【ピクサス】TS8430とTS8330の違いを比較検討!TS8430のレビュー・口コミから評価・評判を検証♪

パソコン関係

プリンター選びでも安さを選ぶか、カラーの色味で選ぶかでどこのメーカーにすべきかが変わってきます。

今回はカラー印刷の得意なピクサスから、新型のTS8430と旧型のTS8330の違いを比較しながら、新型TS8430の性能や特徴をご紹介しますね♪

もし、「ピクサスにしたいけど、どっちの機種にしたら良いのかな?」と迷われているなら参考になさってください♪

【ピクサス】TS8430とTS8330の違いを比較検討


早速、ピクサスTS8430とTS8330の違いを表にまとめたので、チェックしてみましょう。
※基本性能に違いがなかったので基本性能はTS8430をご紹介する際に記載致します。

 TS8430TS8330
スマホプリントの種類QRコードダイレクト接続
CanonPRINT Inkjet
SELPHY
Easy-PhotoPrint Editor
PIXUSトークプリント
Creative Parkアプリ
ネイルシールプリント
AirPrint/Mopria
スマホ写真補正機能
CanonPRINT Inkjet/SELPHY
Easy-PhotoPrint Editor
PIXUSトークプリント
Creative Parkアプリ
ネイルシールプリントAirPrint/Mopria
スマホ写真補正機能
L判フチなし写真のコスト大容量:18.1円(税別)
標準容量:19.4円(税別)
大容量・標準容量:19.4円(税別)
小容量:26.3円(税別)

大きな違いはこの2点です。

まずスマホプリントですが、TS8430にはQRコードダイレクト接続が搭載されているので、煩わしい設定もQRコードを読み込むだけで簡単にできます。

また、コスト面では大容量は1.3円、TS8330の小容量のインクを使った場合だと8.2円も差が出ます。

昔使っていたプリンターにも大容量と通常容量のものがありましたが、インクコストだけでなく交換の手間も省けてかなり楽でした。

長い目で見た時にこの金銭的・時間的コストの差は大きく響いてきますね^^
↓ピクサス新型TS8430↓

↓ピクサス旧型TS8330↓

【ピクサス】TS8430のレビュー・口コミから評価・評判を検証


ピクサスTS8430のレビュー・口コミから評価・評判を検証してみましょう。

まだ発売されたばかりのモデルということもあってレビュー件数は少なめの90件でした。
総評価は星4.0と高評価でした♪

星の内訳は以下の通りです。

★★★★★・・・43%
★★★★・・・・34%
★★★・・・・・7%
★★・・・・・・6%
★・・・・・・・9%
77%の人が星4以上に入れていますが、個人的には星4以上だけで8割を超えてほしかったなという印象です。
ただ、まだ発売して間がないことから、これからレビューも集まってくると思います。

【ピクサス】TS8430の悪いレビュー・口コミ

まずは、ピクサスTS8430の低評価レビューを確認しておきましょう。

プリンター故障したため、買い替え。
全体的にスリムな外観はいいのだけども、うーん…、なんかすぐ壊れそうだな。

操作パネルを毎回開くところから始めないとだし、終わったら閉める…。
開け閉めしているうちに壊れそう…。
印刷後に、キュルキュルなにやら音がするし…、トレイも電源落とすたび、ウィーンと閉まっていくけど…これも、そのうち不具合がでるのでは???と、思わされる。
カセットカバーは、カパカパとれるし…
全体的に耐久性は、期待できなさそう。
レーベル印刷のできるプリンターが欲しかったため、こちらにしたが…価格もいい値段するので、長持ちして欲しいけど、不安材料が多めな印象。
引用元:アマゾン『TS8430』レビューより

このレビュアーさんは故障まではしていないものの壊れそうな雰囲気を感じ取っているようですね。
実際、壊れてしまった(初期不良と思われる)という方もいらっしゃいました。

ある程度の初期不良はしょうがないとしても、外観に重厚感を与える印象などはあっても良いかなと思います。

壊れやすそう、つまり華奢に感じられる筐体です。
イコール壊れやすいというわけではありませんが気になる方は注意しましょう。

【ピクサス】TS8430の良いレビュー・口コミ

次に高評価を付けられた方のレビューです。

水彩画を描いているので、専用のプリンターを使っていましたが、代用品のインクを使っていたため目詰まりを起こし、買い換えることになりました。届いたものは、思った以上に小型で場所をとらず、Wi-Fiの接続も自動で行う優れものでした。プリントの他にコピーやスキャンができる多機能機なので重宝しています。インクジェットのインクは相変わらず高いのと色味が少々青っぽいのが残念なところですが、買い換えて十分満足しています。
引用元:アマゾン『TS8430』レビューより

実際の色彩がどうかは見てみないと分からないことが多いですよね。
このレビュアーさんの仰る「色味が少々青っぽい」という点は人によってはマイナス評価になってしまいポイントかもしれません。

ですが、この「青っぽい」というのがどの程度なのか分からないので何とも言えないところですが^^;
水彩画を書かれているということなので、色にはこだわりがあるのでしょう。

その点、私のように色は普段使いに使えれば良い。仕事で差し支えないレベルで良ければ良いということであれば、問題ありません。

また、このレビュアーさんが高評価を付けた理由として本体が小型な点を挙げられていますが、この点は『TS8430』の強みです。

多くのプリンターが多機能・大型化していく中で、置き場所に困らないのですからありがたいことです♪

また、他の最近のプリンターと同様にWi-Fi接続も簡単なので、無線接続が苦手という方にもおススメできます^^

【ピクサス】TS8330のレビュー・口コミから評価・評判を検証

次は旧型のピクサスTS8330のレビュー・口コミから評価や評判を検証していきましょう♪

まず、TS8330のアマゾンでのレビュー件数は860件あり、総評価は4.2と新型のTS8430よりも総合評価は高かったです。
評価の内訳は下記のとおりです。

★★★★★・・・50%
★★★★・・・・34%
★★★・・・・・9%
★★・・・・・・3%
★・・・・・・・5%
こちらも新型TS8430と同じように星4以上が7割強という結果でした。
ですが、星5を付けている方だけで半数いるというのは珍しいので、この点は評価を上げても良い部分だと思います♪

【ピクサス】TS8330の悪いレビュー・口コミ

それでは、旧型ピクサスTS8330に悪い評価を付けたレビューを見てみましょう。

セットアップして、パターン印刷したらPGBKが印刷されなかった。強力クリーニングしたら、印刷されるようになった。
新品なのに・・・
引用元:アマゾン『TS8330』レビューより

初期不良でしょうね・・・。
これはどのプリンターにも一定割合あるので仕方ありません。

ただ、初期不良にあたっても交換はできるのでこの点は心配してもしょうがないので割りきりましょう。

【ピクサス】TS8330の良いレビュー・口コミ

次にピクサスTS8330の良いレビューも見ておきましょう♪

初めに電源差し込んで画面の指示通りにやるだけで簡単にセッティングは出来ました
後はWi-Fi設定して公式ホムペからソフトダウンロードして設定して完了
プリンター初めての私でも簡単でした
適当なA4用紙に試しに写真印刷してみましたがただの紙にここまで印刷できるのかスゲーってなりました家族に見せても驚いてました
不満点をあげるとしたら4A用紙入れたら下のカセットの部分が少し飛びだしたままになるのが気になりますね
見栄え的にきっちり閉まるようにしてほしかったなって感じですかね
まぁ他のプリンターを知らないので性能差がどんなものか知りませんが私は満足しました
引用元:アマゾン『TS8330』レビューより

ピクサスのイメージとしてはインク代がかさむ分、カラープリントがとてもきれいという印象を持っていました。
こちらのレビュアーさんはプリンター初心者という位置づけではあるものの、プリントされた写真が綺麗で驚かれています。

普段使いには十分すぎるほどのカラーの良さが出ていますね♪

また、初期選定も初心者でも簡単にできるほど簡略化されているようです。

むかしのプリンターは接続設定をするのもひと手間でしたが最近のは設定段階からユーザビリティに富んでいるので、正直どこのメーカーのを買ってもOKだと思っています。

その中でもカラープリントに特化させたいならピクサス一択というのも良い選択肢です。

【ピクサス】新型TS8430の性能や特徴

ピクサス新型TS8430の性能や特徴を説明します。
これらを知ることで、買ったときのイメージがわき満足度が変わるのでチェックしてみてください。

【ピクサス】TS8430の性能

ピクサス新型TS8430の性能ですが、接続は上でも紹介したようにQRコードダイレクト接続があるのでかなり簡単です。

操作は、スマホでのアプリを使ったり液晶画面に触れるだけでできるなど、様々な操作方法が用意されています。

また一般的なプリントやコピーだけではなく、便利な機能として用紙サイズを自動で認識したり、Tシャツなど紙以外の素材にも印刷できるだけでなく写真に文字入れができるんです。

ただ単にあれば便利なプリンターではなく、自分だけの記憶を記録に残せる機能がたくさん詰まっているので、高性能と評判なのも納得です。

【ピクサス】TS8430の特徴


ピクサスTS8430の特徴を簡単にいうと、接続と操作が簡単にもかかわらず仕上がりが鮮やかでコスパが良い点です。
最初の難関が接続ですよね。

Wi-Fiのダイレクト接続も搭載されているので、ルーターなしでも使用できるのは魅力的です。

用意が要らないだけでなく手間もほとんどないのは、機械が苦手な人でも安心です。

さらに黒い文字すら鮮明に映る上質なインクを採用していながら、このコスパはなかなかないです。

プリンターを使う機会が多いのであれば、なおさらランニングコストがあまりかからない点は見逃せませんよね。

【ピクサス】TS8430はリポートプリントに対応

TS8430はリモートプリントに対応しているので、外出先からでも印刷することが可能です。

あるいは自宅の2階のPCで作業をし、その内容を1階にあるプリンターに送信ということもできます。

この機能を使うには専用サイトからファイルをアップロードし設定する必要がありますが、今後の利便性を考えたらやった方がメリットは大きいです。

在宅で仕事をする人が増えた今、TS8430なら1台あるだけでサクサク仕事がはかどりますよ。

【ピクサス】TS8430なら『chromebook』にも対応♪

TS8430なら『chromebook』にも対応しています。

この『chromebook』ってご存じですか?

Googleの機能に特化した価格が安いと評判のPCです。

正直私も気になっていますが、安い分ギガ数が少なかったりCPUは最低限のものが搭載されているなどそのあたりとの兼ね合いが気になり購入を迷っているところです(笑)

ただこの『chromebook』ですが、保存したい写真や文章はクラウドを使うことでギガ数の心配をする必要がないのはご存じでしたか?
むしろ書類作成や写真、文章の保存そしてインターネットでの調べもの程度であれば、高価なPCよりも『chromebook』で十分なんです。

TS8430と相性はかなりいいので、対応している点が魅力的なんです♪

【ピクサス】TS8430なら印刷用紙を自動検知♪

多くのコピー機は、印刷したい用紙サイズを選択しなければなりません。
そのため、コピー用紙に疎いと「A4ってどれ?」と用紙サイズが分からなかったりします。

ですが、TS8430なら用紙をセットするだけで紙の幅を自動で検出してくれるので、用紙サイズを指定する必要がありません。

ただし、自動検出機能を使うには、カセットと後ろ側のトレイ部分に用紙をセットしなければなりません。

入口と出口に同じ用紙をセットすることで「このサイズか!」とプリンターに教えてあげる形になります。

もう少し頑張れば完全自動検知してくれそうなので、おしい機能だなとは思いますが、紙のセッティングが苦手な方の補助には良い機能です。

自動で検出してくれる用紙サイズにも限定があって、カセット側がA4、B5、A5。
後ろ側のトレイがA4、B5、A5、2L、はがき、L判、名刺という指定があるので注意してください。

【ピクサス】TS8430は「Canon Creative Park」で便利に♪

年賀状の利用者数は年々減少しているようですが、それでも自宅のプリンターで年賀状を印刷される方も多くいらっしゃいます。

最近では書店で各年度ごとに各出版社が年賀状の素材集などを販売しているので可愛いデザインのものを作りやすくなりました。

このピクサスTS8430にも似たようなサービスがって、それが「Canon Creative Parkウェブ版」というものです。

年賀状の素材だけでなく、季節の素材まで収録されていて、パソコンにダウンロードして利用することができます。

と、いうことは、毎シーズン年賀状ソフトを買い直す必要がなくなるということになりますね^^

さらに、「Canon Creative Park」には大人の塗り絵も収録されているので、ちょっと塗り絵がしたいなと思ったら印刷してサッと塗り絵を楽しめます♪

【ピクサス】TS8430ならlineと連携できる!?

TS8430には使いきれないかも!
というくらい多彩な機能が詰め込まれています。

その一つが「PIXUSトークプリント」です。

多くの人が利用しているLineやMessengerからトークを送る感覚で簡単に印刷できるという機能です。

ダイレクトプリントと違ってLineのアプリを使って印刷するものですが、ダイレクトプリントよりもLineの方が使い慣れているという方にとっては使いやすい機能かもしれません。

文章印刷も可能なので、出先から印刷だけしておいて、帰宅後に印刷を確認するという使い方もできますね^^

尚、『Messenger、Android版』のみ「PIXUSトークプリント」機能は非対応となっている点にご注意ください。

【ピクサス】TS8430ならスマートスピーカーとも連携可能

TS8430なら、徐々に普及してきた感じのあるスマートスピーカーにも対応しています。

例えば、ご自宅の対応スマートスピーカーに下記のように言うだけで印刷が可能です。
「キヤノンプリンターで○○をプリントして」

また、単に印刷するだけでなく、ナンプレや塗り絵の印刷もスマートスピーカーを通すことで可能になります。

電源の切り替え操作だけでなく、プリンターの状態確認までスマートスピーカー越しにできてしまうので、わざわざ操作をしに近寄る必要がありません。

対応しているスマートスピーカーは、下記のとおりです。

・Amazon Alexa
・Google Assistant
・LINE Clova

【ピクサス】TS8430ならQRコードで簡単無線接続♪

先ほども少し触れましたが、TS8430はスマホとの無線接続設定が簡単にできるようになっています。

TS8430の液晶画面に表示されるQRコードを読み込むことで、通常ならプリンター本体に直接入力しなければならなかったSSIDやパスワードを入力しなくても無線接続が完了します。

無線のSSIDやパスワードってなんだっけ?
どこに書いてあるんだっけ?

なんて戸惑い探し回ってしまうこともありますが、そんなことからは解放されます^^

【ピクサス】TS8430の6色ハイブリッド印刷が綺麗!

大抵のプリンターはマゼンタ、シアン、イエロー、ブラックの4色構成のものが多い中、ピクサスのプリンターでは、よりきめ細やかなカラー印刷ができるように6色のインクが採用されています。

そのためインクカートリッジも6つあります。

うち、4色は先ほどあげた他社と同じ色です。
その他、グレー、文字用ブラックがあります。

この文字用ブラックというのは、濃度の濃い黒色なためコントラストがはっきりしているのが特徴です。

そのため、文字がくっきりとうつり、滲みにくい性質もあって細かい文字もはっきりと印刷できます。

インクコストがかさんでしまうのは、この際ですので諦めましょう。

その代わり、綺麗な印刷ができるプリンターとして使っていけますよ♪

【ピクサス】TS8430は独立インクタンク搭載でエコ

インクタンクをいっぺんに取り換えるとなると、残ってるインクがあるときにもったいないですよね。

最近は各色のインクタンクが独立している構造のものが多くなりましたが、このTS8430もインクタンクが独立しています。

そのため、シアンが切れたらシアンだけを取り換えれば良いのでエコな使い方ができます。

また、インクの替えも「シアンだけ1個使ったから追加で買っておこう」と予測を立てておけるのも便利です。

インク残量はパソコンの画面で確認ができるので、多くの部数をするときや久々に使うときには事前にインク残量を確認できますよ♪

また、インクタンクにも小容量、標準、大容量タイプと使う人の頻度によって取り換えられるようなラインナップになっています。

頻繁に使う方は大容量を、たまにしか使わないかたは小容量タイプを使うという方法が可能です。

また、面白いシステムに、プリント・インク交換の度にポイントがたまるサービスをやっています。

それが『枚るル』というサービスで、『枚ル』をためることでキャノンオンラインショップで使えるクーポンやJCBギフトカードと交換することができます。

多く使う分だけポイントも貯まりやすくなるので、ポイントでお得にインクを買えますよ^^

【ピクサス】TS8430の2way給紙ではがき印刷も簡単♪

最近のプリンターならハガキ印刷ができて当然!
という節があります。

実際できないと困るわけですが、TS8430もハガキ印刷に対応しています♪

ハガキ印刷は、背面給紙トレイから可能です。
背面給紙トレイに用紙をセットすれば、自動で排紙トレイのサイズも伸縮する仕組みになっています♪

【ピクサス】TS8430は4.3型タッチパネルを搭載

我が家のブラザープリンターも液晶パネルを搭載していますが、やや小さめでタッチをするときは爪先で恐る恐る触る、というと言い過ぎですが、そのくらい小さく感じます。

ですが、ピクサスTS8430の液晶画面は4.3型を採用しているため、タッチも非常にしやすく扱いやすいのが特徴です。

液晶画面が大きいということはタッチしやすいだけでなく読みやすく操作しやすいということにもなるので、大きいに越したことはありません♪

【ピクサス】新型TS8430の電気代や消費電力は?

プリンターといえど消費電力は気になるところです。

TS8430はコピー時(USB接続の場合)に約16wの電力がかかります。
また、待機時(同じくUSB接続の場合)には約1.2wの電力がかかります。

電気代については仮定しにくいのですが、仮に1kWh単価を27として、消費電力は使用時の16w。
そして30日間、毎日5分だけ仕様した場合の電気代は約1.08円です。

30日間一切使わなかった場合、つまり、待機電力のみ消費した場合の電気代が月23
・4円という試算となりました。

ただ、1kWh単価は各ご家庭の電力供給契約によって変わってくるので、あくまで目安としてお考え下さい。

【ピクサス】TS8430とTS8330の違いを比較検討!TS8430のレビュー・口コミから評価・評判を検証♪まとめ

ここまで、カラー印刷が映えるピクサス新型TS8430と旧型TS8330の違いを比較しつつ、新型TS8430の性能や特徴をご紹介してきました。

スマホやスマートスピーカーからの印刷など、印刷手段がとても便利になっているのが特徴です。

また、インクコストは多少かさむものの、独立インクタンク方式を採用することで、少しでもエコで安く使えるように設計されています。

写真印刷を多くしたい。
資料に図表を取り込むから見栄えを良くしたい。
といったカラーにこだわりのある方におススメです。

特に新型にこだわる必要がなければ少し安くなっている型落ち機のTS8330の方がお得に買えますよ^^

↓ピクサス新型TS8430↓

↓ピクサス旧型TS8330↓

タイトルとURLをコピーしました