プラズマクラスター新型FU-N50と旧型FU-L50の違いは?どっちがお得か口コミから比較検討してみた!

その他
スポンサーリンク

加湿機能なしの空気清浄機は、部屋の湿度を気にせず使えて魅力的ですよね。

しかし家電には複雑なイメージがあり、よくわからないのでとりあえず最新のものを買っていませんか?

そこで今回は花粉症持ちの私が、プラズマクラスター新型FU-N50と旧型FU-L50の性能と口コミを比較しました。
これを知れば、納得してコスパの良い買い物ができますよ。

プラズマクラスター新型FU-N50の性能


プラズマクラスター新型FU-N50はにおいセンサーときれいモニターを搭載し、イオンとフィルター、空気循環により空気を浄化します。

イオンの濃度はプラズマクラスターの中でも一番低いプラズマクラスター7000ですが、消臭やカビ菌・ウイルスの作用を抑えるなど十分な効果が期待できます。

またフィルターですが、静電HEPAフィルター、脱臭フィルター、抗菌・防カビプレフィルターの3層構造をとることで、臭いが強いペット臭にも対応できるんです。

他にも基本情報として以下の性能があります。

・プラズマクラスター適用床面積:14畳
・待機時消費電力:0.3w
・空気洗浄適用床面積:23畳
・空気の清浄時間:12分(8畳の場合)
・最大風量5.1㎥/分
・最大消費電力:49w
・最大dB:52dB
・1時間当たりの最大電気代:1.3円

最大dBの52dBですが、これは換気扇の音など通常の会話は可能な程度の音を指します。
強でこの程度なので、それ以外の強さで使えばもっと静かに使えますよ。

本体サイズは幅383×奥行209×高さ540mm質量です。
重さは4.9kgで電源コード長さが1.8mです。

電源コードのがもう少し長い方が使い勝手が良さそうですが、コードの長さが足りなくて置きたい場所に置けない場合は延長コードで補いましょう。

プラズマクラスター旧型FU-L50の性能

プラズマクラスター旧型FU-L50の性能は、基本的な部分はプラズマクラスター新型FU-N50と一緒です。
そのためスピード循環気流により取れるものも一緒なので、以下の通りです。

・浮遊している菌やカビ菌、ウイルス
・ダニの死骸やふん、粉じん
・花粉
・ちりやほこり
・タバコや料理の煙
・ペットの毛やふけ
・ディーゼルの粉じん
・黄砂やPM2.5

気になるものがだいぶ広範囲に吸い込まれるのは嬉しいですよね。
その結果、以下の臭いが消臭できるんです。

・体臭
・カビ臭
・たばこ臭
・ペット臭
・生ごみ臭
・料理の臭い
・トイレやアンモニア臭

ほぼ全部ですね(笑)
性能が良いからこその消臭効果とも言えます。

FU-N50販売終了にともない、類似品をご紹介します^^

体臭は日常生活でどうしてもついてしまう臭いです。
取りたくても自分ではどうしようもありません。

カビは毎朝風を通したりして換気をしていれば防ぐことができますが気が付くとどこかにはえている・・・なんてことも^^;
最近急に鼻水がとまらないなとか、ちょっと変な臭いがするなと思ったらカビを疑ってみてはどうでしょうか。

ペットの臭いって自分では気にならなくなったりしますが、お客様が来たりすると「あら?」と思われてしまいます。
そうならないように、日ごろから臭いのケアもしておきたいですよね。

生ごみや料理の臭い、トイレの臭いも日々の生活で少なからず生じてきます。
自分ひとりなら我慢できても家族の中で臭いに敏感な人がいるかもしれません。

臭いケアだけでなく感染症対策という意味でもおススメです。

新型FU-N50と旧型FU-L50の性能の違いはどこ?


プラズマクラスター旧型FU-L50の性能ですが、実はプラズマクラスター新型FU-N50と全て一緒でした(笑)

サイズや重さすらも一緒のマイナーチェンジだったんですよ。

違う部分を挙げるとすれば型番号と価格になります。

新型として出す以上は型番を変えないといけないようですね。
価格は記事執筆時点で下記の通りです。

・新型FU-N50:38.280円
・旧型FU-L50:25.700円
・アマゾンFU-J50:19.500円

FU-J50は2018年モデルで。FU-J50については下の方に書いてあるのでスクロールしてください。

旧型の方が型落ち品ということで安くなっていますが、実際のところ口コミではどうなんでしょうね。
次で順番に紹介するので、参考にして下さい。

プラズマクラスター新型FU-N50の口コミ・評判

プラズマクラスター新型FU-N50の口コミ・評判は以下の通りです。

「加湿や除湿が不要で、純粋な空気清浄機が欲しかったのでこちらを購入。コンパクトなのにカバーする範囲が広く満足。」

「軽くて移動も楽です、加湿なしのシンプルなものを探していました、加湿あっても使わないと思うので。」参照元:https://www.yodobashi.com/product/100000001005753587/

「他社製品からの買い替えです。加湿機能のないものを探してました。予想以上に良いと思います。空気が変わりました。いつも鼻がぐずぐずしていましたが気持ち良いです。」
参照元:https://joshinweb.jp/kaden/9798/4974019163000.html

「サイズはコンパクトですが、強力に部屋の空気を清浄化してくれます。」
参照元:https://www.biccamera.com/bc/item/8327179/

プラズマクラスター新型FU-N50ですが、まだ口コミを書いている人が少ないものの満足度の高い口コミが多かったです。
加湿機能が付いていない点と、消臭効果の高さが高評価の主な理由でした。

プラズマクラスター旧型FU-L50の口コミ・評判

プラズマクラスター旧型FU-L50の口コミ・評判は以下の通りです。

「4年前の同じシャープの加湿付き空気清浄機の買い替えです。加湿付きだとどうしてもカビが発生してしまい、気になってしょうがないので、こちらの加湿無しにしました。音は静かで、本体も前よりだいぶ軽いです。」

「花粉症なので、2年程前に購入しました。リビングに置いて空気がキレイになってる感じがしてるので、二台目を購入ました。コロナの事を考えて、玄関に置いてあります。」

「替えのフィルターはまだ対応するものがありましたが、16年経ったので本体買い換えです。軽いです。静かです。」

「音が大変静かで、空気清浄器の進化に驚きました。」
参照元:楽天市場レビューページより

プラズマクラスター旧型FU-L50は、その前の型からの比較になるので消臭効果以外に音が静かな点が目立ちました。
本体がコンパクトなのでどこにでも置けるのも人気の理由ですね。

新型FU-N50と旧型FU-L50、お買い得なのはどっち!?

新型FU-N50と旧型FU-L50でお買い得なのは、旧型FU-L50です。
性能も効果も一緒となると、より安い方がコスパが良いからです。

そうなると、型落ちとなる旧型FU-L50を選ぶことで1万円は安く買えるのでおすすめします。

FU-L50-W シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター7000【送料無料】【新品】

どうしても最新機種で揃えたいといったこだわりがなければ旧型FU-L50を選んでおけば損しません。

アマゾンで旧型FU-L50が見つからない!?『FU-J50』との違いは!?

旧型FU-L50は2019年10月発売のモデルです。
アマゾンで『FU-L50』と検索してもヒットしないんですよね。

その代わりにヒットするのが『FU-J50』というモデル。
こちらは2018年発売モデルです。

つまり2年前の型落ち品のようです。
電気代は1日24時間使用しても

⇒強運転時:約32円
⇒中運転時:約8.4円
⇒静音運転:約1.7円

これに対して、新型FU-N50の電気代は2年もたっているので、よりコスパに優れているのかと思いきや以下の通り。
⇒強運転時:約31.2円
⇒中運転時:約8.4円
⇒静音運転時:約1.68円

前々変わってないじゃん!
これならランニングコスト的に考えても2018年モデルで問題ありません。
しかも2018年『FU-J50』なら19.500円です(執筆時点)

FU-L50(2019年モデル)よりさらに安く買えてプラズマクラスター7000搭載!
実はFU-J50(2018年モデル)はかなりコスパの良い空気清浄機なんです。

ただ、型落ち品は現品限りの可能性があるので早めに購入した方が良いですよ。

プラズマクラスター新型FU-N50と旧型FU-L50の違いは?どっちがお得か口コミから比較検討してみた!まとめ

型落ちというだけで性能はかわらないのに安く買えるのであれば、よく調べてから買わないと後悔しかねません。
最新だからというだけで判断するのではなく、公式サイトをよく読みましょう。
1万円も安く買えれば、その1万円を別のものにつかうことができますよね。
古くなった別の家電を新調したり自分磨きのために使ったりと有効活用して、さらに生活に潤いを与えましょう。

FU-N50の販売終了にともない類似品をご紹介します♪

タイトルとURLをコピーしました