにはたまりません。

かくいう私はミニマリストではありませんが^^;

さらに、iMacやMacbookをお持ちなら、iPad Pro、Airがそのままサブディスプレイにもなるので、自宅の仕事効率をあげられます。

PITAKAからは他にもApple watch用の保護ケースやバンド、さらにはAirPods Caseもあるので、PITAKA一色に染め上げて統一感を出すことも出来ます。

ここまでApple製品で満たされるなら、生活の質が一気に上がると思いませんか^^?

まずはiPhoneケースやiPadケースからPITAKAにしてみて、気に入ったらスタンドや他のアイテムを揃えていくのが無難です^^
↓iPad Air向け↓

↓iPad Pro向け↓

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の評判・口コミをレビュー

ここでPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の評判を確認しておきましょう♪

Air4とmagic keyboard、それから他社のソフトケースを同時に購入してから無性に使いずらくてたまりませんでした。 理由は一つ、ソフトカバーの脱着が毎度必要だったからです。 keyboardが余計だったかなと悩んだりもしました。 MagEZ Case2を知ってから再販まで結構待ってようやく購入できました。 「やっぱりコレだわ…。」と!
お陰様で充実したiPad生活を楽しんでおる今日この頃です。
引用元:AmazonPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』レビューより

私はmagic keyboardを使ってませんが、magic keyboardとの接続のさいにiPadケースを脱着させるのが面倒だというのは良く聞く話です。

たしかに、私の使っていたESRというメーカーのものも、iPadケースを一度外さないと、おそらくmagic keyboardと接続できない点を考えるとやっぱり面倒ですよね。

可能ならiPadケースの脱着をせずにシームレスにmagic keyboardに接続したいものです。

それを可能にしたのがPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』。

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』はmagic keyboardの接続面だけ保護ケースのカバーリングが行われていません。

なので、この部分だけは防御力という意味では少々弱くなってしまうので、その点は否めないんですが、総合的な使い勝手としては他社ケースを上回っています。

実際、magic keyboardを使われている方からの評判はものすごく高いのが印象的でした。

手触りが良く、iPad本体の一部が見えるというデザインも良いと思います。
PITAKAから発売中のMagEZ Standを使用するなら、マストアイテムです。
PCライクに、MacBookのサブディスプレイにといろいろと使えるようになりますよ。
引用元:AmazonPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』レビューより

PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』×MagEZ Standの併用で、こちらのレビュアーさんが仰るPCライクな使い方が出来ます♪

MagEZ Standについてのレビューは別記事に譲ります。

ノートパソコンの画面ってやっぱり小さいですよね。

何か作業をするにももう少し画面が大きければなと常々思っていました。

特に、デスクトップPCで作業をしてからノートPCを使うと画面の小ささに疲れすら感じます。

ですが、MacbookとiPadならiPadをサブディスプレイ化できますよね♪

そこに、こんな感じでiPadのサブディスプレイがあったら便利です♪

PITAKAの製品群は一つで完結せず、複数種類使うことで真価を発揮する作りになっています。

もちろん、一つ一つの製品品質も良いのですが、複数を併用した時の効率性は素晴らしいです♪
↓iPad Air向け↓

↓iPad Pro向け↓

PITAKAってどんなメーカー?

いまさらではありますが、まだPITAKAがどんなメーカーなのかをいまいち理解できない、という方向けにPITAKAがどんなメーカーなのか簡単にご紹介しますね。

PITAKAは中国深圳の会社です。
⇒PITAKA会社概要はこちら

About Us
PITAKAは独特の素材とシンプルなデザインを通じて、並外れたスマートデバイスアクセサリーとワイヤレス充電器を設計しています。 PITAKAの全ての製品は、お客様に唯一無二で革新的な機能を提供するとともに、シンプルなユーザー・エクスペリエンスを目指しております。 MagEZシリーズというマグネット・エコシステムから最新...

Amazonを見ていると三流と呼ばれる中華メーカーが多くあります。

三流メーカーの特徴としては
・日本向け公式サイトがない
・製品品質が悪い(初期不良が多いなど)
・理念がない

こんな特徴があります。

この点をPITAKAと比べると、PITAKAは
・日本向けサイトをしっかり作り込んでいる
・製品の品質は上・最上級といっても良いハイクラス
・理念がしっかりとある

つまり、一流メーカー並みの気質を持った企業なんです。

特に私が注目しているのが2つのエコシステム。

一つが、PITAKA製品で完結する使い勝手の良いエコ。

今回の例でいうと、
・PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』
というケースだけで完結することなく、
・MagEZ Stand
というスタンドと簡単に接続させてディスプレイにすることができるのが一例です。

これをPITAKAの社内ではエコシステムと呼んでいるそうで、完結に定義するならiPadやその関連製品をシームレスに繋げて利便性の向上を図れるシステム(不要なアイテムが出てこない点でエコ)でしょうか。

この発想が好きで私はPITAKAを好きになりました。

また、PITAKAの第二のエコは文字通り環境に配慮した製造プロセスを持っていることです。

例えば、PITAKAのiPadケースが何らかの形で出荷できなかったとします。

通常なら廃棄処分するところですが、PITAKAの場合はそれを分解し再構築してスマホケースにリサイクルします。

今度、スマホケースが同じ状態になれば、スマホケースよりも小さいパーツに分解・再構築し、なるべく捨てるパーツを少なくする取り組みを行っています。

このように、PITAKAの理念の中には2つのエコシステムを感じ取ることができます。

環境配慮型社会が強く求められる中、日本企業は二の足を踏んでいるように見えますが、PITAKAは前進している所がカッコ良いと感じているんですね^^

技術力も高めているそうなので、今後の新製品も楽しみなメーカーですよ♪

【実機】PITAKA iPad Air『MagEZ Case2』レビュー♪極薄・軽量・堅牢・オシャレと四拍子揃ったiPadケース♪まとめ

今回はPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』の実機をレビューしました♪

まずPITAKA iPad Air『MagEZ Case2』を持ったときの軽さに驚愕(笑

さらに薄すぎて驚愕(笑

それでいて堅牢性もあり、magic keyboardを使う際にも取り外さなくて良い利便性・機能性の良さを兼ね備えている万能iPadケースでした。

機能性だけでなくデザインも落ち着いていてクールな印象を受けるのでハマる人が増えるかも^^

PITAKA関連製品でApple製品を囲ってあげるとQOL爆上がり必死です^^
↓iPad Air向け↓

↓iPad Pro向け↓

↓iPhone用スリーブケース↓

↓iPhone14 Pro用ケース↓

タイトルとURLをコピーしました