TECLASTはどこの国のメーカー?タブレットの評価は悪い?良い?

ガジェット
スポンサーリンク

TECLASTはどこの国のメーカー(会社)なのでしょうか?
アマゾンや楽天で売れているタブレットの評価は悪いのでしょうか。

タブレット好きな私がTECLASTのタブレット製品を徹底的に調査しました♪

アマゾンや楽天で人気の商品ラインナップも一つ一つ検証しています。
自分買い用、プレゼント用の1台として最適かどうかの参考になれば幸いです♪

TECLASTはどこの国のメーカー(会社)?中国メーカ?


タブレットを購入する前提として中国製は嫌だという方もいらっしゃると思います。

反対に、安くて使えれば中国製でもOKという方もいらっしゃいます。

この点、アマゾンや楽天で人気のある『TECLAST』というブランドを出しているのは、中国企業です。
アマゾンの販売ページに下記の記載があります。

販売業者:Guangzhou TianXiang Computer Co.,Ltd
お問い合わせ先電話番号:+86 181 2425 9341
住所:
1st Building,No.5,Mubeidong Road,Tianhe District
Guangzhou
Guangdong
510000
CN
運営責任者名:Sun Qing An
店舗名:Teclast Authorized Store
引用元:https://www.amazon.co.jp/sp?_encoding=UTF8&asin=&isAmazonFulfilled=1&isCBA=&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&orderID=&protocol=current&seller=AFNQ6HZX0XYG6&sshmPath=

こちらはTECLASTの正規販売店とのこと。

お問い合わせメールのドメイン『~@sk1999.com』と、TECLASTの公式HP(中国語⇒https://www.teclast.com/en/)に記載されているドメイン名が一致していました。

TECLAST本社とアマゾン記載の正規販売店の会社所在地が違うことから、正規代理店として海外輸出むけの別会社(グループ会社)を作っている印象を受けました。

上記のTECLAST公式HPを見ると、TECLASTが大きなIT企業であることも分かりますよ。
オフィスがめっちゃ広い^^;

TECLASTの取り扱っている主な商品

TECLASTでは主にタブレット端末、タブレットPC(2 in 1)、ノートPC、その他デジタルデバイス(SSDなど)を売っています。

HPに製造工場の写真を載せているので自社工場まで持っているように感じられました。

TECLASTのタブレットの評価は悪いの?良いの?

TECLASTの評価はアマゾンで平均星4、楽天のストアだと7.000件以上のレビューがって星4.16と高評価です。

アマゾンはTECLASTの正規販売店が売っていますが、楽天ではTECLASTのタブレットを下ろしてタブレット専門店が販売しています。

TECLASTに関してはアマゾンよりも楽天の方が人気があるんですよ。

最新モデルでは4G LTEにも対応していて、この『P20HD』の評価が高かったです。

念のために低評価レビュー(星1・2)も確認しましたが、やはり初期不良品にあたった方々のレビューでした。

結論としては、初期不良品はあるものの、性能面とコストを考えるとコスパが非常に高いタブレットでした。

TECLASTランキング人気機種3選


ここではアマゾンや楽天のランキングを参考に、TECLASTタブレットの人気機種3つをレビューとともにご紹介します♪
製品ラインナップはもっとあるのですが、本当におススメできるのはこの3機だけでした^^

TECLAST P10SE(旧X10)アンドロイド10搭載

楽天市場のランキングで上位をとっている機種です(以下、記事執筆時点でのランキングや評価です)。

こちらのストアさんは岐阜の会社でタブレットを専門に扱っているストアさんでした。

このストアだけのレビューで7.000件以上の高評価レビューがあり、初期不良には交換対応もしてくれるのでおススメ度はナンバー1♪

普通にWi-Fiにつないでタブレットとして使いたい方向けの1台です。

性能は下記の通りです。

型番:P10SE
CPU:UNISOC(Spreadtrum) SC7731E 1.3GHz クアッドコア
OS:アンドロイド10.0
メモリー:2GBRAM
ストレージ:32GBROM(システム領域含む)
液晶サイズ:10.1インチ
解像度:1280×800(IPS)
カメラ:フロント(30万画素)、リア(200万画素)
タッチパネル:静電式
スピーカー:内蔵
マイク:内蔵
無線:IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth:対応
GPS:衛星 GPS対応
Wi-Fi GPSと衛星GPSの区別:Wi-Fi GPSとは、Wi-Fiの環境で現在地を確認できる機能。衛星GPSとは、Wi-Fiの環境がなくて内部のGPSモジュールで現在地を確認できる機能「地図ソフト必要」。
Gセンサー:4辺回転
I/Oポート:Type-Cポート、SDスロット、イヤホンミニジャック、内蔵スピーカー、マイク
SIMサイズ:通常SIM
バッテリー:5000mAh
本体サイズ:約242.0 x 162.0 x 9.3 mm
本体重量:約520g
材質:金属背面メタル
言語:日本語含めマルチ言語
付属品:USB(Type-C)ケーブル1本
引用元:楽天市場TECLAST 10SEより

楽天での販売価格は12.480円なので、性能としてお値段以上といった感じです。
10.1インチなのも画面が大きくて便利ですよ♪

CPUに関しては、最近の主流はオクタコア(コアが8つ)なのですが、こちらはクアッドコア(コアが4つ)なので、その分、値段を低く抑えることができています。

ネット閲覧や動画視聴といった趣味に使う分には4コアで十分ですし、お子さんにプレゼントするという場合にもプレゼントのしやすいお値段でおススメです^^

TECLAST P10SE(旧X10)の口コミ・レビュー

TECLAST P10SE(旧X10)の口コミ・レビューです♪

引用元:70手前の両親に頼まれ、主にYouTube視聴を目的としてタブレットを探しておりました。いろいろなサイトを見ましたが、保護フィルムや専用ケース等をお得に同時購入できる点が決め手となり、こちらに決めました。別で探すのは手間や不安があったので、一気に一式揃ってとても助かりました。また、レビューの多さも安心感がありました。
ケースはレビュー投稿でプレゼントしていただけるとのことでしたが、傷んでしまった時のことも考え、+1000円の専用ケースも購入。本体の白色を隠さないスタイリッシュなデザインで、とても気に入りました。
また、付属で1本充電ケーブルもついてくるとのことでしたが、1mでは短いかもと思い、2mのケーブルも購入。こちらは傷みにくい加工が施されているタイプで丈夫そうです。付属品は一般的な白色、追加購入の方は鮮やかなパープルでした。
ACアダプタも念のため購入しましたが、こちらは黒色でしたので、色の統一感はあまりありません。ただ、お安く販売していただいてるのでこちらはそれほど気になりませんでした。
保護フィルムは迷いましたが、複数見た”最初から貼ってあった”というレビューを信じ、追加はせず。確かにしっかりと貼って下さっていました。ペラペラの簡易シートというわけでもなく、このまま使えそうです。
肝心の本体ですが、白を基調とした上品なデザインで、とても気に入りました。本体裏面や箱、説明書等にはやはり中国語のような表記がありますが、覚悟の上でしたので問題ありません。カバーをつけると隠れるので、気にならなくなりました。また、日本語の説明書もついておりましたが、見なくても全然問題なく設定できました。大手キャリアのような大量の余計なアプリは一切入っておらず、快適です。充電済み、起動当初からホーム画面でしたので初期設定をしてくださっているのだと思います。しかしやや不安だったので一応最初にオールリセットをかけてから使い始めました。
自分用でiPad Proを持っていますが、こちらのタブレットは本体サイズはiPadより小さくコンパクトなのに、YouTubeの画面サイズは変わらず(iPadは上下に黒い余白ができる)、嬉しいです。
スタイリッシュでコンパクト、必要品も一気に揃えられ、発送も迅速丁寧、動作も今のところ問題なし。このサービスでこのお値段、とても有り難いです^^
引用元:楽天市場 TECLAST 10SEレビューより

この『TECLAST 10SE』の機種の購入にあたっては、普段ならアマゾンの方がお得なのですが、日本の販売店がしっかり対応してくれるので、楽天で買うことをおススメします(このストアさんなら、オリジナルの日本語説明書付♪)。

TECLAST P20HD(オクタコアCPU搭載!)

TECLAST P20HDはアマゾンランキングでも上位に食い込んでいる人気機種です♪

16.900円しますが、コアが8つあるオクタコアを搭載していて使いやすいタブレット。
パソコンと同じでコア数が増えれば動作がサクサク快適になります。

CPUの性能が上がる分、お値段も上がってしまいますが、それでもまだこの価格というのが凄いんです。
性能は下記の通り。

製品サイズ:24.3 x 16.3 x 0.93 cm; 531 g
カラー:グレー
Standing screen display size:10.1 インチ
解像度:1920×1200
解像度:1080p Full HD Pixels
CPUブランド:UNICSOC
CPUタイプ:ARM Cortex A5
CPU速度:1.6 GHz
プロセッサ数:8
RAM容量:4 GB
メモリタイプ:DDR3 SDRAM
HDD容量:64 GB
ハードディスク種類:EMMC 5.1
HDDインターフェース:USB
グラフィックアクセラレータ:IMG 8322
グラフィックカード種類:IMG 8322
VRAMタイプ:DDR3 SDRAM
通信形式:Bluetooth, Wi-Fi, GPS
前方カメラ解像度:2 MP
OS:Android 10.0
商品の重量:531 g
参照元:アマゾンTECLAST P20HDより

TECLAST P20HDはコア数が8つ(オクタコア)のCPU、ARM Cortex A5を搭載しています。

そのため、上記の『10SE』より動作は軽くなります。
メモリも4GB搭載しているので『10SE(2GB搭載)』より快適に使えますよ♪

最近はモバイルノートでもLTEタイプが人気ありますが、TECLAST P20HDにもLTEがあるのでWi-Fi環境がなくてもネット接続できるのが魅力です。

この価格帯のタブレットはP20HDも含めてゲームはできないと思ってください。

荒野行動などはカクついて無理というレビューや、設定を最低まで下げれば多少は・・・というレビューもあったので、マインクラフトぐらいならできるかもと思われます。

ゲームメインのためなら、より上位のモデルを買わなければなりませんが、WEB閲覧、動画視聴、文章の作成(仕事のサブ機)なら値段以上の性能を発揮してくれます。

デメリットをあげるなら、タブレットなのに重さが500gあることくらいでしょうか。

軽いモバイルノートでも1㎏切ったらすごい!
という状況なので、私なら500gでも十分です^^

TECLAST P20HDの口コミ・レビュー

TECLAST P20HDの口コミ・レビューです♪

【2020最新Android10.0 タブレット】TECLAST P20HD タブレット 10.1インチ 4GB 64GB 8コアCPU 4G LTE SIM タブレットPC 1920*1200 IPS ディスプレイ Type-C+Bluetooth 5.0+GPS+デュアルWiFi+6000mAh+TF拡張
TECLAST

外でスマホでは難しい見開きでの電子書籍閲覧と、文書確認のために購入しました。4GLTE対応なので外出先でネットに繋がります。
高解像度なので外出先で文書閲覧と訂正・作成が可能です。特にkindleは見開きで閲覧できるので便利でした。

SoCはオクタコアSC9863Aということで、antutu70000ポイント程度。スマホだと「AQUOS Sense2」と同等です。電子書籍や動画視聴、文書作成はとてもかる軽いです。
オフィスアプリを使っていて縦での使用が便利なことに気が付きました。1920×1200ドット解像度を生かした文書作成で使用できます。

ゲームはPUBGモバイルであれば軽量な設定でプレイできました。重いといわれているFFクリスタルクロニクルはカクついて難し買ったです。なのでゲームは重いものは難しいと思ったほうがいいです。

液晶保護フィルムが最初から貼り付けられています。自分で貼るのがいつも面倒なのでこれはポイント高いです。フィルムに1500円出すのは高いので他社も見習って欲しいです。
引用元:アマゾンTECLAST P20HDレビューより

【2020最新Android10.0 タブレット】TECLAST P20HD タブレット 10.1インチ 4GB 64GB 8コアCPU 4G LTE SIM タブレットPC 1920*1200 IPS ディスプレイ Type-C+Bluetooth 5.0+GPS+デュアルWiFi+6000mAh+TF拡張
TECLAST

TECLAST P80h(画面8インチの高コスパ機)

TECLAST P80hは1万円を切るコスパに優れた入門機種です。

性能は後述の通り、値段相応ですが、WEB閲覧や動画視聴、簡単なゲームなら問題なくこなせてしまうモンスター級のタブレット。

私が昔購入したfire kindle7と同じ値段(数年前です)ですが、TECLAST P80hの方がより高性能なんです。

画面サイズは8インチなので、ここで好みが分かれそうですが、画面サイズも小さいため重さも300gとめちゃくちゃ軽いんですよ。

先ほどのP20HDが500gでしたが、これよりもっと軽いんですね。

力のないお子さんにもちょうど良い重さですし、これからタブレットといった電子端末に慣れていってほしい世代へのプレゼントには最適なサイズと価格です。

もし、私自身が使うために買うなら、仕事にも使いたいですし雑誌を読むためにも使いたいので10.1インチ、オクタコア搭載のP20HDを選びますが、動画視聴がメインのお子さん(もちろん大人も^^;)にプレゼントするのには最適です。

製品サイズ:20.8 x 12.4 x 0.93 cm; 312 g
Standing screen display size:8 インチ
解像度:1280×800
解像度:720p HD Ready Pixels
CPUブランド:SC7731E
CPUタイプ:Cortex A7
CPU速度:1.3 GHz
プロセッサ数:4
RAM容量:2 GB
メモリタイプ:DDR3 SDRAM
HDD容量:32 GB
ハードディスク種類:EMMC
HDDインターフェース:USB
グラフィックアクセラレータ:Mali T820
グラフィックカード種類:Mali T820
OS:Android 10.0
商品の重量:312 g
参照元:アマゾンTECLAST P80hより

メモリが2GBというのは大人が使うには心もとないですね^^;
1万円切ってるからしょうがないんですが。

また、ストレージ容量も32GBと少なめなので、SDカードといったストレージ(本機はTF対応機種です)で拡張してあげた方が使い勝手が良くなりますよ^^

TECLAST P80hの口コミ・レビュー

TECLAST P80hの口コミ・レビューがこちら♪

2年ほど前に8.4インチのタブレットを海外のサイトから購入しまして、確か13,000円くらいだったと
思うんですが、その時に購入したのがTeclast T8だったんですよね。値段が値段なのであまり期待
してなかったのですが、これがなかなかの名機でして、4GB RAM 64GB ROM 解像度は2560×1600、
Ogsとか言う聞いたことの無いディスプレイでしたが、発色も充分綺麗で、この値段でこの性能は
素晴らしいと、それからTeclastのファンになりました。

それで、大事に使ってきたものの、ふとした拍子に落としてしまい、本体にヒビが…(泣) 一応このままでも
使えることは使えますが、Android7だし、この機会に同ブランドから出ている8インチのタブレットを購入
しようと思い、こちらの商品をポチってみました。値段が安いので、ちょっと心配でしたが自分の環境では
充分なタブレットです。T8が値段の割にオーバースペックだったので、それと比べてしまえば一段落ちますが
ブラウジング、YouTube、Kindleがメインなので快適に使えています。解像度は1280×800。T8の半分ですが
パッと見では特に見劣りする部分はないですね。ISP液晶なので隅々までよく見えますし、何より軽いです。

まあ値段が安いので、重めのゲームとかは無理なんでしょうけど、コスパで考えればかなり満足度の高い
タブレットだと思います。欲を言えば白が好きなので、ホワイトもラインナップに入れて欲しかったなぁ。
引用元:アマゾンTECLAST P80hより

日本ではTECLASTというメーカーはまだまだ無名メーカーですが、知る人ぞ知るメーカーですね^^

ちなみにゲームについてはこちらの方のレビューが参考になります♪

ゲーム用に購入
まぁ性能的に3D系とか、アニメーションが頻繁なゲームは動きがカクカクします
具体的にはアリスギア〇イギスとか、プリ〇ネとかは動きはモッサリな感じなので、あくまで外出時に少しやる程度で考えた方がいかも
それ以外のアプリゲーは普通にサクサク動きます
発色も結構いいし、軽量で持ちやすいので持ちながらゲームやるには良いタブレットかと
ただ容量が値段相応に少なめなので、気になる人はSDカードを用意するのがいいかも
バッテリーの持ちはまぁ普通なので特に文句はなし、値段で見ればお得かと思います
引用元:アマゾンTECLAST P80hより

TECLASTのタブレットをお得に買う方法

TECLASTは日本ではあまり知られていない新興ブランドです。

ですが、先ほどのレビューにもあったとおり、知ってる人は使っているメーカーでもあります。

特にタブレットは参入しやすいのか、『VANKYO』や『Dragon Touch』といった、こちらも新興ブランドがひしめいています。
この中にTECLASTも含まれますが、性能と値段面では見劣りしていません。

ワンランク上のタブレットならファーウェイに、そのさらに上はアップルといったイメージです。

さて、TECLASTの各タブレットをお得に買うための方法はご存じですか?
最後に、TECLASTをお得に買う方法をお伝えします♪

TECLAST P10SE(旧X10)

まず、最初にご紹介した『TECLAST P10SE(旧X10)』は楽天のこちらのストアで買うのがお値段的にも安心を買うという意味でもお得です。
>>>楽天市場タブレット工房TECLAST 10SE

このタブレット工房で『レビューを書く』を選択して買うと専用ケースがもらえます♪

また、アマゾンでも売られていますが、正規販売代理店ではなくサポートを受けられないおそれがある上、楽天よりも高いのでアマゾンでの購入はおススメできません。

この点、タブレット工房さんは独自の基準で交換対応(返金対応はなし)をしてくれるので安心して購入できるんですよ。
せっかくなら専用ケースを頂きましょう♪

TECLAST P20HDをお得に買う方法

TECLAST P20HDをお得に買う方法はアマゾンでクーポンを適用して購入する方法です♪

TECLAST P20HDの販売画面には、現時点ではありますが『1.000円OFFクーポン』の適用欄が商品名のすぐ下にあるんですね(なくなっていたら終了していることになります)。

これを適用することで15.000円台(税抜き)で買うことができるのでおススメです。
楽天は2万円以上するのでおススメできません。

また、アマゾンチャージを利用して購入することでポイント還元率を上げることもできるので興味がある方はこちらをご覧ください。
>>>おトクに購入できるAmazonチャージはこちら

【2020最新Android10.0 タブレット】TECLAST P20HD タブレット 10.1インチ 4GB 64GB 8コアCPU 4G LTE SIM タブレットPC 1920*1200 IPS ディスプレイ Type-C+Bluetooth 5.0+GPS+デュアルWiFi+6000mAh+TF拡張
TECLAST

TECLAST P80hをお得に買う方法

TECLAST P80hもアマゾンで買うのがおススメです。
楽天では1万円以上してしまいます・・・高い!。

また、TECLAST P20HDと同様、500円OFFクーポンがあるので、こちらを適用することで8.400円での購入が可能です♪
アマゾン派、楽天派が
こちらもアマゾンチャージを活用することでポイントを効率的にためることができますよ♪
>>>おトクに購入できるAmazonチャージはこちら

TECLASTはどこの国のメーカー?タブレットの評価は悪い?良い?まとめ

TECLASTはやっぱり中国メーカーでしたね。

ですが、中国メーカーにしては評価が高いうえ、性能も高く、高コスパタブレットでした。

TECLASTの各タブレットごとに、アマゾンと楽天のどちらで買えばよりお得かもお伝えしました。
おさらいですが、
・TECLAST P10SE(旧X10)は楽天
・TECLAST P20HDはアマゾン
・TECLAST P80hはアマゾン

TECLAST P20HDのオクタコアは是非とも使ってみたいですね。
要購入検討リストに入れておきます♪

↓プレゼント用、自分用に最適な入門モデル♪↓

↓個人的には一番これがおススメな高機能、高コスパ機種です♪↓

【2020最新Android10.0 タブレット】TECLAST P20HD タブレット 10.1インチ 4GB 64GB 8コアCPU 4G LTE SIM タブレットPC 1920*1200 IPS ディスプレイ Type-C+Bluetooth 5.0+GPS+デュアルWiFi+6000mAh+TF拡張
TECLAST

↓お子さんへのプレゼント用に最適な8インチモデルがこちら♪↓

格安タブレットのDragon Touch NotePad 102のレビュー記事がこちら。比較対象にどうぞ♪
>>>【Dragon Touch】NotePad 102レビュー|ドラゴンタッチの口コミや評判はどう?

格安タブレットとしてお馴染みのVANKYO-S30とVANKYO-S20の比較記事がこちらです♪
>>>VANKYO-S30とVANKYO-S20の違いを比較検討!口コミ・レビューから評価・評判も検証♪

タイトルとURLをコピーしました