Blackview Tab8タブレットのレビュー・口コミを徹底検証♪Blackview Tab8タブレットの性能や評価、評判もチェック♪

ガジェット

最近、普段使いレベルで済ませるだけのタブレットなら2万円を切る価格で手に入るようになってきました。

『Blackview』はスマホを扱っていた会社なのですが、『Blackview』がまさかのタブレットをアマゾンで取り扱い始めました♪

しかも評判も上々なんです♪

今回は『Blackview』の『Tab8』タブレットをレビューします♪

Blackview Tab8タブレットのレビュー・口コミを徹底検証♪


Blackview Tab8タブレットのアマゾンでの評価数は発売間もないこともあって、まだ99件しかありませんでした。

ですが、評価は高く4.4とタブレットの中でも安心できる評価数を得ています♪

評価の内訳は以下の通りです♪

★★★★★・・・62%
★★★★・・・・28%
★★★・・・・・4%
★★・・・・・・0%
★・・・・・・・6%

Blackview Tab8タブレットの残念なレビュー・口コミ

高評価なレビューばかりですが、一応低評価レビューもありました^^;
それがこちら!

グレーのタブレット購入
配送されたとき箱の中にクッション的ものが入っておらず、固定されていなかったため中でガオガコと音が。
もしやと箱を開けてみるとタブレットが。。。精密機器を雑に扱われて、電源入れる気がなくなった。
引用元:アマゾン『Blackview Tab8』レビューより

こちらの方は星1を付けてました。

Blackviewのタブレットが悪いというより、アマゾンの梱包の問題を指摘されていました。

まぁ、梱包されずに届いたタブレットは嫌ですよね^^;

他の星1レビューにはWi-Fiがつながらない!
というものがありましたが、接続ミスか、初期不良だと思います。

また、使用して2か月目で壊れてしまったというレビューもありました。

この方は、仕方なく返品したそうなんですが、3日程度で返品手続きが完了したそうなので、その点の企業姿勢は見習えると思います^^

Blackview Tab8タブレットの良いレビュー・口コミ


こちらは高評価を付けた方のレビューです♪

手帳型ケースと保護フィルムが装着された状態で届くのに驚きました。
別途購入よりも2000円は節約できます。
ただ保護フィルムの指すべりが悪かったので、自動車用の撥水性コーティング剤を使って滑るようにしています。
SIMの設定は自分でやる必要があるのが面倒ですが、ocnで設定したところ電話もかけられるようになりました。
通話できるタブレット端末でメモリも多く、安価なのは素晴らしいですね。
電話系のアプリはOPPO renoAのものを使っていますが不具合はありません。
スマートフォンを家に忘れたときなど業務連絡がタブレットから電話と言う形でとれるのは本当に便利です。
最初は数1000円安価な別の機種と迷っていたのですが、これにしてよかったと思っています。
引用元:アマゾン『Blackview Tab8』レビューより

こちらはSIMフリーのタブレットなので、設定をすれば電話がかけられるようになります♪

元々スマートフォンを扱っている会社だけに、イメージとしては大きなスマートフォンを出したくらいなのかもしれませんね。

ただ、在宅率が上がったためか、タブレットの売れ行きが良い気がします。

この機会を逃さずにタブレット市場にBlackviewも参入してきたのかななんて邪推も^^;

性能もメモリが4GB入っているタイプって、この価格帯ではあまり見かけないんですよ。

なので、3GBや2GBしか積んでいないタブレットでゲームをやるよりは、しっかり動くんじゃないかなと思います。

ただ、CPUがそこまで強い物ではなく、あくまで普段使いや軽めのゲーム向けのCPUなので思いゲームを処理するのは難しいです。

ちなみに、このレビュアーさん曰く、「Kindle HD10よりもサクサク動く」とのこと。

アマゾンの出しているFireタブレットは悪くないのですが、ちょっと重いんですよね^^;
動画や電子書籍を見るくらいなら良いのですが、それ以外は使いにくくて・・・。

そこを改善してコスパを良くしてくれたら、もっとFireタブレットに流れると思うんですが・・・(笑

用途としては、インターネットとYoutubeの閲覧を目的として購入しました。
液晶は10インチの1920×1200のフルHD+なので、Youtube動画もフルHDで見ることができて大画面でキレイに動画を見ることができます。
バッテリーは6580mAhあり、ネットとYoutubeをガッツリ使っても丸2日使うことが出来ました。
外装に関しては背面は金属製でかなりしっかりとしていて重厚感があります。
2万円にしては中々な高級感があると思いますね。
カメラは1300万画素で撮影できますが、必要十分の性能といったところでしょうか。
最新のスマホと比べるとやはり解像感などは及ばないですが、メモ代わりにさっと写真を撮るといった用途が主であれば十分こなせるレベルです。
嬉しい点としては、付属品でカバーもついてくるのでこの機種用にわざわざ買う必要がないんですよね。
わざわざ余計な出費をしなくてもいいというところが非常にいいと思います。
Androidタブレットに興味がある初心者向けとしてもいいと思いますし、ライトにネットとか、Youtubeしか使わないという方にはうってつけの製品だと思います。
引用元:アマゾン『Blackview Tab8』レビューより

格安タブレットの一番の使いどころは普段使いをするかどうかです。

つまり、動画を見るならスマホより大きな画面のタブレットで。
雑誌を読むなら大画面のタブレットで。
ネット検索も大きな画面で見ながらしたいけど、パソコンまではいらない。

こんな感じでタブレット需要が掘り起こされてきました。

中でも10.1インチサイズの画面は、どちらかというとパソコンに近いので大画面でユーチューブを楽しむことができます♪

なので、今までスマホで目を凝らして見ていた状況から、ベッドに寝ころびながらのんびり見られるようになって、ユーチューブ生活が快適になること請け合いです(笑

ただ、『Blackview Tab8』もカメラ性能はイマイチなようですね・・・。
スマホメーカーだけにカメラ性能もそれなりかなと思ったのですが、価格を抑えるためにコストカットされてしまったのかもしれません。

これは、私の持っている『VANKYO S30』という同じく格安タブレットにも当てはまります。

『VANKYO S30』も似たような性能なので、良かったらこちらの記事もご覧ください^^

【実機】VANKYO(ワンーキョー) S30実機レビューと感想!使い方やSDカードの入れ方もレビュー♪
※『VANKYO』は『ワンーキョー』という名称に変わりました。タブレット自体の性能に変更はありません。 待望の中華タブレットを買ってしまいました♪ 買ったのは『VANKYO S30』というメーカー&機種です。 基本性能や特徴については後述します。 先に到着時の梱包状況から開封、そして起動等の使用感について記載しております。 そのあと、『VANKYO S30』のレビューや同じ価格帯の他社製タブレットとの性能比較をしていきますね♪ とくに、中華タブレットの性能に不安がある方や、私が良いなぁと思っていた『TECLAST』とういメーカーの製品との比較は必見です♪

対応が素晴らしい等のレビューを信じ、購入しました。

お値段以上の使いやすさだと喜んで使用していたのですが、2ヶ月ほどするとたまに電源が落ちることが有りました。
その旨メールしたところ、あまり時間をかけることなく「不具合」と認めてくれました。
対応は、直ぐに次の商品を購入し、その後返送してくれれ、Amazon経由で返金しますとの指示でした。
その間、おおよそ10日余り。タブレットが無く不自由することもなかったし、何よりぐずぐず言われることも無く、逆に有難いな!?とまで思ってしまいました。
多くのレビュー通り、信頼できるメーカーではないでしょうか!!
引用元:アマゾン『Blackview Tab8』レビューより

Blackviewの企業姿勢として、かなり顧客に寄り添っているなと感じるレビューがありました。

このレビューもその一つです。

さすがに2か月での自然故障はタブレットといえどもあり得ないので、要交換対応だと思います。

ですが、さらに凄いレビューがあって、内容を要約すると・・・

『画面を割ってしまった』⇒『ダメもとでカスタマーサポートに問い合わせた』⇒『交換対応してくれた!!』

普通、画面が割れるときって購入者側の過失のパターンが多いんですよね。

だって、何かしらの圧が加わるから割れてしまうわけで、タブレット本体の自然故障とはわけが違います。

ということは、本来、企業としては交換対応をしなくても良いはずなんです。

それがどうでしょう。

カスタマーサポートに問い合わせたら、あっさり交換してくれているではありませんか。

日本企業もしっかり見習ってほしい企業姿勢だなと感じました^^

Blackview Tab8タブレットの性能と特徴


次に、Blackview Tab8タブレットの性能と特徴をご紹介します♪

Blackview Tab8タブレットの性能

Blackview Tab8タブレットの性能がこちら♪


メーカー、ブランド:Blackview
シリーズ:TM-Tab8
製品サイズ:24.36 x 16.24 x 0.89 cm; 1.29 Kg
商品モデル番号:TM-Tab8
カラー:Gray
商品の寸法 幅 × 高さ:24.4 x 16.2 x 0.9 cm
Standing screen display size:10.1 インチ
解像度:1080p Full HD Pixels
CPUブランド:Unisoc
CPU速度:1.6 GHz
RAM容量:4 GB
通信形式:Bluetooth, Cellular, Wi-Fi, GPS
OS:Android 10
商品の重量:1.29 kg
参照元:

Blackview Tab8タブレットの欠点を挙げるとすれば、重さです。

本体重量が600gあるので、集めのタブレットカバーを装着すると、おそらく700gくらいになると思います。

というのも、『VANKYO S30』という中華タブレットの本体重量が大体500gくらいなんですね。

それでも結構ずっしり来るので、片手で持ち続けるとしんどいなぁと思うことがあるんです。

寝転がって使ったり、机に手をあてていれば重さも軽減されるのですが、普通に持っていると疲れます^^;

なので、本体重量が600gで、カバーを装着するともう少し重くなる点は覚悟しておいた方が良いと思います。

それ以外にはデメリットと言えるものはありませんでした♪

Blackview Tab8タブレットの特徴・魅力

次に、Blackview Tab8タブレットの特徴・魅力をご紹介します♪

スマホになるタブレット、SIMフリータブレット

Blackview Tab8タブレットの最大の特徴・魅力は何と言っても電話として使えるSIMフリースマホであるという点でしょう。

格安タブレットは普段使いができるのがせいぜい・・・。

なのに、この価格帯でSIMフリーでスマホ代わりに電話が使えるんです。

もうそれだけでも価値があります。

スマホをタブレットに一元化してみたい。
初めてタブレットのSIMフリーを試してみる。

という入門モデルとしてかなり買いやすい価格帯です^^
ただし、対応バンドかどうかのチェックはしっかりしてくださいね^^

OSに最新のAndroid 10を搭載♪

私の使っている『VANKYO S30』というタブレットは、Blackview Tab 8タブレットとほとんど性能は変わらないのですが、androidは9と型落ちを使用しています。

だからといって不都合は一切ないのですが、常に最新型を身につけておきたいという方はBlackview Tab 8タブレットを選びましょう。

逆に、タブレットではネット検索、動画視聴くらいしかしないというのであれば、少し価格の落ちる『VANKYO S30』でも十分です^^
見た目で選んでも良いですね。

【実機】VANKYO(ワンーキョー) S30実機レビューと感想!使い方やSDカードの入れ方もレビュー♪
※『VANKYO』は『ワンーキョー』という名称に変わりました。タブレット自体の性能に変更はありません。 待望の中華タブレットを買ってしまいました♪ 買ったのは『VANKYO S30』というメーカー&機種です。 基本性能や特徴については後述します。 先に到着時の梱包状況から開封、そして起動等の使用感について記載しております。 そのあと、『VANKYO S30』のレビューや同じ価格帯の他社製タブレットとの性能比較をしていきますね♪ とくに、中華タブレットの性能に不安がある方や、私が良いなぁと思っていた『TECLAST』とういメーカーの製品との比較は必見です♪

大容量バッテリー搭載モデル♪

Blackview Tab8タブレットのバッテリー容量は6580mAhと大容量なんです♪

カタログスペックにはなりますが、ずっとスタンバイ状態にして408時間、連続通話
で20時間以上使うことができます。

また、リバースチャージ機能という面白い機能もついています。

これはUSB Type-C端子を介してタブレットからスマホなどへ充電する機能です。

さすがに、スマホのバッテリー代わりにタブレットを持ち運ぶのは面倒ですが、外出先でスマホの充電ができるのはとても便利です♪

その分、タブレット本体の充電は減るでしょうが、その時にスマホを使えるのが良いのか?
それともタブレットを使えるようにしといた方が良いのかを選べるのが良いですね♪

GPS機能を使えばカーナビ代わりになる

最近のタブレットにはGPS機能がついているものが増えました。

GPS機能があれば、カーナビとしても使えますし、道に迷ったときにすぐ調べられて便利です。

スマホでもできますが、スマホのバッテリーがもったいなかったり、カーナビ専用タブレットとして車に配置することもできます。

使い方次第でとても便利で快適に使えるタブレットです♪

さらに、FMラジオ機能が付きで、万が一の災害時、停電などによりWi-Fi接続が切れたり、インターネットにつながっても、ラジオ電波さえ受信できれば、情報を入手できます。

災害に強い?FMラジオ機能付き

大規模な災害時、ネットの電波が届くとは限りません。

また、ネットに接続できても、みんなが同じサイトにアクセスしようとすればサーバーがパンクします。

そんな時、ラジオ放送を受信できれば便利ですよね♪

Blackview Tab8タブレットならFMラジオを受信できるので、万が一のときにも安心です♪

Blackview Tab8タブレットを出してる『Blackview』ってどこの国の会社?

Blackview Tab8タブレットを出しいてる『Blackview』は中国の深圳にある企業です。

主に世界各国でスマホを販売しているメーカーなんです。

なので、タブレットもスマホの延長として作れるのかなと。

また、在宅需要の増加でタブレット市場に参入したとみることもできます。

少なくとも、レビューを見ている限り、カスタマーサポートが秀逸の一言に尽きます。

画面割っちゃっても交換してくれるんですから、これは神対応としか言えません^^;

Blackview Tab8タブレットのレビュー・口コミを徹底検証♪Blackview Tab8タブレットの性能や評価、評判もチェック♪まとめ

Blackview Tab8タブレットはSIMフリーのタブレットでした♪

タブレットですべてを済ませたい方の強い味方です♪

性能と価格を対比させても高くはないんです。

むしろ割安なくらいです。

また、格安タブレットの多くはメモリが2GBか3GBしか入っていません。

そこを考えるとパソコンと同じ4GBも入っているのでしっかり処理してくれます^^

タイトルとURLをコピーしました