パソコンを処分するおススメの方法をご紹介♪ムダな費用を出さずに引き取ってもらう方法とは?

パソコン買取

パソコンはあると便利ですが、買い替えたりして引き取ってもらいそびれると、処分に困ってしまうものです。

私も、10年近く前に購入したノートパソコンを先日、ようやく引き取ってもらいました(笑

処分するにも一般ごみには出せず、専門の業者に引き渡すことになります。

最近は、良いパソコン買取業者、引取業者ができました。

そこで、今回は、パソコンを処分するおススメの方法や、無駄な費用を出さずに引き取ってもらう方法をご紹介いたします♪

パソコンを無料で安全に処分する方法

パソコンを無料で安全に処分する方法は、意外と多くあります。
簡潔にまとめると以下の通りです。

・無料で回収する業者に依頼する(無料回収業者、販売メーカーの無料回収)

・買取を依頼する(買い取り業者、家電量販店・パソコン販売店、メルカリなどフリマアプリ)

・自治体に設置されている回収ボックスを利用する

処分してくれるところは意外と多いですが、個人情報の取り扱いは安全かなど不安な点もありますよね。

その点にも触れながら、次で詳しく説明していきます。

無料回収・廃棄・処分のリネットジャパン

無料回収・廃棄・処分のリネットジャパンは、環境省と経済産業省から認定を受けた「小型家電リサイクル法」の認定事業者です。

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>



全国の自治体とも連携しているので安心ですね。

無料回収ができる理由としては、パソコンに使われている資源(鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタル)を再び再利用してメーカーに販売しているためです。

回収できるものは壊れていても型が古くてもパソコンやタブレット、モニター、ケーブル、キーボード、マウス、基盤が回収可能です。

HDDがないものや携帯電話まで回収してくれるので便利です。

他にもパソコンに関係のない炊飯器やIHクッキングヒーター、一眼レフカメラなど400品目取り扱いがあります。

回収方法は以下の通りです。

1、データ消去専用ソフトを使って、自分でデータを消去
2、申し込みフォームから申し込み
3、段ボール箱に入れて梱包
4、指定日に佐川急便が回収しに来るので渡す
5、後日回収品の処理が完了したらメールでお知らせ

ここで気になるのが個人情報の消去ですが、基本は自分で行います。

しかしどうしてもできないという場合は、1台3,000円で依頼することも可能です。

Blanccoというソフトを使い消去するのですが、消去証明書ももらえるの安心してまかせることができます。

【メリット】
・自宅にいながらパソコンを処分できる
・回収フォームに入力するだけなので依頼が簡単
・1台3,000円払えば個人情報を消去してもらえる
・お知らせや証明書がもらえるので安心

【デメリット】
・コスパを気にする場合、自分で個人情報を消去しないといけない
・パソコン本体がない場合は、段ボール1箱につき1,500円かかる

無料回収・買取のライズマーク

無料回収・買取のライズマークは、2005年創業の実力派回収業者です。
買取や販売も行っています。

パソコン無料回収のライズマーク



無料回収できる理由としては、回収したパソコンやパーツなどを修理しメンテナンスし中古品として販売しているためです。

その採算がとれるから無料回収ができるんですね。

無料回収できるものとしてパソコンの本体は良いのですが、液晶モニターだけは対象外となっているので要注意です。

キーボードやマウスなどのパソコン周辺機器、携帯電話、音楽プレーヤーなどはパソコンと一緒に同梱することを条件に回収してもらえます。

詳細は公式HPを見るとわかりやすいのでチェックしてみてください。

無料回収・買取のライズマークの回収方法は、以下の通りです。

1、回収依頼フォームで申し込む
2、段ボール箱に回収品を梱包
3、希望日に佐川急便が回収にくるので完了

なお個人情報の消去ですが、結論から言うと自分で消去する形になります。

24時間監視されている作業場で一部の特定の人が消去作業を行うのですが、公式HPには以下の通り説明されています。

HDD/SSDの全領域へのデータ書き込みではなく、一部領域に対してデータ書き込みによるデータ消去を行います。

この方法でもWindowsやMacOSが起動してしまうことはありませんし、HDDをUSB接続しただけでファイルが表示されることもありません。

しかし、専用のデータ復元ソフト等を使うとファイルを復元できてしまう可能性があります。https://pc.risemark.net/cont2/data_erasing.htm

公式HPでは自分で行う時の方法も紹介されているので、参考にしてみてくださいね。

【メリット】
・誰でも簡単に回収を頼める
・実績があるので安心
・買取査定も行っている

【デメリット】
・個人情報をきちんと消去しないと、パソコンは中古品として販売されるので危険
・自分で個人情報を消去しないといけない

パソコンを買取ってもらって処分する方法

ここでは上記でも説明した通り、パソコンを買取って処分する方法を紹介します。

無料回収でもありがたいのですが、パソコンの型がそこまで古くはなく壊れてもいないとなると少しでもお金になれば嬉しいですよね。

以下で紹介するサイトは熟練した買取スタッフによる高額査定と、申し込みのしやすさや入金のはやさが人気の4社になります。

早速チェックしましょう。

パソコン買取のアローズ

パソコン買取のアローズは、業界最高級買取価格保証を掲げる買取業者です。

↓アローズを確認してみる↓
パソコンの買取なら【パソコン買取アローズ】

水曜と日曜日が定休日な上に電話受付時間が10:00~14:00までと限られているので、電話で申し込む際は注意が必要です。

しかしネット申し込みならいつでも受け付けているので、ネットで申し込むことをおすすめします。

パソコン買取のアローズは実店舗を持たないので人件費や店舗代などのコストカットをした分、買取金額に上乗せしてくれるところが人気の理由です。

その上さらに買取金額の公開をし、まとめ売りで買取金額10%UPや買取金額30%UPイベントなどさらに買取金額が増えるシステムが多いのも魅力的です。

買取対象商品はパソコン本体、液晶モニター、パソコン周辺機器、スマホなどになります。

買取完了までの方法は以下の通りです。

1、フリーダイヤルや申し込みフォームから申し込む
2、段ボール箱が用意できない場合は、無料で宅配キットを届けてもらえる
3、買取依頼品を梱包し、宅配業者に渡す
4、第2営業日までに熟練の査定スタッフが査定
5、買取が決定したら24時間以内に入金

個人情報の消去ですが、公式サイトに記載はありませんでした。

ただし査定時にデータは消去すること、パックアップはお客様自身で取ることが記載されているので、自分で消去してから買取に出した方が安心ですね。

もし不安な人は事前に問い合わせするといいですよ。

【メリット】
・高額買取で人気
・買取額UPのシステムやイベントが充実している
・段ボールがない場合は無料で宅配キットを頼める
・査定と入金が早い
・査定料、手数料、送料、キャンセル料も全て無料

【デメリット】
・あくまでもパソコン関連の買取が多い
・状態によっては買い取れないものもある
・電話で申し込みの場合、時間と曜日を気を付ける必要がある

Mac高額買取専門店の『オンラインMac買取ストア』

Mac高額買取専門店の『オンラインMac買取ストア』は、店名の通りMac専門の買取業者となります。

【オンラインMac買取ストア】



実店舗もあり、オンラインでの宅配買取以外に店舗に持ち込んでの買取、買取のための出張サービスも行っています。

Mac高額買取専門店の『オンラインMac買取ストア』のすごいところは、匿名で買取手続きができる点です。

買取できるものはMacと限られていますが、故障したものでも買い取ってもらえ匿名でやり取りできるのであれば十分便利ですよね。

今回説明するのは宅配買取の方法になりますが、以下の通りになります。

1、買取申し込みフォームに入力し申し込む
2、買取依頼品を梱包し、佐川急便で送料着払いで送る
3、買取予定品が店に到着したら、翌営業日までに査定
4、納得したら即支払い手続き開始
5、3ヶ月以内の住民票原本+有効期限内の運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カードのいずれかのコピーを郵送
6、有効期限内の運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カードのいずれかのコピー記載の住所へ本人限定受取郵便でのお支払い

Mac高額買取専門店の『オンラインMac買取ストア』でも個人情報を消去するサービスはないので、自分で消去となります。

なおラインでも買取依頼はできるのですが、以下の内容を送らなければならないので買取申し込みフォームを使った方が楽ですよ。

LINEでかんたん買取査定

・買取方法
※宅配買取.店頭買取.出張買取
・商品名
・Part No.
・Serial No.
・CPU
・色
・SSD又はHDD
・メモリ
・傷・動作・状態・電源
・付属品
・画像
・使用期間
・喫煙
・ペット
・他店お見積金額
※他店の自動査定や上限金額は対象外
・お見積り店名
・買取希望金額”
参照元:https://www.macstore.jp/linesatei/

【メリット】
・買取方法が選べる
・24時間365日買取依頼ができる
・買取が決まるまでのやり取りは匿名でできる
・査定料、出張料、手数料は無料

【デメリット】
・Macしか買取できない
・店舗買取は福岡、出張買取は福岡市と市内近郊、東京23区のみ
・お金を受け取る際の書類を用意するのが面倒

壊れててもOKの『壊れたパソコン高額買取専門店 ジャンク品パソコン買取ドットコム』

壊れててもOKの『壊れたパソコン高額買取専門店 ジャンク品パソコン買取ドットコム』は、個人情報不要の匿名で買取査定をし、他社との価格比較も歓迎の店になります。
【ジャンク品パソコン買取ドットコム】



壊れたパソコンを買い取ってくれるだけでもありがたいですが、サポートが終了したWindows7のパソコンも買取対象となっている点は魅力的です。

そして個人情報ですが、買取査定時に初期化するだけでよく、消去できない状態の時は『壊れたパソコン高額買取専門店』の方でHDDの消去もしくは破壊を行ってくれます。

買取対象品はパソコンや周辺機器だけではなく、エプソンのプリンターも買い取ってくれます。

買取方法は全国無料宅配買取、持込店頭買取、無料出張買取がありますが、ここでは全国無料宅配買取を説明します。

1、パソコンは初期化する
2、24時間365日受付のオンライン買取査定フォームで申し込む
3、仮査定金額に納得したら、名前、住所、電話番号を伝え、商品を梱包して佐川急便で送る
4、店に到着後、翌営業日までに本査定を行う
5、納得出来たら必要書類を用意して入金

この必要書類ですが、銀行振り込みか現金書留で用意する書類が違うので要注意です。

※銀行振込
住民票3ヶ月内の原本+運転免許証・保険証・住民基本台帳のいずれかのコピー
※本人限定受取現金書留
運転免許証・保険証・住民基本台帳のいずれかのコピー”
参照元:https://www.junkhinpc.com/flow/takuhaikaitori/

【メリット】
・買取のやり取りを匿名でできる
・仮査定の時点でおよその入金額がわかる
・最新情報をフェイスブックで確認できる
・Line査定も実施している
・パソコンは初期化だけでOK
・他店との比較歓迎なので、買取額UPのチャンスあり
【デメリット】
・佐川急便以外の宅配業者を利用する場合は送料がかかる
・梱包サイズによっては追加で料金が発生する可能性あり
・出張買取は主に九州と東京23区のみ
・入金方法によっては用意する書類が違う

不要なパソコン買取の『ジャングル ~Jan-gle~』

不要なパソコン買取の『ジャングル ~Jan-gle~』6年買取実績のある、実店舗を持つ店になります。

不要なパソコン・スマートフォンを送料無料で高額買取!



秋葉原3号店と札幌店があり、秋葉原3号店では買取も行っているので近くにお住いの人は本人確認証をもって店舗で手続きした方がスムーズです。

しかしそれ以外の場合は、札幌であれば出張買取、全国の場合は宅配買取を行っています。

買取対象商品はパソコンと周辺機器以外に、Apple製品全般、スマホ、ゲーム機本体、ゲームソフト、ドローン、他家電製品となっています。

個人情報の消去に関してはスマホやApple製品に関しては、初期化が説明されていましたが、パソコンは記載がありませんでした。

そのため自分で消去して買取に出した方が安心です。

ここでは全国の宅配買取の方法を以下で説明します。

1、電話か買取フォームで申し込む
※段ボールが用意できない場合は、「らくらく集荷買取」を選ぶ。
2、買取受付伝票用紙を公式サイトからダウンロードし、必要事項を記載する
3、申し込みをしてから2~3日で宅配キットが届くので買取希望商品、買取受付伝票、本人確認書類を同梱し、店が手配した配送業者が希望日に自宅に来るので渡す。
4、到着後査定し、電話かメールで査定額を伝えられる
5、納得したら土日祝日を除いた3日以内に入金

なおらくらく集荷買取は利用せず自分で用意した段ボールで送る場合は、営業所にそのまま送ります。

公式サイトに3か所記載があるので、自宅から近い場所を選べば待ち時間も少ないのでおすすめです。

【メリット】
・買取方法が選べる
・対象商品は幅広く、ドローンもOK
・本人確認書類のみでOK
・交渉大歓迎の店
・公式サイトに梱包の目安が書いてあるなどわかりやすい
・査定料、送料無料
・買取キャンペーンも随時実施している

【デメリット】
・個人情報の消去は自分で行う
・買取受付伝票用紙の用意が面倒

フリマアプリでの売却

店とのやり取りが面倒だと感じたり、買取金額よりも多くのお金が欲しい時に考えるのは、フリマアプリでの売却ですよね。

個人間のやり取りになるので、様々な融通がきいたり意外とお金になったりとメリットはあります。

しかし個人間のやり取りだからこそ個人情報は確実に消去する必要がありますし、それを適当にしてしまうとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

オークションに出品するときも同じなので、メリットとデメリットをよく考えて利用するようにしましょう。

メーカー元の回収とは?

販売元のメーカーがパソコンを回収してくれる方法もあります。

PCリサイクルマークがついたパソコンは確実に無料で回収してもらえますが、それ以外のパソコンはメーカーに一度問い合わせした方が良いです。

問い合わせ先はメーカーの公式HPか、一般社団法人パソコ3R推進協会のHPを開くと各メーカーのリンクが用意されています。

回収方法の簡単な流れは次で説明するので、参考にしてみてください。

パソコンメーカー回収の仕組みと流れ

パソコンメーカー回収の仕組みと流れですが、まず前提としてメーカーが回収するパソコンは自社メーカーのものだけになります。

例えば富士通のパソコンなら富士通製品のもののみということですね。
その上で回収の流れは以下の通りです。

1、メーカーの公式HPで回収対象の商品かどうか確認する。
2、メーカー名、型番、製造番号を確認しておく
3、パソコンデータのバックアップや個人情報の削除を自分で行っておく
4、メーカーの公式HPの申し込みフォームか電話で申し込む
5、メーカーより配送伝票が届くか指定がある
6、パソコンを梱包して、メーカーに送る

これで流れとしては完了です。

処分されたパソコンはPCリサイクル法によりメーカーは再資源センターに送り、パーツ単位まで分解し再利用可能な資源に変えられます。

パソコンリサイクルマークがなく有料となった場合は、送る前に支払いとなる場合が多いです。

不明点はメーカーに問い合わせて確認すると安心ですよ。

家電量販店での下取りの仕組みと方法

家電量販店での下取りの仕組みと方法ですが、家電量販店により買取条件が様々なので確認した方が良いです。

店舗持込の店もあれば郵送で対応してもらえるところもあります。

また壊れている場合、買取や回収に応じてもらえない場合もあります。

個人情報の取り扱いですが、店によっては料金を支払えば行ってくれるところもあるため、事前によく確認すると良いですよ。

家電量販店で下取りされたパソコンは、中古品を扱っている店であれば修理しメンテナンスしたあと販売されます。

廃棄する場合もありますが、中古品として販売されるのであればなおさら個人情報は確実に消したいですね。

自治体はパソコンを引き取ってくれないのか??

自治体はパソコンを引き取ってくれないのかというと、回収ボックスがあるのでそこに処分すれば引き取り可能です。

ただし個人情報の消去は個人で確実に行わないといけないので注意が必要です。

初期化だけではなく専用のソフトを使って安全に処分しましょう。

ハードディスクのデータを消去するメリット・デメリット

ハードディスクのデータを消去するメリットとデメリットを改めて確認してみましょう。

ハードディスクの情報は初期化だけでは消せないものになります。

そのためハードディスクのデータを消去しないと、悪知恵のはたらく人なら、個人情報やクレジット情報など漏洩しては困る情報を抜き取ってしまう可能性があるのです。

メリットとしては、パソコンを処分した後もトラブルに巻き込まれず安心して過ごすことができる点です。

デメリットとしては消去にお金がかかること、物理的に破壊する場合は道具と手間が必要になり、破壊しすぎると買取できない可能性が高まることが挙げられます。

ハードディスクのデータは消去した方が良い?

結論から言うと、ハードディスクのデータは消去した方が良いです。

ハードディスクに記録された個人情報やクレジット情報などが、悪意ある知識のある人によって抜き取られたら最悪ですよね。

身に覚えのないクレジット利用履歴があり、多額のお金を請求されたら途方にくれますよね。

悪質なトラブルから身を守るためにも、ハードディスクの内容は確実に消去しましょう。

ハードディスクを壊さずデータを消去する方法

ハードディスクを消去する方法には2種類あります。

・専用ソフトで消去する
・物理的に破壊する

パソコンに詳しくない人は物理的に破壊した方が楽な気もしますが、おすすめは専用ソフトで破壊した方が良いです。

理由としては以下のことが考えられます。

・状態が良いので買取に出す際の買取額が高くなる
・パソコン自体が使えなくても部品が使える状態なら、価値がある
・確実に消去したという確信が持てる
・物理的な破壊と比べてけがをする危険性はない

フリーソフトもありますが、有料のソフトでも3000円程度で買えます。

確実性を求めるなら有料ソフトをおすすめするので、買取も考えている人はなおさら専用ソフトで消去するようにしてくださいね。

>>>アマゾンで『ターミネータ10plus データ完全抹消』を確認してみる

ハードディスクを物理的に破壊する方法

ハードディスクを物理的に破壊する方法も2種類あります。

・パソコン本体に穴をあける
・強い磁気で破壊する

いずれもデメリットの方が大きいのが特徴です。

パソコンは部品も価値があり、パソコンが動かなくても中の部品が綺麗な状態なら買取される確率も高まります。

しかし破壊しすぎて部品も使えないとなると、回収してもらうしか選択肢がなくなってしまうんです。

他にも破壊する過程でけがをするかもしれない危険性や、本当にハードディスクのデータが消去されたのか確信が持てないなどリスクが多いです。

困ったら、データ消去も行ってくれる業者に頼むのが一番簡単ですよ。

パソコンを処分するおススメの方法をご紹介♪ムダな費用を出さずに引き取ってもらう方法とは?まとめ

パソコンを買う時の方法は多くの人が知っているのに対し、処分となるとどうしたらいいのか分からなくなりますよね。

しかしこの記事でその悩みがスッキリ解消できたのではないでしょうか。

ある程度知識があったり、買取でお金に変えたいなど目的がある人は、その目的が達成される方法を選んでください。

どうしたらいいのかわからないけどとりあえず処分したい人は、多少のコストは覚悟しつつも面倒な作業をすべてやってくれる業者に依頼した方がストレスが少ないです。

捨て方がわからないから自宅に眠っているパソコンがあるあなた。
これをきっかけに思い切って処分してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました