ロジクールM575SとM570の違いを比較検討!M575Sの口コミ・レビューから評価・評判も検証♪

ガジェット

ノートパソコンにはタッチパット(指でパットに触れるとマウスポインターが動作する操作盤)があり、マウスがなくとも操作ができます。

デスクトップパソコンにはノートパソコンのようなタッチパットはありませんので、マウスが必須アイテムとなりますね。

ここではパソコンの周辺機器の製造販売メーカー「ロジクール」のマウス「M575」と「M570」について性能の違いや特徴についてレビューします♪
※以下ロジクールM575、ロジクールM570と表現しますね。

レビュー掲載については本記事後段をご覧ください♪

ロジクールM575とM570の性能の違い


ロジクールM575とロジクールM570の性能とその違いについては、次の通りです。

ロジクールM575の性能

ロジクール製品としては2010年に発売されたロジクールM570の後継機種になります。

マウス本体の先端部にあるスクロールホイール(Webブラウザなどの画面を上下させる機能)の角度やクリックエリアの見直しに加え、解像度を最大2000dpi(ほんの少しのマウスポインターの移動も「移動した」と認識します)まで調整できるという性能を持っています。

そのほかにUnifying(無線通信)とBluetoothによる接続機能を備え、混雑したワイヤレス環境の中でも接続切れとなりにくい安定接続を実現する性能も持っています。

続いてはロジクールM570の性能についてです。

ロジクールM570の性能

マウス本体を動かすことなく、狭いところでも操作がラクラクのトラックボールを採用した製品です。

マウス本体の先端部左側に付いている「戻る」「進む」ボタンはWebブラウザの操作をラクにするほか、コピーや貼り付けなどの機能割り当てやアプリケーションごとの設定ができるという性能を持っています。

続いてロジクールM575とロジクールM570の性能の違いについてです。

ロジクールM575とM570の性能の違いはどこ?

一見すると、どちらもデザインが若干違うだけのトラックボールマウスに感じますよね。

ですが、違いはデザインだけはないんですよ^^

電池寿命の違い

ロジクールM575:最大24か月
ロジクールM570:最大18か月
※Unifying と呼ばれる無線通信での接続の場合
※Bluetoothによる接続の場合は最大20か月(M575のみ)

センサー解像度の違い

ロジクールM575:最大2000dpiまで調整可能
※オフィスワークのほかWebデザイン編集やゲーミング用として利用できます。

ロジクールM570:540dpi
※パソコン初心者やオフィスワークには最適です。

ワイヤレス機能の違い

ロジクールM575:Unifying対応のアドバンス2.4GHzに加え、Bluetoothによる接続機能の追加により混雑した接続環境の中でも安定接続を実現

ロジクールM570:Unifying対応のアドバンス2.4GHzに無線接続方式により安定した接続を実現

ロジクールM575の特徴をご紹介♪

ロジクールM575の特徴については次の通りです。

親指だけで操作できる利便性

通常のマウスだと腕を動かしてカーソルを目的の位置までもっていかなければなりません。

マウス操作が多ければ多いほど腕に負担がかかってしまうのが従来のマウスの欠点でした。

また、マウスを動かせる分、机にスペースがなければならないという点でも使いにくいと思っていた方もいらっしゃると思います。

ですが、M575は親指で操作できるマウスのため、マウス本体を動かすことなく、トラックボールでマウスポインターを操作できます。

親指だけを動かせば良いので疲れにくいという特徴だけでなく、省スペースでもマウスを使えるというメリットがあります♪

クリックしやすい自然な角度

今では1000円前後でもマウスを購入できますが、この価格帯のマウスは手にフィットするエルゴノミクスデザインでないことの方が多く、毎日マウスを使い続ける方にとってはなんとも不便でした。

とりあえず、手を置いて動かせれば良いやというレベルです。

ですが、ロジクールのM575は手に自然とフィットする傾斜角度がついていますし、スクロールホイールによって指先が自然な位置に置かれます。

自然な手の姿勢が維持できると、無理な負担がかからないので疲れにくくなります♪

手のサイズに左右されないフィット感

通常のマウスだと個人個人の手の大きさによって使いやすいマウスとそうでないマウスに分かれてきました。

ですが、ロジクールM575は手のサイズによって指先の位置が自然にフィットするよう改良されました。

そのため、誰が使っても手に馴染みやすくなっている点がポイントです♪

ボール面が大きくトラッキングがしやすい♪

トラックボールマウスの特徴はボールをなでることでマウスカーソルを移動させられるところにあります。

このトラックボール部分が小さいと何度も親指で回さないといけなくなるので不便です。

M575のトラックボールのサイズは直径35㎜と大きく、精密な動きと摩擦の少ないトラッキングで親指での操作性を向上しているため評判が良いのです♪

トラッキングの精度を上げるセンサー

マウスの解像度というのはあまり意識したことのある方はいないと思います。

私も昔は使えれば良いやくらいにしか思っていませんでした。

ですが、事務仕事だけでなく、オンラインゲームや動画の編集作業などをしていると、安いマウスでは不利、不便な状況が出てきたんですね。

この点、M575は、2000dpiまで解像度を調整できる精密度の高い光学式センサーを搭載しています。

これにより、精確なカーソルの動作と低電力消費を実現しているんです。

高パフォーマンスを出すトラックボールの構造

滑らかなトラックボールの回転

透明な光沢仕上げによる滑らかな回転と柔軟な感触を持っています。

精密で高感知度なカーソルとポインターの動きを実現

精密で高感知度を実現するために高密度粒子による仕上げになっています。

最適なトラックボールの動きを維持

内部中心においてトラックボールの回転速度を維持しながら動作します。

ロジクールM575SとM575GRの違いは何?

ロジクールのM575にはM575GRという種類違いがあります。

M575にはM575GRの違いを調べてみたところ
・商品モデル番号の違い
・マウス本体のカラーの違い
このような違いがありました。

具体的には、
ロジクールM575S:ブラック
ロジクールM575GR:グラファイト(黒に近いダークグレー色)
※グラファイトとは黒煙という意味で、分かりやすく説明すると鉛筆の芯の色になります。

また、保証期間にも違いがありました。
・保証期間の違い
ロジクールM575S:保証期間1年
ロジクールM575GR:保証期間2年

ロジクールM575SとM575OWの違いは何?

さらに、M575SとM5750wの違いについて調べたところ、下記の違いがありました。
・商品モデル番号の違い
・マウス本体のカラーの違い
ロジクールM575S:ブラック
ロジクールM575OW:オフホワイト
※オフホワイトとは黄色や灰色がほんの少し混じっている白色で、目に優しい色です。

・保証期間に違いがあります。
ロジクールM575S:保証期間1年
ロジクールM575OW:保証期間2年

ロジクールM575Sの口コミや評価・評判

ここからは、ロジクールM575Sのレビューを見ていきましょう。

アマゾンでのロジクールM575Sの評価件数は1980件と、多くの方に利用されています。

総評価は4.5とマウスの中ではかなり高い信頼性があります。

評価の内訳は以下の通りです。

★★★★★・・・67%
★★★★・・・・24%
★★★・・・・・5%
★★・・・・・・2%
★・・・・・・・2%

ロジクールM575Sの悪い口コミや評判

こちらは、評価の低かったレビューです。

M570を既に3回リピートしておりトラックボールは必要不可欠の商品として会社と自宅とで使用しているが、今回新商品発売を受けて早々の注文発注したが、変わった点は、外観の一部変更で期待していた性能は、特に変わったところは無いようだ。
わざわざ、買う必要もなかったかと思う。
残念。
引用元:アマゾン『M575S』レビューより

こちらの方のようにトラックボールマウスのヘビーユーザーの多くは、前機種と比較してくれています。

どうやらマイナーチェンジ型のため、性能向上はあまり見込めない、というのがこのレビュアーさんのご意見のようですね^^;

そうすると、M570を買った方が安いのかなと思うと、安さではM575Sの方に軍配が上がります。

どのみち、初心者向きという意味でもM575Sの方が良いです。

ロジクールM575Sの良い口コミや評判

こちらはM575Sに高い評価を付けられた方のレビューです♪

前モデル、M570はマイナーチェンジの際にボール部分の表面処理のグレードが下がり、摩擦抵抗が大きくなったため、前期型と後期型で評価が180度異なるモデルでした。

新型モデルであるM575はボールの表面処理がM570の前期型以上に優れたものになっており、小さな力で非常にスムーズに回転します。

もはや旧モデルであるM570tやSW-M570を購入する意味は全くありません。
新型であるM575はM570とは比較にならないほど優れた操作性を持っています。

大変お勧めできるトラックボールです。
引用元:アマゾン『M575S』レビューより

こちらの方はよりM575Sを推されていますね。

価格的にもM575Sの方が2000円近く安いのでお買い得感はあります。

マウスに5500円出すの!?
と思ってしまう方には不要です。

そう思うのであれば安いマウスで十分でしょう。

より、パソコン操作を快適にしたい。そのためには多少の出費はいとわないという方の中でも、特にトラックボールマウスは初めてで・・・という方向けのマウスです。

長年PCを使用してますが、
トラックボールマウスを使用したのは初めてです。

今まで付属の無線レーザーマウスを使用してましたけど、
最近は軌跡がゆがんだりして
なかなか思った場所に辿り着けなかったりする為、
結構ストレスになっていました。

ところで
こちらのマウスですが、
位置固定で動かす必要が無く、
軌跡にゆがみが無く、
親指で思った場所へ移動できる為、
とても素晴らしいですね。
ただ、
初めてなので
慣れるまで時間は
かかりそうですが…。

気になる点があるとしたら、
日本人の大人男性の手には
ちょっと大き過ぎるかなと思いました。(ボタン全てに届きにくい)
まあ、
私自身、手首の位置固定でマウスに手を乗せる為、
それが原因なのかもしれませんが…。

(追記)
とりあえず、
私と同じように
ボタン全てに届きにくいと思っている人は
リストレストを別途用意すれば、
高さがある分、ボタン全体に指が届くようになりますので、
是非お試しください。(後日、購入しました)
疲労も軽減可能です。

後、
気になった事として、
寒い冬の朝は
センサー部が結露しやすいのか、
トラックボールを動かしても
なかなかカーソルが進まなかったりします。(空回りしている感じ)
一応、
しばらく使用していれば解消するので
問題はありません。
引用元:アマゾン『M575S』レビューより

当たり前の話なのですが、ほとんどの方が普通のマウスを使ってからトラックボールマウスに挑戦します。

そしてトラックボールマウスは普通のマウスとは違い、親指で操作をするという特殊なタイプです。

そうすると、どうしても初めて使うときに拒否反応というか、慣れない物への拒絶反応みたいなのが出てくるんですね。

そこで「使いにくい」と即断してしまうのだけはしないようにしましょう。

というのも、慣れない物をしばらく使っていると、前の時に戻れないくらい使いやすく感じるということがままあります。

トラックボールマウスもしかりで、大体1週間使っているとトラックボールマウスの感覚に慣れてきます。

そこまで来たら、もう従来のマウスには戻れないでしょう^^

ロジクールM575Sはおススメ??

ロジクールM575Sはこのような方におススメです♪

・新しい物好きな方
・机の省スペースでマウス操作をしたい方(トラックボールマウスは腕を動かす必要がないので、スペースはマウスの分だけでOKです♪)
・マウス操作で腕に疲れを感じられる方
・滑らかなカーソル移動を求めている方

ロジクールM575Sの用途はどんなシーン?

ではでは、ロジクールM575Sトラックボールマウスはどういう時に真価を発揮するのでしょうか。

典型的なのは、出先の喫茶店などでPC作業をするとき。
また、デスクが狭くマウスを移動させる余裕がない場合です。

前者の場合、喫茶店の限られたスペースで作業するためには通常マウスは持ち込みません。

ノートパソコンのトラックパッドでマウスカーソルを移動させている方が大半です。
ですが、それだけ面倒で作業効率が落ちるんですよね。

そんな時、トラックボールマウスを持っていけばマウス操作がめちゃくちゃ楽になります。

楽になるということは作業も捗るということです♪

また、ご自宅や職番のPC用デスクが狭い方も同じ理由からトラックボールマウスを使った方が良いですよ♪

ロジクールM575とM570の違いを比較検討!口コミ・レビューから評価・評判も検証♪まとめ

ロジクールM575はロジクールM570の後継機種としてどのような特徴があるのか期待感もありました。

両製品には「5ボタントラックボールマウス仕様」、「1日中使用しても疲れにくい」、「オフィスワークには最適」という共通点を持っています。

またマウス本体に手を置いたときのフィット感はマウスを使用するときの重要なポイントの一つになりますので、ご自身の用途に合っていると思ったら使ってみると新しい発見がありますよ^^

タイトルとURLをコピーしました