【ゼンハイザー】MOMENTUM True Wireless 2の口コミ・レビューを徹底検証♪家電芸人紹介イヤホン♪

イヤホン・ヘッドホン等

家電芸人でも紹介されたゼンハイザーの『MOMENTUM True Wireless 2』の本当の性能はどうなんでしょうか?
『MOMENTUM True Wireless 2』の口コミ・レビューから評価・評判を検証してみました♪

また、『MOMENTUM True Wireless 2』の性能や特徴もご紹介します♪
購入前の参考にしていただけますと幸いです♪

【ゼンハイザー】MOMENTUM True Wireless 2の口コミ・レビューを徹底検証♪


ゼンハウザーの『MOMENTUM True Wireless 2』はかなり人気のあるイヤホンです。
アマゾンでは2020年4月に発売されて1886件ものレビューが集まっています。
格安製品なら分かつのですが、『MOMENTUM True Wireless 2』は定価で4万円近くする高級イヤホンなんです。

それえ1886件ものレビューが集まっている点に人気の高さがうかがえます。
総評価も星4.5と日本の有名メーカー製品なみの高さです。

評価の内訳は以下の通りです。

★★★★★・・・69%
★★★★・・・・20%
★★★・・・・・5%
★★・・・・・・2%
★・・・・・・・4%


評価も9割近くの方が星4以上とワイヤレスイヤホンとは思えない破格の評価です。

【ゼンハイザー】MOMENTUM True Wireless 2の残念な口コミ・レビュー

高評価なゼンハイザーの『MOMENTUM True Wireless 2』ですが、残念ながら低評価レビューもありました。

ノイキャン性能がSONYのものよりも自然で効きが強い、と評価されていたので購入したが。
あまり効きませんね、このノイキャン。室内で使っていても、近くで車が通るとわかります。
ドアの開け閉めの音とかも消えません。というか、キーボードのカタカタ音も消えないんだが...
SONYのものは近くで車が通っても気になりませんが、これはかなり気になる。
やはり自分より年上のレビューはイヤホンに限っては信頼しない方がいいと実感しました。
ジャンプ細胞が死滅してればホワイトノイズも騒音も気にならなくなるからね・・・。

というか、SennheiserのAmazonでの売り方はおかしくないか。
レビューの総数がイヤホン、ヘッドホン、旧モデル全部ひっくるめたものになっている。
あたかもめちゃくちゃ売れていて、めちゃくちゃ評価が高いように見える。
アマゾン『MOMENTUM True Wireless 2』レビューより

ノイズキャンセリング機能の不備が指摘されていますね。

私の場合、ノイズキャンセリングがなくても耳にスポッとはいるイヤーピース系のイヤホンを使っていると、それだけで大分遮音されます^^;

そのうえ、ノイズキャンセリング機能付きを使ったら車の音とか全く聞こえなくて外では怖くて使えません(そう言いつつ使ってましたけど^^;)。

この点は『MOMENTUM True Wireless 2』で改善されていて外音取込機能によって、『MOMENTUM True Wireless 2』を付けたままレジでお会計をしたり、交通量の多いところを安心して歩けるようになっています。

このレビュアーさんの個人的なレビューが全てではないので他の方のレビューも見ていきましょう♪

【ゼンハイザー】MOMENTUM True Wireless 2の良い口コミ・レビュー

ずっと気になっていたTRUE MOMENTUMを買おうか悩んでいたら後継機が出ていたので思わず購入。
3万円以上をかなり高い買い物でしたが後悔はありません。
そんなに上等な耳をしていない私ですが、完全ワイヤレスでこの音質は驚きです。
昔聞いていて最近聞いてなかった曲などもどのように聞こえるか毎日ワクワクしながら使っています。
ノイズキャンセルもよくできていますが、外音取り込みも素晴らしい出来ですね。
前作ではネックだったバッテリー問題も解決され、素晴らしい商品ですね。
ただ2つ注意点として、バッテリー性能向上のためaptX LLに対応していません。
そのため動画視聴やゲームをするときには若干ラグが気になるかも。
また、本機はBluetooth5に対応していますが、送信機側ももちろん同様にBluetooth5じゃないと本来の通信安定性が発揮されないと思います。
完全ワイヤレスイヤホンとしての出来は最高峰だと思ってます。おすすめできますね。
引用元:0p0いp9アマゾン『MOMENTUM True Wireless 2』レビューより

こちらのレビュアーさんは2020年7月に購入された方で星5を付けた方でした。

中々イヤホンに3万円を出す勇気は出てこないですよね(汗
特に1000円台のイヤホンで十分と思っている人にとっては3万円台なんて絶対手を出そうとは思わないクラスです。

ですが、『MOMENTUM True Wireless 2』クラスになってくると音楽素人でも音の違いに驚かされます。
今まで使ってた安いイヤホンには膜がかかっていたんじゃないかってくらいクリアに聞こえてくるんです。

さらに音楽に没入できるノイズキャンセリング機能に、安全面・生活面に配慮した外音取込機能までついています。
イヤホン進化しすぎです(笑)

このイヤホンの唯一ダメなところがあります。通話性能が微妙です。このイヤホンで友人と通話してみました。すると、音がこもって小さく聞こえると言われました。ワイヤレス特有なのかどうか分かりませんが、今まで使ってた中華製のワイヤレスイヤホンではそこまで友人に何か言われたりはしなかったので、あれ?とは思いました。どうもAmazonの英語でのレビューでも通話がダメと書かれているっぽいので、仕様だと思われます。今後のファームウェアのアップデートに期待したいところです。正直36000円のイヤホンなので、通話にもそれなりに期待してましたが、音楽特化イヤホンだと割り切ることにします。それ以外は文句の付け所が無いくらいレベルが高くてかなり満足してます。

【追加】アプデで通話改善されました。現状最強ワイヤレスイヤホンでしょう。3ヶ月使ってますが、未だに音に感動します。街中を歩いていても、つけてる人を全く見かけなくて、優越感に浸れます。最高です。
引用元:アマゾン『MOMENTUM True Wireless 2』レビューより

世の中に3万円クラスのイヤホンを付けている人がどれほどいるのだろうか・・・というか、他人のイヤホンなんて気にしたことがありません(笑)

たまにイヤホン付けながら通話している方がいましたが、イヤホンによって音声に違いが出たりするのですね。

『MOMENTUM True Wireless 2』は通話が微妙だったとのことですが、アップデートで見事改善してパーフェクトな性能と思わせてくれるイヤホンになりました。

3か月使って未だに音に感動するってすごい感動です。
3万円を3か月で割ったら月1万円です。
使い続けたら使い続けた分だけコスパの良くなるイヤホンですね♪

私はイヤホンを通して通話しないので音楽の音質が高ければ十分ですが、友達と良く電話をする方にとっても『MOMENTUM True Wireless 2』は使えるイヤホンですね♪

【ゼンハイザー】MOMENTUM True Wireless 2の性能と特徴

次は『MOMENTUM True Wireless 2』の主な性能と特徴を見ていきましょう♪

【ゼンハイザー】MOMENTUM True Wireless 2の性能

こちらが、『MOMENTUM True Wireless 2』の主な性能です♪

駆動方式ダイナミック・カナル型
周波数特性5 ~ 21,000 Hz
感度107 dB (1kHz/1mW)
ドライバードイツ本社開発7㎜ドライバー
途切れにくさLDSアンテナ+ BT5.1 Class1 (10mW)
スムーズなタッチ操作 
EQイコライザー
パッシブノイズアイソレーション
ノイズキャンセリング
外音取り込み
バッテリーライフイヤホン最大7時間・ケース併用最大28時間
防水IPX4
通話機能2マイクビームフォーミング
付属品・USB-Cチャージングケーブル
・イヤーピース(XS,S,M,L)
メーカー保証2年

今やBluetooth接続なのにこの性能が出せてしまうのですね。
通信技術の進歩に驚愕しています^^;

【ゼンハイザー】MOMENTUM True Wireless 2の特徴


次は『MOMENTUM True Wireless 2』の特徴です♪
様々な機能がついているので本当に便利になっています♪

究極を追求した音質

昔、ソニーのまあまあなノイズキャンセリングイヤホンを使っていましたが、当時としてはかなり音質の良い方でした。
壊れてしまいましたが、今なら『MOMENTUM True Wireless 2』を迷わず選ぶでしょうね。

『MOMENTUM True Wireless 2』は『MOMENTUM True Wireless』をより洗練された形に昇華させています。
その証拠に、『VGPアワード2019Summer+2020』で連続で金賞を受賞する実力派イヤホンなんです。

チップはクアルコムという半導体メーカーとして有名なメーカーの物を使用しています。
また、ドイツ製7mmドライバーは本社のハノーファ(ドイツ)で開発されているので精度も抜群。

ゼンハイザーがずっと追い続けてきた音質を実現しているといっても過言ではない仕様となっています。

低音は重厚で、中音域はナチュラルに聞こえ、細やかな部分では伸びやかな高温を出してくれるので全ての音域でのバランス調整がうまく取れているんです。

だから、『MOMENTUM True Wireless 2』の音は魅力的なハーモニーとなって私たちの耳に音楽を届けてくれます♪

たかが音楽と思っている人は一度試してみる日常の音楽観が劇的に変わる可能性が高いですよ。
一度使ったら、もう安いモデルには戻れない。
そんなイヤホンです。

音の綺麗さはどんなジャンルでも綺麗に奏でてくれます。
クラシック、ジャズ、ロックなんでもOK♪

どんなジャンルにも対応しているイヤホンだからこそ世界中で人気で日本のアマゾンでも、高額にもかかわらず2000件近いレビューが入っているんですよ♪

もし、「私のイメージしている高音域はこうだ!」というのがあれば、専用アプリの『Smart Control』のイコライズ機能で調整も可能です♪

パッシブ+アクティブのノイズキャンセリング機能

『MOMENTUM True Wireless 2』にはパッシブ+アクティブノイズキャンセリングの両方を搭載しています。

だからこそ、うるさい街中で音量を上げてガンガン聞くのではなく、普段通りの音量でもしっかり綺麗に聴くことができます。

音楽を長時間聴こうとすると疲れてしまう方は、もしかしたら音量を上げすぎているのかもしれません。
『MOMENTUM True Wireless 2』な音量はいつも通りでも、上記のノイズキャンセリング機能があるのでいちいち音量を変える必要がないばかりか、耳への負担も少なくなりますよ♪

長時間聴けるということは音楽時間をより長く快適に楽しめます。

また、外音取込機能があるので買い物の度にイヤホンを外す必要もありません。
『MOMENTUM True Wireless 2』のイヤホンを付けたままでも外音取込機能でしっかり店員さんの声を聞き取ることができます。

またジョギングなどにつけていく際には交通量の多い場所を走る際の安全確認にも使えるので音楽生活だけでなく生活そのものになくてはならない存在になってくれますよ♪

安定したBluetooth接続と持続時間を実現


ワイヤレスイヤホンはBluetooth接続が基本です。
ですが、Bluetooth接続だと、ときたま通信が途切れて音が聞こえなくなってしまうなんてこともあります。

『MOMENTUM True Wireless 2』はLDSアンテナとクアルコムの最新チップを搭載したことで、音の断絶がしにくくなるよう強化されているのもおすすめポイントです。

最新のBluetooth 5.1 + Class 1を採用しているため従来のBluetooth接続への不満も解消できます。

ゼンハイザーときくとプロフェッショナルモデルばかりに目が行きがちなドイツ企業ですが、そのプロをも納得させた音響技術を今度は一般人向けに流用したのが『MOMENTUM True Wireless 2』の各種技術です。だからこそ、信頼できるイヤホンなんです。

ゼンハイザーが培ってきた技術は75年にも及びます。
75年の英知が『MOMENTUM True Wireless 2』に詰まっているのです。

前のモデルは、音響レベルにしか英知が詰まっていなかったとも言えます。

それがバッテリーの持続時間の問題です。
『MOMENTUM True Wireless 2』は本体だけで最大約7時間の使用が可能で、ケースで最大約21時間のバッテリーもちを実現しました。

通勤・通学途中で充電切れを起こすなんてこともなくなります。

また、イヤホン自体も進化していて、前のモデルより2㎜もコンパクトになっています。
男性だけでなく女性の耳にもフィットしますし、外国の方だけでなく小柄な日本人にとっても使いやすいイヤホンへと進化を遂げています♪

フィット感もしっかりあるので安心して使えますよ♪

専用アプリでカスタマイズ可能

『MOMENTUM True Wireless 2』は無料アプリの『Smart Control』を使うことでイヤホンのタッチパネルをカスタマイズすることが可能です。

タッチパネルは直感的に操作が可能になっていますし、面白いのがイヤホンを外すと勝手に音楽を止めてくれる『スマートポーズ機能』なんて機能まで搭載しています。

この『スマートポーズ機能』の面白いところは、外したら音が止まるだけでなく、耳に入れたら自動で再生が始まるという点です。

本当に賢くスマートな機能なんです。
いちいち音楽を止めて・・・という無駄な動作から解放されると、他のイヤホンは使えなくなります(汗

また、イコライザー機能もありますし、ファームウェアの最新版へのアップデートにまで対応できます。
もはや小型のパソコンを耳に入れているくらいのイメージです。

音楽にも個性がありますが、その音楽を聴く私たちにも『重低音重視』から『高音重視』の方まで様々いらっしゃいます。

だからこそ音を調節することで自分色のイヤホンにカスタマイズできるんで。
比較的高価なモデルでもイコライザー機能なんてなかったりしますもんね。

操作性にはかなりこだわっていて、タッチパネルを1回タップするだけで通話に切り替えたり、グーグルアシスタントやSiriに繋いでくれるんです。

寝るとき以外つけっぱなしでも良いんじゃないかってくらいの至れり尽くせり機能ですね(笑)

見た目、性能にも妥協ナシ

ここまで高性能でも見た目がダサいと付けたくなくなります。某リンゴ製品のように・・・。
と、私は思うのですが、ゼンハイザーの『MOMENTUM True Wireless 2』が凄いなと思うところは、デザインも素晴らしくカッコ良いという点です。

必要最小限の大きさでタッチパネルまで搭載し、耳に装着していてもカッコよく、音質も極限まで綺麗なのは『MOMENTUM True Wireless 2』くらいではないでしょうか。

フィット感も抜群で、ジョギングしていても落ちにくい設計をしていますし、防滴性能もIPX4の性能を誇っています。
数年後にはさらにバージョンアップをした『MOMENTUM True Wireless 3』が見られるのでしょうが、現状、高性能なイヤホンを求めているのなら『MOMENTUM True Wireless 2』が最適解です。

【ゼンハイザー】MOMENTUM True Wireless 2の口コミ・レビューを徹底検証♪家電芸人紹介イヤホン♪まとめ

『MOMENTUM True Wireless 2』の性能や仕様は素晴らしく、ノイズキャンセリング機能だけでなく生活にも配慮された外音取込機能もあって音楽生活を楽しめるだけでなく生活の質を向上させてくれるイヤホンでした。

ここまで来たら次は何を進化させるんだろうと思えるレベルの製品です。

また、初めて高級イヤホンとして買うなら音楽観がガラッと変わって他のイヤホンに戻れなくなる可能性もあります。
ドイツの歴史ある音響機器メーカーだからこそできる本格派イヤホンでした♪

音質は多少ランクダウンしても良いから、運動中のフィット感を極めたいという方におススメのワイヤレスイヤホンがこちら♪
こちらも家電芸人紹介ワイヤレスイヤホンですよ♪
>>>audio-technica『ATH-SPORT5TW』のレビュー・口コミを徹底検証♪『ATH-SPORT5TW』の性能や評価、評判もチェック♪【家電芸人紹介製品♪】

タイトルとURLをコピーしました